fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

英会話の後にどっと疲れる3つの原因とは?英語を疲れ知らずで話すために試してほしいこと

英会話 2022年4月10日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

英会話をした後、どっと疲れるという経験はありませんか?

 

日本語の会話ではそこまで疲労を感じないのに、英語だと30分話しただけでへとへとに疲れてしまうなんてこともあるでしょう。

 

そんな場合でも、疲れてしまう原因を知り、きちんと対策を行えば、疲れを最小限に抑えることができます

 

今回は、英会話で疲れる3つの原因とその対策についてお話します!

 

この記事を読めば、英会話が疲れずに楽にできるようになることと思います。

 

ぜひご覧ください!

 

また、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!

 

対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

公式ラインを登録する

英語を話すと疲れるのは普通のこと?

そもそも、英語を話した後に疲れるのは、普通のことなのでしょうか?

 

英語を話した後に疲れるというのは、多かれ少なかれ、英語学習者の誰もが経験することですので、安心してください。

 

特に、英会話のレッスンを始めたばかりで英語を話すことに慣れていない場合、緊張したり高い集中力を要したりするので、疲れてしまって当たり前といえるでしょう。

 

英語のエキスパートである同時通訳者であっても、疲れにより集中力が持たなくなるため、1人あたり10分〜15分の通訳が限界だと言われています。

 

このように、英語を聞いたり話したりするということは、英語が母語でない私たちにとっては相当エネルギーを消費する行為であり、疲れるのは当たり前のことなのです。

英語を話して疲れる3つの原因

それでは、具体的になぜ英語を話すと日本語の会話のときよりも疲れを感じやすいのでしょうか?

 

その原因は

 

英語脳ができていないから

英語が聞き取れないから

人と話すときに気を使うから

 

の3つが考えられます。

 

英会話で疲れる3つの原因について、順番に解説していきます!

英語脳ができていないから

英語を話すときに「英語脳」を使うことができないと、脳の作業量が増えて疲れてしまうことになります。

 

英語脳とは、「英語を英語のまま理解できる脳」のことです。

 

英語脳ができていないと、日本語脳を使って英語を聞いたり話したりすることになるので

 

英語⇄日本語⇄英語

 

のように、脳は2つの言語を処理するためにフル稼働状態になってしまい、結果疲れてしまいます。

 

ここをシンプルに英語⇄英語で処理することができるようになる、つまり「英語脳」ができあがると、脳は日本語を話すときと同じように省エネで済むために、疲れにくくなります。

 

例えば、日本人で海外企業で一日中英語を使って仕事をしている人は、日本語脳で処理していたら疲れ果ててしまい、とても働き続けることはできません。

 

英語を日常的に使っている人は、英語脳ができているために、6〜8時間英語漬けでもへとへとにならずにいられるのです。

 

このように英会話の疲れを軽減させるためには、日本語脳から英語脳に移行させることが必須となります。

英語が聞き取れないから

英会話をする中で、相手の英語が聞き取れないと、コミュニケーションが円滑にできないために疲れてしまいます。

 

英語で会話を成立させるには

 

相手の英語を聞き取る

相手の発言に対して英語で返答する

 

という2つの要素が必要です。

 

このうち、英語の聞き取りがスムーズにできないと、相手の発言を理解するためにものすごい集中力を要するので、疲れてしまいます。

 

また、相手の発言が聞き取れずに何度も聞き返すことになると、会話の流れもいちいち分断されるのでお互いにとってストレスになり、疲れが蓄積されていきます。

 

英語を難なく聞き取ることができれば、相手の話を聞くことにエネルギーを無駄遣いしなくて済むので、自分の考えをまとめることや自分の発言に集中することができます。

 

聞き返す回数が減れば、気まずい思いをすることや相手をイライラさせることも少なくなり、気疲れも軽減されるでしょう。

 

英語が楽に聞き取れるようになると、コミュニケーションが円滑になり、ストレスも軽減されるので、英語を話しても疲れにくくなってくるのです。

人と話すときに気を使うから

英語に限らず、人と会話をするときには気を使うので、疲れてしまうということがあります。

 

人付き合いというのは多かれ少なかれ気を使うものですので、他人と関わる以上、疲れてしまうのは仕方がないことです。

 

特に、1人でいるのが好きな内向的な人や、サービス精神旺盛で常に場を盛り上げようと気を使ってしまう人などは、会話の後に家に帰ってどっと疲れを感じることも多いでしょう。

 

これは英会話でも同じことです。

英会話は言語の自由度が低い分だけ、日本語の会話と比べて余計に疲れを感じやすくなってしまいます。

 

気を使って人と会話するのに疲れてしまうという人は、少なくとも言語の面の負担を軽減することができれば、会話の後の疲れが出にくくなるのです。

英語を疲れずに話すためには

英会話が日本語の会話よりも疲れやすい原因がわかったかと思います。

それでは、英語を疲れずに話すために具体的にどのような対策をすればよいのでしょうか?

 

その対策は

 

英語脳をつくる

英語のリスニング力を鍛える

コミュニケーションを円滑にするフレーズを覚える

 

の3つの方法があります。

 

この3つの方法を全てクリアすれば、英会話を長い時間続けても、疲れないで楽しめるようになるでしょう。

 

順番に解説していきます!

英語脳をつくる

まず1つ目に、英語を英語のまま理解する「英語脳」を作ることで、疲れを軽減することができます。

 

なぜなら、英語を理解するのに日本語を介す必要がなくなるので、その分エネルギーが節約できるからです。

 

つまり、英語脳ができれば、英語を省エネで話すことができるようになるのです。

 

英語を英語のまま理解するというのは難しいように聞こえますが、正しくトレーニングさえ行えば、誰でも何歳からでも英語脳を手に入れることができます!

 

それでは、具体的にどのようなトレーニングを行えばよいのでしょうか。

 

英語脳の具体的な作り方や英語脳の重要性については、『大人からでも始められる!英語脳の作り方を解説!』で詳しく解説していますので、こちらの記事をご覧ください!

 

また、英語脳を作るために必要な時間数や、学習時間を抽出するための方法については、『英語脳を作るのに必要な時間は〇〇時間?学習時間抽出のコツを紹介!』に書いていますので、参考にしてみてください!

 

英語脳を手に入れれば、日本語を話すときと同じように、疲れを感じずに英語を話せるようになるはずです

英語リスニング力を鍛える

2つ目に、英語のリスニング力を鍛えることで、英会話での疲れを軽減することができます。

 

日本語でも、相手が小さな声で喋って聞こえなかったり、早口で聞き取るのに苦労したりする場合、相手の話を集中して聞かないとならないので疲れますよね。

 

英語でも同じで、相手の英語が楽に聞き取れないと、相手の話を聞き取るだけで疲れてしまいますので、楽に会話するためにはリスニング力が重要になってきます。

 

しかし、ゆっくり話されたリスニング教材では英語が聞き取れるのに、海外ドラマやネイティブの会話などのリアルな速い英語は聞き取れないということはよくあるのではないでしょうか。

 

このような場合、英語が聞き取れないのは単なる英語力の問題ではないかもしれません。

 

日本人の英語学習者ならではの英語が聞き取れない理由があるため、その理由を知って、対策を行うことで、はじめて英語が聞こえるようになってきます。

 

リスニングができない理由については、『【初心者必見】日本人が英語のリスニングができない6つの理由!』の記事で詳しく解説をしていますので、こちらをご覧ください!

 

また厄介なことに、英語は会話の中で、書いてある単語の音のとおりに発音されません。

 

そのため、英会話のリスニングができるようになるためには、「英語の音声変化」についての知識を持っていることが必須になります。

 

英語の音声変化のルールについては、『英語の音声変化をマスターしよう!リンキングやリダクションの徹底理解!』で詳しく解説をしていますので、こちらを見てマスターしてください!

 

会話の英語が聞き取れるようになれば、英会話のストレスが大幅に軽減することが実感できることと思います。

コミュニケーションを円滑にするフレーズを覚える

3つ目に、英語でのコミュニケーションを円滑にするフレーズを覚えてしまうということがあります。

 

英語脳とも関係してくるのですが、一から英語を組み立てて文章を作るというのは、エネルギーを消費するとても疲れる作業です。

 

それに加えて、相手に気を使いながら会話を進めていくとなると、頭がパンクしてしまいそうですよね。

 

そんなときに、コミュニケーションを円滑に進めるための「切り札」のような英語フレーズのストックを持っておけば、英文を一から組み立てる作業をすることなく、会話を続けることができます。

 

会話が途切れて気まずい沈黙が訪れたときでも焦ることがなくなるので、気疲れも軽減されるでしょう。

 

英会話で困ったときに使うフレーズについては、『英語語で話が続かない!?英語で話が続かない原因と対策10選』の記事が役に立つかとと思いますので、まずはこちらで紹介しているフレーズを覚えてみてください!

 

また、会話での相槌やちょっとした便利なフレーズについては、『海外の友達を作るための必須フレーズ100選!』で紹介しているものを覚えておくと、会話が弾むようになるでしょう。

 

とっさに使える役立つフレーズを覚えておくだけで、心の余裕ができ、リラックスして会話を楽しめるようになります。

英語を話すことに慣れませんか?

いかがでしたか?

英語を話すと疲れてしまう原因とその対処法について解説してきました。

 

英語を話すと疲れてしまうのは誰でも経験することなので、ご紹介した方法を試していただき、英語に対する持久力をつけていきましょう!

 

ただ、独学で英語を勉強していて

ここの文法がわからないな・・・・

この単語と単語の違いって何なんだろう?

TOEICやTOEFLの効率の良い勉強法が知りたい・・・

などと思ったことはありませんか?

 

現在、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5のスペシャル特典をお渡ししております!1人での英語学習を全力でサポートさせてもらいたいと思っています!

 

また、対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

公式ラインに登録して無料プレゼントをゲットする

 

Aitemのことをもっと詳しく知りたい方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!