\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

大人からでも始められる!英語脳の作り方を解説!

英会話 2020年12月17日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

英語を話すために1番大切なことは『英語脳』を作ることです。
英語脳を作ることでネイティブと話していても全く英語が苦にならず、スムーズに会話が出来るようになります。

 

そもそも英語脳って?

全くの初心者が英語を話せるようになる?

英語脳ってよく聞くけど私には無理・・・

大人からでも始められるの?

日本にいても英語脳は作れる?

 

などなど、不安に思うかもしれませんが正しく英語を学べば誰でも、いつからでも英語脳は作ることが出来ます!

 

この記事では英語脳が大切な理由から、英語脳を作るためのポイント・勉強法まで、英語脳を作る方法について詳しく解説しています。是非参考にしてみてください!

英語脳とは?英語脳と日本語脳の違いについて!

 

 

英語脳とは

英語を英語のまま理解できるようになる脳のことです。図のように日本語で一切考えることなく英語が理解出来るようになります。

 

英語脳を作ることが出来ると、急に外国人に話しかけられても勝手に脳が切り替わり英語を母国語のように理解でき、話せるようになります。

 

英語脳を形成すると、日本語、英語の切り替えもスムーズに出来るので会話に困る事はありません。

 

もう少し具体的に言うと、ネイティブとの会話の中でDo you like dogs?と聞かれたとします。

 

その時に日本語脳で英語を理解していると『Do youは疑問文、 likeは好きだから「あなたは好きですか」となるな、ふむふむ、dogは犬だから「あなたは犬が好きですか?」だ!』と頭の中で訳します。

 

英語を日本語に訳す→日本語で答えを考える→英語に訳す、ということをしてしまうのが日本語脳です。

 

日本語脳でも英語はある程度まで話す事は出来ますが、頭の中でかなりのエネルギーを消費するので長時間の会話は疲れてしまいます。

 

それに比べて英語脳は、英語→英語で理解が出来るのでDo you like dogs?と聞かれた時にそのまま頭の中にイメージが浮かんで来ます。そうすると疲れることも会話が途切れることもなくYes,Noと続ける事が出来ます。

英語脳があることは科学的にも証明されている

また、英語脳があるという科学的根拠も論文で発表されています。植村研一氏の論文から抜粋して書いていきます。

 

実験方法

「バイリンガルである植村氏本人」と「バイリンガルでも、ネイティブでも無いが英語の読み書きは堪能な医師」、2人の被験者に日本語と英語を聞かせ、ウエルニッケ感覚言語野のどの部分の血流が活性化するのかをMRIを使ってチェックする。音源としてNHKの日本語ニュース、CNNの英語のニュースを使って実験。

 

実験結果

“「バイリンガルの植村氏」は、「英語を聴く時」と、「日本語を聴く時」とウエルニッケ感覚性言語野の前後に反応があった。英語を聴く時はウエルニッケ感覚性言語野の前方、日本語を聴く時はウエルニッケ感覚性言語野の後方が活性化した。”

 

“「バイリンガルでもネイティブでも無い医師」は、日本語を聞いている時も英語を聞いている時も、ウエルニッケ感覚性言語野の同じ部分が活性化した。”

 

“日本語中枢以外に英語に触れてきた事により、別に英語中枢ができて英語野が形成されている事が証明された。”

 

これらの結果から文法と翻訳で何年英語を勉強しても英語脳は形成されない。と植村氏は述べています。逆にバイリンガルの植村氏は幼い時から英語に触れてきたことにより、英語野(英語脳)が形成されていることも述べられています。

 

参考:脳科学から見た効果的多言語習得のコツ

英語脳を作らない限りネイティブとは話せない!

英語を勉強している人はこんなことを体験した事はありませんか?

 

最初は英語が聞き取れていたのに途中から全くわからなくなった

頭で日本語に訳す時間がいるため会話が途切れ途切れ

相手を待たせてしまう

ネイティブの会話のスピードについていけない

 

この記事を書いている僕自身も英語脳を作る前はずっとネイティブと会話を続けられない、聞き取れないことに悩んでいました。

 

実際、ネイティブとスムーズに話せている日本人の中に英語脳を作れていない人はいません。

 

仕事柄ネイティブ並みに英語を習得している日本人の方と話す機会が多いのですがみなさん口を揃えて「頭の中で日本語には訳していない」と、言っています。

 

そのためこれから英語を話したい!と思っている人は英語脳を作る事は必須であり、英語脳が作れないと

一生ネイティブと楽しく会話をする事が出来ない

外国人の友達が出来ない

10分を超えた辺りから英語が全く頭に入らない

仕事・商談での細かなニュアンスの理解が出来ない

と、いうことにずっと悩まされることになります。

 

英語脳を作らないまま勉強を続けても実力が伸びないため、英語が嫌いになり、最終的には勉強を辞めることになってしまいます。

英語脳は大人になっても作れる!

先ほどの植村さんの論文にもありますが、大人になってからでも「きちんとした勉強を続けると英語脳は大人になっても作れる」事がわかっています。(勉強法は後述します。)

 

実際に弊社の代表も35歳まで全く英語が話せませんでした。そこから留学に行き短期間で集中的に英語を聞き、話す事で英語に対する抵抗がなくなり、英語でのコミュニケーションが出来るようになりました。

 

代表が行った勉強法も「大人になってからでも英語脳が作れるための勉強法」でした。

 

また、私たちが運営している英会話スクールAitemでも大人になってから勉強を開始し、上達している方々がたくさんいます。

 

工夫をすれば英語は通勤・通学時間や遊びながら覚えることも可能です。いつから初めても、遅すぎることは全くありません。

英語脳を作るためのポイント

ここからは英語脳を作るためのポイントを2つご紹介します!この2つを徹底的に意識することで日本でも英語脳を作る事が出来ます。

 

その前に、今まで皆さんが取り組んできた従来の英語の勉強法(書く/読む)を1回忘れてください。と、言うのも従来の勉強法をいくら継続しても英語脳になることはありません。

 

昔の僕も含め多くの人は、小学校から高校までで最低9年以上も英語を勉強したのにも関わらず英語脳になっていません。また、科学的な観点からお話ししても英語脳になることはありません。

 

そこで英語脳を作るために何が必要なのか、どんなポイントがあるのか、をご紹介していきます。

全ての勉強をリスニングベースに切り替える

従来の英語の勉強法だと英語を読んだり書いたりする事は出来るようになりますが、話したり聞いたりする事は出来ません。英語のテストで良い点が取れても、英語でコミュニケーションを取る事が出来ないのです。

 

そこでまずは、全ての勉強法をリスニングベースに切り替えてください。これは人間が語学を学習する時の正しい順番です。

 

人間が語学を習得する時には必ず、聞く→話す→読む→書く、の順番で習得していきます。みなさんが日本語を話せるようになった順番もこの順番ですよね?

 

そのため単語帳、文法書なども必ずCD付きのものに変更し、まずは耳から覚えてください。

 

そうすると単語の発音の仕方、ネイティブがどのようなイメージで英語を話しているかが少しずつ分かってきます。(※継続しないと意味がありません)

 

日本人は英語を聞く・話す量が全く足りていません。逆に言えば読む・書く量は今まで学校でやってきているので足りています。したがって、これからは聞く・話すに重点をおいてください。

 

日本人がリスニングが苦手な理由は下記の記事で詳しく解説しています!ぜひ読んでみてください!

【初心者必見】日本人が英語のリスニングができない6つの理由!

英語を勉強している時は日本語は遮断する

次に英語を勉強している時は日本語を完全に断ち切ってください。わからない単語などが出て来た時にすぐに日本語訳を見るのではなく英英辞書を使うようにしてください。

 

日本語で理解をしてしまうと英語脳を作るまでに時間がかかってしまいます。まずは英語を英語で理解することから始めてください。

 

ただ、本当に分からない時はもちろん日本語で調べたり、日本語訳を見ても構いません。

 

最初は心が折れますが、継続していくと英語が少しずつ自分のものになる感覚が分かって来ます。

 

日本語を見た回数を毎日記録しておくと、その回数が減っていくことで一種の成功体験にもなり、モチベーションの維持にもつながるのでおすすめです。

英語脳を作るための勉強方法を優先度順に紹介

 

ここからは、実際に英語脳を作るためのトレーニング方法を7つご紹介します!

これから英語を勉強したい!という初心者の方もいると思うので優先順位別に書きました。

 

先ほども書いたように全てはリスニングベースでのトレーニング、という事は忘れないでください。

CD付きの単語帳で単語を覚えよう!【優先度:★★★】

びっくりする方も多いかもしれませんが、まずは英単語帳を全て音から覚えてください。

 

CD付きのものではない英単語帳を使っている人は今すぐCD付きの英単語帳を買ってください。

 

これは既にお伝えした通り全てリスニングベースに切り替え、英語脳を作るためです。単語も全て音から覚える事で正しい発音が身につきリスニング力、スピーキング力、共に向上します。

 

単語帳の選び方としては自分に合ったもの、めちゃくちゃ簡単なもので全然構いません!ただ、CD付きのものを絶対に選んでください。

 

CDを聞く→発音を知る→声に出す→スペルを見る→覚えるという順番を絶対に守ってください。

 

英単語をイメージで覚えるコツとして分からなかった単語、なかなか覚えられない単語をスマホのメモに写真付きで保存するのをオススメします!

マンブリング【優先度:★★★】

 

マンブリングとは、シャドーイング前段階の練習法です。シャドーイングが聞いた音をそのまま発するのに対して、マンブリングは聞いた音を口の中で小さく発音します。

 

そうすることによって音の流れが分かったり、意味のわからない単語をこの時点で押さえておく事が出来ます。

 

しかもマンブリングだともごもご言うイメージなのでネイティブスピードにもついていきやすい、というのが特徴です。

 

単語と絵を一緒に見る事でイメージで英単語が覚えられるようになります。

シャドーイング【優先度:★★★】

シャドーイングとは英語を聴きながら、その英語を真似して同時に発音する学習方法です。名前の通り影のように発音したものを後から追っていきます。

 

最初は難しいと感じることも多く、気持ち悪いかもしれませんがいずれ慣れてきます。

 

シャドーイングをすることでネイティブがどのように発音をしているのか、文章になった時に音の繋がりはどうなるのか、などが身につくのですごく効率の良い勉強法です。

 

注意点としては「最初から全文をシャドーイングしようと思わないこと」です。最初、シャドーイングに慣れていない人は全文(Youtubeだと10分ぐらい)を一気にシャドーイングしようと思いがちです。

 

ただ、最初からこれをやってしまうと適当になってしまい、いつまでたっても上達しません。

 

まずは1文ずつ慣れてみてください。大体2~5秒ぐらいの文章を何回も何回も繰り返しシャドーイングしましょう。

 

慣れてきたな、と思ったら自分のタイミングで文章の量を増やしてください。最終的に5~10分の動画を全てシャドーイング出来るようになるとかなりの力がついています。

 

シャドーイングにオススメなのがNas DailyさんのYoutubeです。

 

全て英語字幕がついているのでとてもシャドーイングがやりやすくなっています。中田敦彦さんのYoutubeでもご紹介されていました。しかも無料というのが良いですよね!

 

Nas DailyさんのYoutubeはこちら

音読【優先度:★★★】

音読は、その名の通り、音に出して英語を読む勉強法です。音読を始めて最初の頃は、発音がほとんど上手くいかないと思いますが心配いりません!

 

音読は続けることで、とても効果を発揮します。

 

「音読をする時にどんなテキストを使えばいいですか?」という質問をよくいただくのですが、結論から言うと何でも構いません!分のレベルに合ったテキストを購入してください。

 

音読をする際の注意点が2つあるのでここだけは気をつけてください。

 

✔︎CD付きのテキストを購入する

✔︎音読をするテキストの単語の意味、日本語訳、文法構造を全部理解した上で音読をする

 

音読の勉強法についてもっと詳しく知りたい方は音読を制する者は英語スピーキングを制す!音読のポイントや勉強法を解説!の記事をご覧ください。

ディクテーション【優先度:★★☆】

ディクテーションとは流れてきた英語を書き取る勉強方法です。ディクテーションをするとシャドーイングと同じくリスニング力が向上します。

 

また分からない単語を知ることにも繋がり語彙力も増えます。書くことを意識するので文法力の勉強にもなります。

 

このようにリスニングベースで英語を勉強していても必ず単語力、文法力、語彙力なども同時にアップします。人間の5感を使えるような勉強法を継続して行いましょう。

 

また、同じ単語でも音の繋がりで音が変化する場合があり、そのような特殊な英語の音を聞き取る練習にもなります。

ひたすら聞く!(多聴)【優先度:★★☆】

 

いやいや、当たり前だろ!と思われた方も最後まで読んでいただきたいです。きちんと多聴と言う勉強法の1つです。

 

日本人はそもそも英語を聞く量が少ないために、英語脳が形成されない、上記で述べた音の変化を知る事が出来ない、という課題もたくさんあります。

 

そのため、海外に行った時のようにただ、ひたすら英語を聞き、英語に慣れてください。

 

そのためにはNetflixがとてもオススメです!Netflixは英語字幕、日本語字幕両方に対応していて面白い洋画、海外ドラマが多いので楽しく長時間英語を聞く事が出来ます。

 

その他にも音楽好きな人なら洋楽を聞いたりするのもオススメです!

 

オススメの海外ドラマに興味のある方は下記の記事を見てみてください!
海外ドラマで英語力アップ!おすすめの理由とドラマを紹介

多読【優先度:★☆☆】

多読は英語に慣れるためにとても重要な勉強法です。ひたすら英語に触れる事で日本語脳から英語脳に変える役割もあります。

 

「どんな内容のものを多読すればいいですか?」

 

と質問されることも多いのですが、何でも問題ありません。自分の興味のある分野の記事でも本でも構いません。

 

多読の注意点として、まずは日本語訳を見ない、日本語訳を調べず英語を読み進めること。英語で英語を理解する癖を掴んでみてください。

 

注意点として頭の中で日本語訳をするのではなく英語を英語のまま理解し、イメージが頭に浮かんでくるようにしてください!

 

僕のオススメはラダーシリーズです!レベル別に本を選ぶ事ができ、分野も様々で飽きる事がありません。

 

無料のアプリだとPolyglotsがオススメです!こちらも毎日多くの記事が更新されていてほとんどが無料で読む事ができます

即興スピーチ【優先度:★☆☆】

 

これはリスニングではないのですが、とてもオススメの勉強法なので解説していきます。その場で自分の話したいことについて即興で英語で話す練習です。

 

やり方は自分で話したいこと、学んだことなど何でも良く、テーマを決めます。その次に何分話す、もしくは何文話すかを決めてスピーチをします。

 

方法はたったこれだけですが実際にやってみると慣れるまではなかなか難しいです。

 

頭の中で即席で英文を作る練習になるので英語脳を作るためにとても役立ちます。こうすることで英語で聞いて英語で考え、英語で発言が出来るようになります。

Aitemでは英語脳を作るための独自メソットを採用しています!

私たち英会話スクールAitemでは、1コマ3~6時間の長時間レッスンをテキストなしで行なっています。テキストがないことにより、英語をまずは自分の耳で聞かなければなりません。

 

この長時間英語漬け、テキスト無しという完全アドリブの授業を行うことにより勝手に英語脳が形成されていくような独自メソットを採用しています。

 

また、累計700名以上の生徒さんが通ってくれているので勉強のモチベーションがなくなった時に一緒に支え合う事のできるコミュニティもあります。

 

ぜひ一緒にAitemで英語を勉強しませんか?

 

無料ガイダンスはこちら

 

Aitemのことをもっと詳しく知りたい方は下記をクリック!

 

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!