fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

【使用禁止】よく聞くけど超下品な英語スラング15選

英会話 2022年10月29日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

海外ドラマや洋楽で下品なスラングや失礼なワードが使われますが、意味がいまいちわからないなんてことはありませんか?

 

下品なスラングは使い方を間違えると、相手に「失礼な人だ」「教養がない人だ」という印象を与えてしまうだけでなく、相手を怒らせてしまうかもしれません。

 

さらに、下品なスラングの意味や使い方を知らないと、発言やジョークの真意がわからず、海外ドラマや洋楽の楽しさが半減してしまうこともあります。

 

そんなことにならないためにも、下品なスラングの意味はわかっておきたいですよね。

 

今回は、英語の下品なスラングについてご紹介します!

 

英語学習者の私たちは使わない方が良い物ばかりですので、うっかり真似して使わないように気をつけましょう。

 

ぜひご覧ください!



また、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!

 

対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

 

公式ラインを登録する

下品な英語スラング:fuck

fuckは、「性交をする」という意味を持ちますが、感嘆詞、名詞、動詞、形容詞など様々な使い方や意味をもつ単語です。

 

We fucked last night.

昨夜ヤった。

 

fuckはネイティブの砕けた会話の中では頻繁に使われますが、テレビやラジオでは「ピー」が入るほど卑猥で汚い言葉となっているので、使用は避けた方が無難です。

 

fuckと直接言うのがためらわれる場合や、検閲を意識して、f**kなどと*を使って表記されたり、f-wordと呼ばれたりすることもあります。

 

日常でよく聞く使い方は、fuckingと形容詞的に用いて、「とても」「めっちゃ」と強意の意味で使われるものです。

 

This pizza is fucking great.

このピザ、まじうまい。

 

It’s fucking cold.

めちゃ寒い。



もしくは、「ちくしょう!」や「マジかよ」というような、驚きや落胆、苛立ちや痛みなどを表す感嘆詞としてもよく使われます。

 

It’s sold out! Fuck!

売り切れかよ!クソ!

 

Fuck! She’s gorgeous.

ワオ。彼女イケてる。

下品な英語スラング:motherfucker

motherfuckerは、直訳すると「母親を犯す奴」となり、男性に対する失礼な呼びかけで使われます。

 

意地悪で下劣で、悪意に満ちた人に向けて用います。

 

もしくは、ストレスが溜まったり、イライラするような状況を指すときにも使われます。

 

That motherfucker doesn’t pay my money back.

あの野郎金返さねえ。

 

The exam was a real motherfucker.

あの試験はマジでクソだった。

下品な英語スラング:a piece of shit

a piece of shitは、直訳すると「ひとかけらのうんこ」となり、ひどく嫌な人や尊敬できない人のことを言います。

 

また、全く使えない「もの」のことをa piece of shitと呼ぶこともできます。

 

I can only say that he’s a racist piece of shit.

彼は人種差別主義者のクソ野郎だとだけ言える。

 

This computer is a piece of shit because it always breaks down. 

このパソコンは、すぐ壊れるからクソだ。

下品な英語スラング:wanker 

wankerは主にイギリス英語で用いられるスラングで、wank(マスターベーションをする)という動詞が語源であり、通常男の人を侮辱的に呼ぶときに使われます。



バカっぽく人をイラつかせるような人に用い、特に傲慢な人や気取った人に使われます。

 

 アメリカ英語では、「jerk」と似たような意味です。



That guy is a real wanker.

あいつは本当に嫌なやつだ。

 

He’s such a wanker!

彼はマジで馬鹿野郎だ。

下品な英語スラング:cunt

cuntはもともと、「女性器」の下品な言い方で、馬鹿な人や好ましくない人を侮辱して呼ぶときに使います。

 

最も中傷的な度合いの強い用語の一つで、放送禁止用語のひとつでもあります。

 

意味を理解するにとどめ、使うのはやめましょう。

 

I can’t believe he called her a cunt.

彼が彼女を「cunt」と呼んだなんて信じられない。

 

You stupid cunt!

このウザ野郎!

下品な英語スラング:scumbag

scumbagは本来は「scumのbag(=コンドーム)」という意味で使われていましたが、不誠実なことをした人や、不愉快な人を侮辱するときに用いられるスラングです。

 

She’s such a scumbag.

彼女はとても下劣だ。

 

He’s nothing more than a scumbag.

彼はただのクソ野郎だ。

下品な英語スラング:bitch

bitchは本来「メス犬」を意味し、女性を侮辱的に呼ぶ際に用いられるスラングです。

 

意地悪な女性や性格の悪い女性、不愉快な女性などに使います。

 

日本語で「ビッチ」というと、性的に奔放な女性という意味になりますが、英語の「bitch」にはそのような意味はなく、性的に奔放な女性は「slut」または「whore」と言います。



She’s such a bitch!

彼女はなんて性悪なの!

 

Shut up, you bitch!

黙りなさい、このクソババア!



最近では、男女ともに友人間で、親しみを込めて呼ぶときにも「bitch」が使われるようになっています。

 

Hey bitches, how are you doing!

やあ君たち、調子はどう?

下品な英語スラング:shit

shitは、本来「うんち、糞」を表しますが、日本語の「くそ」と同じように「クソ!」と悪態をつくときに会話で頻繁に使われるスラングです。

 

頻繁に使われていても下品であることには変わりないので、悪態をつきたいけれども下品さを軽減させたい場合には、代わりに「Shoot!」と言うこともできます。

 

Shit! I forgot my driver’s license.

クソ!運転免許証忘れた。

 

Shoot! I missed the train again!

クソ!また電車逃した!

 

shitには悪態をつく以外にもさまざまな意味があり、例えば「嘘をつく」「ナンセンスなことを話す」という意味や、日本語の「クソ」と同じように、「使えないもの」「くだらないもの」の意味があります。

 

You are talking shit!

嘘だな!

 

Are you shitting me?

嘘ついてるのか?

 

That movie was total shit.

あの映画は完全にクソだった。



また、shitにtheをつけて「the shit」と言うと、反対の「great=素晴らしい」の意味になりますので、注意しましょう。

 

That music was the real shit!

あの音楽は本当に最高だった。

下品な英語スラング:crap

crapもshitと同じように「うんち、糞」を表しますが、shitよりも下品度合いは少ない表現です。

 

日本語の「クソ」と同じように、使えない人・ものやくだらない人・もの、嘘ばっかりの言葉などに使います。

 

We have a lot of crap in the garage.

我々のガレージには、たくさんのガラクタがある。

 

What a load of crap!

嘘ばっかり!

下品な英語スラング:bollocks

bollocksは、本来「睾丸」を意味しますが、主にイギリス英語で「畜生!」「クソ!」と悪態をつくときに使われます。

 

Bollocks! I’ve forgotten my wallet!

クソ!財布を忘れた!

 

アメリカ英語の「shit」と同じように、「嘘をつく」「ナンセンスなことを話す」という意味でも使うことができます。

 

Don’t believe him. He’s always talking bollocks.

彼を信じないで。彼はいつもデタラメ言っているから。

下品な英語スラング:ass / asshole

assは「お尻」をさらに下品に言った「ケツ」の意味で、assholeは「ケツの穴」という意味ですが、どちらも「不快な人」や「最低の人」「意地悪な人」などを呼ぶ際に使います。

 

assとassholeの違いは、assは楽しいおふざけの中で「最低!」と言うようなときにも使えるのに対し、assholeはそのような使い方はできないため、assholeの方が侮辱的意味合いが強いというところです。

 

また、イギリス英語ではassはarse、assholeはarseholeと表記され、こちらの方が正しい表記と言われています。



Don’t be such an ass!

意地悪な態度はやめて!

 

You’re such an asshole!

お前本当に最低だな!

下品な英語スラング:dick

dickは、下品な言い方で「男性器」を意味しますが、主に男性に対して、「ばか」「アホ」「嫌なやつ」などと侮辱するときにも使われます。

 

You are acting like a dick!

最低な行動ばっかしてるよ!

 

That guy is a dick!

あの野郎はアホだ!



また、dickにheadをつけてdickhead(=亀頭)と言っても、dickと同じように「ばが」「アホ」「間抜け」「嫌なやつ」という意味になります。

 

I feel like a dickhead.

自分が間抜けに思える。

 

Don’t be such a dickhead!

嫌なやつみたいになるなよ!

下品な英語スラング:tits

titsは、「おっぱい」と言う意味ですが、shitと同じようにtheをつけて「the tits」というと、「最高」「かっこいい」「イケてる」などのポジティブな意味で使われます。

 

This pizza is the tits!

このピザうめえ!

 

また、単数形でtitというと、「バカな人」「アホな人」を表します。

 

What are you doing, you tit!

何してるの、このバカ!

下品な英語スラング:pussy

pussyはもともと「猫」の幼児語ですが、スラングで「女性器」という意味を持ちます。

 

男性を「pussy」と呼んだ場合、「弱虫」「女々しいやつ」という意味になりますが、女性を「pussy」と呼んだ場合、女性を性的対象として見て、軽蔑しているニュアンスが含まれます。

 

特に女性に対しては、使用しないことをお勧めします。



I’m not a pussy.

僕は弱虫なんかじゃない。

 

His car is a pussy magnet.

彼の車は女をホイホイ引き寄せる。

下品な英語スラング:pissed / pissed off

pissは「おしっこ」の下品な言い方ですが、「pissed」や「pissed off」というと、アメリカ英語で「怒っている」「腹が立つ」「イラつく」という意味になります。

 

He’s gonna be pissed when he knows what happened.

何が起こったか知ったら、彼は怒るだろう。

 

I am so pissed off with you right now!

今あなたにすごいキレてる!

 

pissedは、アメリカ英語で「怒っている」という意味になりますが、イギリス英語ではpissedは「酔っている」という全く異なる意味になります。

 

アメリカ英語とイギリス英語で全く意味が異なってしまうので、注意が必要です。

 

I’m so pissed right now.

今、すごく怒ってる。(アメリカ英語)

 

I’m so pissed right now.

今、すごく酔っている。(イギリス英語)

下品なスラングは使ってもいい?

下品な意味を持つ英語のスラングをご紹介してきました。

 

いかがでしたしょうか?

 

海外ドラマなどでよく耳にする表現ばかりですが、今回ご紹介したスラングは侮辱的な意味があったり、下品だと思われてしまう恐れがあるため、自分で使うのは避けたほうが無難です。

 

すごく親しい間柄で使う分には問題ないかもしれませんが、誤解を招いてしまう危険性もありますので、英語学習者である私たちはなるべく使わないでおきましょう。

 

ただ、洋書やドラマで出てきたときに、意味がわかっているとよりストーリーやキャラクター設定などを楽しめるかと思いますので、ぜひ自分で楽しむために勉強してみてください!



ただ、独学で英語を勉強していて

ここの文法がわからないな・・・・

この単語と単語の違いって何なんだろう?

TOEICやTOEFLの効率の良い勉強法が知りたい・・・

などと思ったことはありませんか?

 

現在、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!1人での英語学習を全力でサポートさせてもらいたいと思っています!

 

また、対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

 

公式ラインに登録して無料プレゼントをゲットする

 

Aitemのことをもっと詳しく知りたい方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!