無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

英語脳を作るのに必要な時間は〇〇時間?学習時間抽出のコツを紹介!

英会話 2020年12月27日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

これから英語の勉強を始めようと思う方の中には、『一体どれだけ勉強すれば英語が話せるようになるの?』と疑問、そして不安に思う方も多いと思います。

 

英語は喋れるようになりたいけど、膨大な時間がかかるならちょっと…と思ってしまう気持ちもわかります。

 

大人からでも始められる!英語脳の作り方を解説!でも解説した通り、英語を話せるようになるには、英語脳を作ることが必須です。そして、日本にいて英語脳を作るにはそれなりの時間とコツが必要です。

 

具体的に何時間勉強すれば良いの?

時間抽出のコツは?

 

この記事ではこんな疑問に答えていきたいと思います。

英語脳を作るのに必要な時間は1200時間必要

アメリカ国務省の付属機関であるFSI(The Foreign Service Institute:外務職員局)が「英語のネイティブスピーカーがどのくらいの時間をかけるとその他の言語が話せるようになるか」、という調査データを言語のレベル別(8段階)に示してくれています。

 

そのデータによると日本語は一番難しいレベルⅤ+(超難関言語)に属されています。

 

そのデータの中に「全くその言語の知識がない状態からビジネスレベルまで話せるようになるための学習時間」があります。レベルⅤ+だとそれが2200時間とされているのです。

 

逆に考えると、日本語ネイティブ(我々日本人)が英語を学習しようとすると英語ネイティブが日本語を学ぶのと同じぐらい時間がかかると考えることができます。

 

ビジネスレベルにまで言語が出来る、となるとスピーキング、リスニング等も特に困ることはありません。そのため日本人が英語を習得するために最低でも2200時間勉強をすると英語脳が形成されていると考えられます。

 

ただ、僕たちは小中高で約1000時間以上は最低でも英語を勉強しています。受験勉強をしたり、英会話スクールに通ったりしていた人はもっと学習時間が多いです。

 

そのため2200時間からの差を考えると残り1200時間となるのです。

 

これはあくまでもビジネスレベルまで英語を伸ばしたいと思っている方の勉強時間なので、旅行などで困らない程度、ネイティブの友達を作って週末に遊ぶ!ぐらいのレベルだともっと短くても習得可能です。

 

残り1200時間といっても、毎日2時間勉強したとしても約2年かかります。しかも毎日2時間休まず2年、というのは並大抵の努力では出来ません。

 

ただ、通勤・通学時間などの隙間時間を効率的に使えば1日1時間~2時間ぐらいは誰でも捻出が可能です!

 

ここからは、学習時間捻出のコツや、勉強を継続させる習慣について書いていきます。

英語学習の目的をはっきりさせることが学習時間の短縮につながる

英語学習を行う際に目的をはっきりさせておくと、勉強の効率化や、学習の継続に繋がります。

 

TOEICの点数を取る勉強法と、英語を実践的に話せるようになるための勉強法は全く違います。

 

例えば

TOEICで点数を取りたいのであれば過去問対策(スピーキングの勉強、ライティングは必要無し)

英語を実践的に話せるようになりたいのであればアウトプットの場所(ディスカッション/プレゼンテーションなど)

 

をすべきです。TOEICで点数だけを稼ぎたいのであれば過去問対策をするだけで800点以上は全然取得可能です。ただ、だからと言って英語が話せるようになるわけではありません。

 

現に僕の知人でTOEIC915点を取得していても、英語が全く話せない人もいます。

 

そのため目的をはっきりさせないまま勉強を始めると非効率になり、通常よりも勉強時間が増えてしまうリスクがあります。自分が英語を学習する目的を最短で達成できる方がいいですよね?

 

また、とりあえず始めてみよう!とノリで英語を始めてしまうと「自分がなぜ英語を学ぶのか?」ということがわからなくなり、数週間や数ヶ月も経たずに英語学習をやめることに繋がりかねません。

 

目的をはっきりさせろ!と言われると

将来は英語を使ってバリバリ働きたい!

TOEIC900点を取りたい!

大勢の前で英語のプレゼンが出来るようになりたい!

など大きな目標を立てないといけないと思ってしまう人もいるはずです。

 

ただ、そんなことはありません。

 

英語を話してモテたい!

海外の友達が欲しい!

趣味の海外旅行でもっと楽しみたい!

このような目標でも全然構いません。

 

まずは理想の自分を想像し、英語学習のための目的を立てることをしてみてください。

 

自分がどうなりたいか、なぜ英語を勉強するのか、を明確にし、その目的を最短で達成できるようにしましょう!

英語学習の時間を抽出するためのコツ6選

英語を勉強したい!となっても「仕事が忙しくて時間がない。。。」「今日はバイトだったから」などの理由で諦めていませんか?

 

学習時間は、普段の生活を見直すだけでも意外と作ることができます。

 

そこで学習時間を抽出するためのコツを6つまとめました。この6つを行うだけでも1日1時間以上は明日から学習時間を確保できると思います。

 

ぜひ参考にしてみてください!

通勤時間を英語時間に!

今現在の通勤時間ってどのくらいですか?片道15~20分だとしても、往復で最低30分以上は毎日英語に触れることが出来ます。

 

通勤時間ではがっつり参考書を開いて勉強!はしなくて構いません。

 

電車やバスの中で見ることが出来るサイズの単語帳や、英語のCDを聞くなど何でも良いです。簡単な単語アプリとかもオススメですよ!

 

「とにかくやってみる!」ということを実践してみてください!

 

最近だとリモートワークなど自宅でも仕事が出来るようになり、通勤時間が自由に使えるようになった!という人も多いと思います。

 

その時間を英語の学習時間に回してみてはいかがでしょうか?駅までの徒歩の時間なども合わせるとかなりの時間を確保出来るはずです。

お風呂の時間で英語学習を!

「えっっ!お風呂??」と思われる方も多いと思いますが、意外とお風呂に入ってる時間って長いんです。

 

その時に5分でも10分でも英語を勉強し、それが習慣化するとかなりの勉強量になります。

 

また、お風呂では「この勉強をする!」と決めておくとお風呂に入るのが楽しくなり、学習意欲も湧いてきます。

 

ぜひ取り入れてみてください!

 

(※注意:僕は1度防水じゃない携帯をお風呂で見ていて使えなくなったことがあるので防水か防水じゃないかは必ずチェックしてください!!!)

毎日の学習時間を固定し習慣化させる

日々の学習時間を固定することで、毎日決まった学習時間を取ることができます。勉強が長続きしない人の特徴として勉強が習慣化されていない、ということが挙げられます。

 

最初、慣れないうちは30分ほどで構いません。

 

毎日やると習慣化されていき、歯磨きのように、やらなければ「何か気持ち悪い!!」という感覚になってきます。ここまで習慣化出来ると最高です。

 

人が何かを習慣化するまでにかかる日数は約21日間と言われています。そのため21日間はどんなに大変な日があったとしても継続してみてください!

フリータイムを英語に使う

仕事や学業の合間に英語!となると、どうしても気が引けてしまうこともあります。でもそうではなくて、考え方を変えてみてください!

 

自分が好きなもの、例えば映画やYoutubeを見るのが好きな人がいれば、映画を日本の映画ではなく洋画にしてみる、海外のYoutuberをみてみる、とするだけでも楽しく学習を続けることができます。

 

最初から勉強勉強!と捉えるのではなく、日常の取り掛かりやすいところからまずは英語を取り入れていきましょう!

 

洋画を見るのであれば、Netflixが本当にオススメです!日本語字幕、英語字幕にも対応しているので英語学習にはすごく効果的です!

 

おすすめの海外ドラマは過去に記事にしているので是非見てみてください!

海外ドラマで英語力アップ!おすすめの理由とドラマを紹介

 

Youtubeも最近字幕機能がついたので海外のYoutuberさんも日本語字幕で見ることができます!英語を聞くのが慣れていない人は日本語字幕をつけてでもいいのでぜひ見てみてください!

 

英語にまずは慣れるところから始めましょう!

スマホの設定を英語にする

みなさんはスマホの設定は今日本語ですか?英語ですか?英語の学習時間を抽出するコツとして日々触れるものから英語に変えていきましょう。

 

1日の中でもスマホを見ている時間は意外と長いはずです。その言語を英語にするだけでも英語慣れするスピードは格段に速くなります。

 

また、TwitterやSNSなどの投稿を英語でしてみても良いですよね!SNSは良いアウトプットの場所になるので使ってみてください。

 

友達に英語で発信しているのがバレたら恥ずかしい!という方は別のアカウントを作ってみても良いと思います。

ネイティブの友達を作る

お休みの日は友達と遊びに行こう!となる人も多いですが、その友達が海外の人になったと思うといかがですか?

 

休みの日に英語を使うことにもなるので友達と楽しい時間を過ごしながら英語も使うことができます。もちろん日本語を話したいネイティブのお友達を作るととても良いですよね!

 

ただ、ここで気をつけて欲しいのは、英語を使いたいから海外の友達を作ろう!という下心があると、相手も人間なのでそんな人とは友達になりたくありません。

 

本当に自分が友達になりたい!と思った人とだけお付き合いしましょう。

忙しい方におすすめ!効率的に英語脳を作りたい方へ!

英会話スクールAitemでは3~6時間の長時間レッスンを行なっています。

 

長時間英語漬けのレッスンで(日本語は使いません!)海外と同じような環境を作るため英語脳を作りやすい環境になっています。

 

そうすることで忙しい方でもまとまって英語を勉強することができ、英語脳を効率的に作ることが出来ます。

 

日々お仕事や勉強で忙しい方でも効率的に英語を勉強することができます!

 

ぜひ一度無料ガイダンスにお越しください!

 

お問い合わせはこちら

 

Aitemのことを詳しく知りたい方は下記の記事をチェック!

 

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!