\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

独学でもOK!英語のスピーキング練習方法を解説!

英会話 2021年2月9日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

英単語や英文法は中学、高校、大学と嫌というほど勉強してきました。ただ、スピーキングの練習ってなかなかしないですよね?

 

でも、英語を使えるようにするためにはスピーキング能力が必須です。今回の記事では独学でも出来るスピーキングの勉強法を解説しました!

 

ぜひ、参考にしてみてください。

日本人の英語スピーキング能力が低い理由

日本人の英語のスピーキング能力が低い理由はいくつかの理由があります。スピーキングの勉強をする前に、自分たちがなぜスピーキングが出来ないかをしっかり理解しましょう。

 

出来ない原因を理解することで、どんな練習をしたらいいかが分かるのでスピーキング能力アップにも繋がります!

中学校、高校の文法優先の授業

英語の勉強をしよう!と言われると真っ先に思いつく勉強法が「単語帳を読む」「文法書を読む」「テキストを読む」ではありませんか?

 

確かに、英単語を覚えることで語彙力が上がったり、文法を知ることでどのように英単語を並べれば相手に伝わるか、などは分かるようになります。この勉強法はテストのための勉強であって、英語を話せるようになるための勉強法ではありません。

 

この勉強法を続けるだけでは一向に英語のスピーキングは出来るようにはなりません。語学の最終目的は「コミュニケーションを取れるようになること」です。

 

まずは、会話をすること。英語を使ってコミュニケーションを取る勉強法に切り替えることが大切です。

そもそも日本では英語を使う機会が少ない

日本で生活をしていると、毎日英語を使わなければ生活が成り立たない、という人は滅多にいないと思います。これが英語が話せない大きな理由の1つでもあります。

 

海外では、言語の違う国と国との国境が続いているため、「英語」という共通の言語がないとコミュニケーションがそもそも取れません。英語を話さないと通じ合えない、ということで実践的に英語を使う機会が日本と比べてはるかに多いです。

 

日本は島国のため、独自の文化の発展を遂げてきましたがその反面、「語学」という点においてはかなり遅れています。

 

また、海外の貧困国では隣国に出稼ぎに行くために英語が必要、ということも多々あります。(例えば、メキシコの人たちがアメリカに出稼ぎに行く。)お金を稼ぐためには、英語を習得しなければいけません。生きるために英語を話す、という人も世界には多くいます。

間違うことを恐れている

これは日本人が英語が話せない最大の特徴と言っても過言ではありません。日本の教育法にも関わってきますが、学校のテストなどでは、基本的に減点方式です。

 

間違った答えを書くと、点数が下がります。そのため日本人は間違った英語を話すことを極度に嫌います。

 

ただ、言語を学習するためには間違うことを恐れていては上達しません。まずは話すこと。間違ってもいいから話すことを念頭においてください。

 

間違ったからと言って周りから笑われてもいいんです。必ず間違った回数だけ英語は伸びていきます。

これだけやればOK!3つのスピーキング練習方法を紹介!

英語のスピーキングを伸ばすためには、主に3つの練習方法があります。この3つの練習を「継続」することでスピーキング力は飛躍的に向上します。

 

今回は主に“スピーキングに特化した”勉強方法になっているので、英語のスピーキングが苦手な方はぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

 

大人からでも始められる!英語脳の作り方を解説!の記事では“英語脳を作るため”の勉強方法を紹介しています。今回の記事と重複する点もありますが、ポイントが違かったりもするので、興味がある方はどちらも読んでみてください!

シャドーイング

シャドーイングとは、その名の通り、影のように発音された英語を追っかけて真似をして発言していく勉強法です。(1~2語遅れて発音していく。)

 

この勉強法は聞いた音をそのまま発音することで、リスニング能力アップにも繋がります。基本的にはテキストや発音されている文字は見ずに行います。

 

自分の耳で聞いた音を発音するので発音練習にもなりますし、ネイティブと同じような英語のリズムを身に付けることが出来ます。

 

スピーキング力をあげるためには、シャドーイングをしながら、その英文の場面が想像できるぐらいまで繰り返しましょう。そうすることで自分の発言と頭の理解が一致してきます。

 

ここまで出来ると実践的な英会話でも、自分の思ったことをそのまま口に出し、相手に自分の思いを伝えることが出来ます。

音読

音読は個人的に一番おすすめする勉強法です。音読をし続けているとある日、発音が急激に良くなったり、英語がスラスラ発言出来るようになりました。

 

実際にどのように音読をやればいいか、お伝えします。音読する教材は自分が勉強した長文のテキストや、今まで使っていた本など何でも構いません。自分のレベルに合った教材を選ぶことをおすすめします。

 

テキストを選んだ後は、実際に音読をしていきます。ここで気をつけていきたいことが3つあります。

 

英語のリズムを意識しながら話す

英語のリズムを意識しながら話しましょう。英語初心者の方は英語のリズム、と言われてもピンとこないと思うのでCDが付いているテキストを買って真似をするのをおすすめします。

 

真似をして音読し続けると自然と英語のリズムが体に染み付いていきます。

 

場面を想像しながら話す

想像しながら話すことで、実際の会話でも使えるスピーキング力が身につきます。英語の音読をしていると実践でも使えるフレーズがたくさんあります。

 

そのフレーズを使える場面を想像しながら勉強することで一石二鳥です。

 

発音を意識しながら話す

最後は発音を意識しながら話すことです。日本人は発音を軽視しがちです。またネイティブっぽく発音することに少し抵抗がある人もいます。(恥ずかしいなどの理由)

 

ただ、その音読を続けていても一向に上達しません。1人で時間があるからこそ、丁寧に1音1音音読してみてください。

1人会話

最後にオススメするのは「1人会話」です。何それって思われる方も多いので説明します。

 

まずは、コミュニケーションをする実際のシチュエーションを想像して1人2役で話します。その時に気をつけてほしいことは「感情を込めて話す」ということです。

 

感情を込めて話したり、単語を使うと脳が記憶します。ただ覚えるだけでなく記憶として定着しやすくなります。また、意外に1人でシチュエーションを想像して話そうと思ってもなかなか英語は出てきません。

 

それぐらい実践の英会話に慣れていないということですね。最初は上手くいかないことも多いですが、少しずつ慣れていきましょう。リアルの会話に似ているので実践的に使うことができます。

 

このシチュエーションは本当にどんな場面でも良いです。例えば友達と昨日のテレビの感想を話している場面や、好きな子の話でも何でも構いません。

 

よく使うフレーズは覚えておくと便利なのでフレーズ集の記事もぜひご活用ください。

フレーズ集の記事一覧

 

※注意

実家や友達の前でこの勉強をやると、変人扱いされるので注意。僕も家族の前で無意識にやっていたらキョトンとした目で見られてました。笑

スピーキングの練習に役立つ教材を紹介

「自宅でスピーキングの練習をしよう!」となっても、「何から始めたらいいのか分からない!」という方も多いのではないでしょうか?

 

ここからは自宅で英語のスピーキング練習をする時に役立つ、オススメの書籍、アプリ、Youtubeチャンネルを紹介します。

スピーキングの練習に役立つ書籍

 

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

 

スピーキング力をあげるための鉄板の教材です!僕もずっとこのシリーズにお世話になりましたが、自分の思ったことを英語に出すためのスピードが格段に速くなりました。

 

ページを開くと左側に日本語が書かれていて、右側にその日本文を英語に訳した文が載ってあります。まずは左の日本語を見る、すぐに英語に訳す、ということを繰り返していきます。

 

この勉強法を継続することで、言いたいことを英語で言うスピードアップに繋がります。また、文法の単元ごとにまとまっているため、文法力定着にも役立ちます。

 

スピーキングの勉強法に迷ったらこの一冊は本当におすすめです!

 


 

 

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

 

前述した「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の次にシリーズですね。何が違うかと言うと「文法の単元ごとに日本語が書かれていない」ということです。

 

これだけで、難易度がグッとアップします。ただ、日常的な会話は文法が全く同じ会話を続けることはまずありません。

 

基本の瞬間英作文トレーニングが出来た後は、「瞬間英作文シャッフルトレーニング」に取り組んでみてください。

 

この一冊がコンプリートできる頃には、ネイティブと話すことには全く苦がないレベルには英語力は上達しているはずです。

 


 

 

絵で見てパッと言う英会話トレーニング

 

この本は個人的に大好きな一冊です。今までの文章だけが書かれている本と違って、イラストが書かれています。

 

そのイラストにあった英文を作り、声に出します。イラストを見て、その状況に一番あった英語を探す、ということでただ、直訳をしたらいいという訳ではありません。

 

実践的な英会話の場では、なかなか自分の言いたいことを直訳出来ないことが多々あります。その時に、自分の伝えたいことをどのように伝えればいいか、という練習にするにはもってこいの教材です。

スピーキングの練習に役立つアプリ

 

英会話フレーズ1600

(Android版はこちら)

(iPhone版はこちら)

 

このアプリは本当に基礎の基礎を知りたい方にはおすすめです。(超初心者用)海外旅行で使えるフレーズであったり、日常会話で使えるフレーズがたくさん載っています。

 

このアプリで継続して学習する、という訳ではなく、英語の勉強を始める際にこのアプリから入ると、とても楽しく勉強が続くと思います。

 

海外の人にすぐ通用するようなフレーズがたくさん載ってあるので、「まずは話してみたい!」という方におすすめのアプリです。伝わる、ということが実感出来るので英会話の勉強が続くきっかけになりますよ!

 


 

 

Hello Talk

(Android版はこちら)

(iPhone版はこちら)

 

こちらは言語マッチングアプリです。僕もHello Talkを使っていますがとてもおすすめです!実際にネイティブとマッチングして、仲良くなれば連絡先の交換なども出来ます。

 

2~3人ぐらい仲の良い友達を作って電話やzoomをしてみましょう。ネイティブと話す、ということは普段日本で生活をしているとなかなかないことなので、とても貴重な経験になります。

 

また、相手も日本語を勉強している海外の人なので、日本に興味を持ってくれています。共通の話題で盛り上がれるのはいいですよね!

 

(特にアニメやマンガは海外でとても×10回流行っています。おすすめのアニメやマンガを教えてあげると仲良くなれる可能性が高いです笑)

 


 

 

NHK ゴガク 語学講座

(Android版はこちら)

(iPhone版はこちら)

 

こちらはNHKが出している英語勉強アプリです。レベル別にスピーキングの出来る教材が揃っているので気軽に勉強したい方はおすすめです。

 

音声も付いているので、わざわざCDを買う必要もありません。また、ビジネス入門など幅広い分野を学習できます。初級者から上級者まで利用出来ます。

 


 

 

スタディサプリENGLISH -新日常英会話コース

(Android版はこちら)

(iPhone版はこちら)

 

このアプリは唯一有料のアプリです。僕も使っていました。有料、と言うと、とっかかりづらいですが、とても充実したテキスト、内容になっています。

 

自分の音声を録音したり、そのアプリ内で発音の練習をしたりも可能です。また、レベルもかなり幅広く毎日やっても終わらないほどです。

 

ある程度基礎がついた後に、このスタディサプリを入れるのはおすすめします。しっかりと自分の英語学習の総まとめとして使ってみるのもいいですよ

スピーキングの練習に役立つYouTubeチャンネル

 

AK in カナダ/AK-English

 

このチャンネルでは、海外でのシチュエーション毎の会話や、日常ではよく使うけどテキストには載ってないフレーズをたくさん紹介してくれています。

 

「そうそう!この言い回し知りたかった!」というフレーズが本当に多く、会話の幅を広げることが出来ます。個人的にYoutubeやインスタグラムも見ていますが、見始めると止まらないほど面白いです。

 


 

 

Nas Daily

 

Nas Dailyさんは大人からでも始められる!英語脳の作り方を解説!でもご紹介しました!

 

毎日世界中のInterestingな人たちを英語の字幕付きで紹介してくれています。

 

毎回同じ内容だと勉強するのも飽きてきますが、毎日別の人を紹介してくれるのでとっても楽しく英語のスピーキングの練習が出来ます。

 


 

 

Rupa sensei

 

Rupa先生は有名な海外のドラマや映画の中での1シーンを切り取り、英語の解説、日本語の意味の解説をしてくれています。

 

海外の有名なドラマや、映画を見ながらスピーキングの練習が出来るので、勉強している感じがなく英語に触れることが出来ます。英語は嫌いだけど映画やドラマは大好き!という方にはオススメです!

 


 

 

IU-Connect 英会話

 

こちらのYoutubeは、個人的には大好きです!と、いうのも「日本人がよく使っているあの英語ってネイティブは使うの?」「どんな受け取り方をされている?」など詳しく説明してくれているからです。

 

意外と日本人は正しいと思って使っていても、海外の人や英語ネイティブの人たちからすると「ん?ちょっと変だな・・・」と思われていることも少なくありません。

 

少しずつ正しい表現に直していきたい!という方にオススメです。

Aitemでスピーキングをもっと伸ばしませんか?

今回の記事を読んでもらい、英語のスピーキング力を伸ばすために何をすればいいか、を知ってもらえたと思います。

 

ただ、スピーキング力が上がったからと言って、「会話が出来るようになる」とは限りません。やはり会話をスムーズにしていくためにはより実践的なコミュニケーションを取らなければいけません。

 

会話が出来るようになるには、1人で勉強していても絶対に伸びません。Aitemでは”超”スピーキングに特化した独自メソッド、独自カリキュラムでレッスンを行なっています。

 

Aitemで一緒に実践的な英会話力を身につけませんか?

 

興味を持っていただいた方は、こちらからお問い合わせください!

無料ガイダンスはこちら

 

Aitemのことをもっと知りたい!という方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!