fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

スーパーの接客英語フレーズ70選!挨拶・レジ・トラブル対応までこれで完璧

フレーズ集 2022年8月6日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

スーパーマーケットで、外国のお客様の接客をする機会は増えていますよね。

 

そんなときに、

 

接客の英語が咄嗟に出てこない…

英語で接客したいけど、失礼になっていないか不安…

“当店では取り扱っていません”って英語でなんて言うんだろう…

 

などと、悩んだことはありませんか?

 

英語でコミュニケーションが取れると、店員もお客さんも、お互いに気持ちいいものです。

 

今回はスーパーで外国のお客様に接客する際に使える英語フレーズをご紹介します!

 

来店から商品の案内、レジでの会話まで、この記事を読めばスムーズに英語で接客できるようになります。



ぜひご覧ください!

 

また、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!

 

対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

 

公式ラインを登録する

スーパーは英語で何という?

そもそも、スーパーは英語で何というのでしょうか?

 

日本語の「スーパー」を表す英単語は、supermarketgrocery storeの2つあります。

この2つは厳密には違いがありますので、以下に説明します!

grocery store:食料品を扱っているお店全般

grocery storeは、食料品を扱っているお店全般のことをさします。

 

コンビニや八百屋さん、個人経営の店、スーパーなど、食料品を扱っていれば全てgrocery storeと呼ぶことができます。

 

supermarketかgrocery storeで迷ったら、grocery storeと言っておけば間違いはありません。

supermarket:規模も品揃えも大きいgrocery store

supermarketは、grocery storeの中でも、特に大きなスーパーのことを表します。

 

食品以外にも、日用品やアウトドアグッズなどを売っていたりと、品揃えや店舗の大きさなど全てが大きいのが特徴です。

西友やイオン、マルエツなどの大きなスーパーを想像するといいでしょう。

 

supermarketくらいの大きなスーパーのこともgrocery storeと呼ぶことができますが、逆に小さな商店をsupermarketと呼ぶことはできません。

スーパーで頻出の英単語

ここでは、スーパーで頻繁に使う英単語をご紹介します!

ショッピングカート

Shopping cart(米)

Trolley(英)

買い物かご

Shopping basket

レジ

the checkout. 

通路

aisle

乳製品コーナー

Dairy section

青果コーナー

Produce section

冷凍食品

Frozen food section

パン・焼き菓子

Bakery

お惣菜

Deli 

加工肉、チーズ、お惣菜など

輸入食品

Ethnic foods

日用品

household items

飲み物

beverage

スーパーの挨拶基本フレーズ12選

スーパーで接客をする際に、必ず必要になる基本の挨拶表現をご紹介します。

来店の挨拶:いらっしゃいませ

英語圏の文化では「いらっしゃいませ」というような、店員さんがお客さんにする独特のあいさつというものが存在しません。

 

そのため、店員さんがお客さんに挨拶する際には「こんにちは」と挨拶するのが自然です。

 

いらっしゃいませ

Hello!

Hi!

Good morning!(朝)

Good afternoon!(昼)

Good evening!(夜)

(全て「いらっしゃいませ」として使えます)

少々お待ちください

何かを確認しなければならないときなど、お待たせしてしまう際に「少々お待ちください」というときの英語表現です。

 

Just a moment, please.

-少々お待ちください。

 

Let me check.

-確認いたします。

 

Could you wait for a second?

-少々お待ちいただいてもよろしいですか?

かしこまりました / もちろんです

「かしこまりました」「もちろんです」と感じよく答えるときに使える英語表現をご紹介します!

 

何かを聞かれたときに“Yes”だと「はい」と少しぶっきらぼうに聞こえてしまう場合もありますので、なるべく以下の表現を用いましょう。

 

Can I pay with my smartphone?

Sure.

-スマホで支払いができますか?

-もちろんです。

 

Can I have two plastic bags?

Of course.

-レジ袋2枚いただけますか?

-かしこまりました。

最後の挨拶:ありがとうございました

レジも終わってお客さんがお店を出るとき、日本では「ありがとうございました」と言いますが、英語圏の文化ではただ「さよなら」という挨拶をします。

 

Bye, have a nice day!

-さようなら、いい日を!

 

Have a lovely evening!

-いい夜を!

スーパーで場所を案内する英語フレーズ7選

外国人のお客様に「〇〇はどこにありますか?」と聞かれたときに、スムーズに場所を案内するための英語表現をご紹介します!

ご案内します

商品の場所を聞かれた場合、可能ならその場まで案内してあげるのが親切です。

その場合「こちらへどうぞ」と以下のような表現を使いましょう。

 

Come this way, please.

-こちらへどうぞ。

 

Follow me please.

-ついてきてください。

 

I’ll show you.

-ご案内します。

〇〇にあります

どこの棚にあるのか、どのエリアにあるのか口頭で説明するときに使える英語フレーズです。

 

Where can I find mayonnaise? 

It’s on the second aisle from the right.

-マヨネーズはどこですか?

-右から2番目の通路にあります。

 

Do you have almond milk? 

Yes, in the dairy section.

-アーモンドミルクはありますか?

-はい、乳製品のコーナーにあります。

 

Could you tell me where the organic coffee is?

They’re on aisle 7 next to the grain section.

-有機コーヒーはどこにありますか?

-通路7の穀物コーナーの隣にあります。

 

Excuse me, where is the checkout?

-すみません、レジはどこですか?

It‘s at the back to the left.

-左の奥です。

スーパーで商品を説明する英語フレーズ5選

外国人のお客様から「これは何ですか?」と聞かれたときに、説明するための英語フレーズをご紹介します!

 

What is this?

It’s Japanese horseradish, called wasabi.

-これは何ですか。

-これは、日本のホースラディッシュで、わさびと呼ばれます。

 

How can we eat it?

You can eat wasabi with sushi or sashimi.

-どのようにして食べますか?

-寿司や刺身と一緒に食べます。

 

How can I cook this fish?

Sorry, I’m not sure. Let me check.

この魚はどのように調理したらいいですか?

-すみません、わかりません。確認いたします。

スーパーの量り売りの英語フレーズ3選

スーパーの精肉コーナーやお惣菜コーナーで、お客さんの必要な分だけ量り売りをするときに使える英語表現をご紹介します!

 

Are you being served?

I’d like a slice of this pizza.

-お伺いしましょうか?

-このピザを1切れください。

 

How can I help you?

I‘d like some ham.

-お決まりですか?

-ハムをください。

 

How much would you like?

Seven slices, please / 300 grams, please.

-量はいかがいたしましょうか?

-7切れください/ 300グラムください。

スーパーの安売りに関する英語フレーズ7選

賞味期限が近いものや、特売品、セールの日に関する英語表現をご紹介します!

 

Is this on sale?

-これはセール品ですか?

 

We have sales on weekends.

-週末は特売日です。

 

Today is a special bargain day.

-本日は特売日です。

 

Apples are on sale.

-りんごが特売です。

 

We offer a 10% discount for Deli section.

-惣菜のコーナーの商品が10%引きになっています。

 

This is on sale because it’s expiring soon.

-賞味期限が近いので特価になっています。

 

Could you give me a little discount?

-少しまけてもらえませんか?

スーパーで試食の英語フレーズ3選

スーパーで試食を進める際に使える英語フレーズをご紹介します!

 

Would you like to try a sample?

-試食してみますか?

 

Would you like a sample?

-試食はいかがですか?

 

Please feel free to try one.

-お気軽にお試しください。

売り切れ・在庫に関する英語フレーズ5選

特定の商品の在庫が切れてしまっているときや、在庫についての情報を伝える際に使える英語表現をご紹介します!

 

Excuse me, where can I find ketchup?

Sorry, it’s out of stock.

-すみません、ケチャップはどこですか?

-すみません、在庫切れです。

 

Sorry, we’re out of low fat milk at the moment.

-すみません、現在低脂肪牛乳を切らしております。

 

Sorry, we don’t carry oat milk.

-すみません、オーツミルクの取り扱いはありません。

 

This is all we have now.

現在在庫があるのはこれで全てです。

 

Just a moment, please. Let me go and check our stock.

少々お待ちください。在庫を調べてまいります。

スーパーでレジでの接客英語フレーズ20選

スーパーのレジで接客する際に使える英語フレーズをご紹介します!

 

That’s $20.47.

-全てで20ドル47セントです。

 

Would you like a bag?

-レジ袋は入りますか?

 

Do you need any help packing?

I can manage myself thank you.

-袋にお詰めいたしましょうか?

-自分でやるので大丈夫です、どうもありがとう。

 

Do you have a loyalty card(英)/ a reward card(米)?

-ポイントカードはお持ちですか?

 

May I see your ID?

-身分証明書のご提示をお願いします。

 

Do you need chopsticks?

-お箸は要りますか?

 

How would you like to pay?

-お支払いはどのようにいたしますか?

 

In cash.

-現金で。

 

 With a credit card.

-クレジットカードで。

 

 With a debit card.

-デビットカードで。

 

Cash or Card ?

-現金とカードとどちらでお支払いいたしますか?

 

Please swipe your card.

-カードをスライドしてください。

 

Please insert your card here.

-こちらにカードを差し込んでください。

 

Please sign here.

-こちらにサインをお願いします。

 

Please enter your PIN.

-暗証番号の入力をお願いします。

 

I’m afraid this card is not available.

-恐れ入りますが、このカードはお使いいただけないようです。

 

Here’s your change.

-お釣りです。

 

Your change is $30.

-お釣りは30ドルです。

 

Would you like a receipt?

-レシートは要りますか?

 

Have a nice day!

-ありがとうございました!

スーパーのトラブル対応フレーズ8選

スーパーで困っている人がいるときや、返品などのトラブル対応の際に使える英語フレーズをご紹介します!

 

Can I help you? / May I help you? / How can I help you?

-いかがいたしましたか?

 

Are you looking for something in particular?

-何かお探しですか?

 

Is someone looking after you?

-お伺いしていますか?

(カウンターなどで、対応されているか確認する場合)

 

Let me check what I can do for you.

-何かできることができないか確認いたします。

(返品や苦情に対して対応を確認する場合)

 

I’d like to return this.

-これを返品したいのですが。

 

I’m afraid we can’t accept returning.

-恐れ入りますが、返品はお受けできません。

 

Can I have your receipt? 

-レシートを見せていただいてよろしいですか?

 

May I ask why you want to return this?

-返品の理由をお伺いしてもよろしいですか?

英語でスーパーの接客はこれで完璧!

スーパーの接客で使える英語表現をご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

 

日本語がわからない海外のお客様が来た際には、英語で接客ができないと困ってしまいますよね。

 

この記事でご紹介したフレーズを一通り覚えておけば、海外のお客様が来ても焦ることなく対応ができるようになります!

 

ぜひフレーズを頭に入れで、実際に接客の際に使ってみてください!

 

思った以上に喜んでもらえますよ!



ただ、独学で英語を勉強していて

ここの文法がわからないな・・・・

この単語と単語の違いって何なんだろう?

TOEICやTOEFLの効率の良い勉強法が知りたい・・・

などと思ったことはありませんか?

 

現在、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!1人での英語学習を全力でサポートさせてもらいたいと思っています!

 

また、対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

 

公式ラインに登録して無料プレゼントをゲットする

 

Aitemのことをもっと詳しく知りたい方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!