fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

because / since / as / for の違いは?「理由」を表す表現のニュアンスの違い

英文法 2022年8月12日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

みなさんは、「理由」を表す表現

 

because

since

as

for

 

の違いを説明できますか?

 

全て理由を表すことができますが、それぞれの表現でニュアンスや使い方が異なります。

 

今回は、「理由」を表す表現の意味の違いや使い方について、詳しく解説します!

 

この記事を読めば、because / since / as / for の違いをスッキリ理解し、使い分けができるようになります!



ぜひご覧ください!

 

また、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!

 

対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

公式ラインを登録する

「理由」を表す表現の違い一覧

理由を表す表現の違いについてまとめると、以下の通りです。

 

because:「なぜなら〜だから」

理由に焦点を当てて、説明する

 

since:「ので」

結果に焦点をあて、理由を軽く述べる

 

as:「〜ので」

情報を付け足す感覚で理由を述べる

 

for:「というのも」

理由を文学的に付け足す

 

それぞれ詳しく説明します!

because:理由をきちんと説明「なぜなら」

まずは、理由を表す接続詞の王道「because」の意味や使い方について詳しく説明します!

becauseは最も一般的

また、becauseは理由を説明する際に、書き言葉話し言葉を問わず、最も一般的に用いられます。

 

becauseは、理由を表すことを専門とする接続詞なため、「理由を表す」という意図が明確に伝わるからです。

 

I was angry because you stood me up.

-私が怒っていたのは、あなたが約束をすっぽかしたからだ。

becauseは理由が大事

becauseは結果よりも「理由」に焦点が当たっている場合に用います。

 

例えば、志望理由や行動の背景の説明など、「理由」が重要になってくる局面で使います。

 

I’m applying for this job because I would love to apply the skills I refined at university to your design assistant role. -私は大学で培ったスキルを、貴社のデザインアシスタントの職で活かしたいと考え、この仕事に応募しました。

becauseは相手が理由を知らない

becauseは、理由について相手が知らないときや、明らかでないときに用います。

 

I don’t like him because he is selfish.

-彼は自己中だから好きじゃない。

becauseは文中・文頭で用いる

becauseはライティングでは文中で用いることが多いです。

 

例外として、質問に答えるときや、話し言葉、理由を強調したいときなどにbecauseを文頭に持ってくることができます。

 

Because we were so tired, we went to bed at 9 pm.

-私たちはとても疲れていたので、9時に布団に入りました。

 

質問に答えるとき、because節だけで完結させることも可能です。

 

Why did you go to sleep without tidying your room?

-Because I was tired.

なぜ部屋を片付けないで寝たの?

-疲れてたから。

cuz / cosと省略できる

becauseは最も一般的でよく使われるため、becauseではなくcuzやcosと省略形で使われることもあります。

 

話し言葉や、友人とのメッセージなどのカジュアルな書き言葉で使われます。

 

I can’t check my messages cuz I left my phone at home.

-携帯を家に置いてきたので、メッセージを確認できない。

 

I’m crying cos I’m so sad.

-とても悲しいので、泣いています。

since:理由を軽く述べる「〜ので」

次に、理由を述べるsinceの意味や使い方について説明します!

sinceの本来の意味

sinceの意味といって一番はじめに思い浮かぶのは、過去の一点「〜からずっと」「〜以来」という意味ではないでしょうか?

 

I have lived in Japan since I was a child.

-子供の頃から日本に住んでいます。

 

He’s been feeling unwell since he got up.

-起きてから、彼は具合が悪い。

 

このように、sinceは物事の起点を意味することから、「理由」を表すことができるというイメージにつながると思います。

 

実際に、意味が曖昧な場合もあります。

 

Since she joined the team, we’ve played better.

-彼女がチームに加わってから、いい試合をしている。

-彼女がチームに加わったので、いい試合をしている。

sinceは結果が大事

becauseとsinceの違いは、理由よりも結果に焦点が当たっているところです。

 

becauseは理由がとても重要である一方、sinceが言いたいことは結果の方です。

 

理由と結果の間のつながりも、becauseほど強固なものではありません。

 

 Since you have finished your homework, you can go and play with friends.

-宿題を終えたので、友達と遊びに行っていいよ。

 

Since the restaurant is located next to the train station, it is a good choice for hungry travelers who have just arrived in the city.

-レストランは鉄道の駅の隣に位置しているので、街に着いたばかりのお腹を空かせた旅行者にとっていい選択肢です。

sinceはみんなが既に知っている理由

sinceはbecauseのように理由に焦点が当たっていないため、理由を相手が既に知っていたり、明白である場合に用いることが多いです。

 

Since it is raining, the school trip has been cancelled.

雨が降っているので、遠足は中止になった。

※雨が降っていることは、みんな知っている

 

Since they were all dressed up, he assumed they were going to the party.

彼らはみんなおめかししていたので、パーティーに行くのだと彼は推測した。

※おめかししていることは、見れば明白

 

Since the hotel is old, rooms are not equipped with air-conditioning.

そのホテルは古いので、部屋にはエアコンが設置されていない。

※ホテルが古いことは、みんな知っている

sinceはフォーマル

sinceはbecauseよりもフォーマルな表現になります。

 

Since he can’t come, we should invite someone else.

-彼が来られないので、誰かを招待すべきだ。

sinceは基本的に文頭で用いる

理由を表すsinceの場合、基本的には文頭に用います。

 

Since I am a student, I can work only on weekends.

-学生なので、週末だけ働くことができます。

 

Since she had not paid her bill, her electricity was cut off.

-彼女は請求書の支払いをしていなかったので、電気が止められた。

sinceは疑問文に用いない

疑問文に理由を添えたいときには、becauseを用います。

 

Were you late for school because it was raining?

-雨が降っていたから学校に遅れたの?

as:補足的に情報を付け足す「〜ので」

ここでは、理由を表すasの意味や使い方について説明します!

asは結果が大事

asは、理由より結果の方に焦点が当たっている表現になります。

 

The roads ahead are closed as they are being repaired.

-修復中なので、先の道は閉鎖されている。

asは曖昧

asにはもともと、「〜ので」「〜のとき」「〜しながら」「〜として」などさまざまな用法があります。

 

そのため、どの意味で言っているのか混乱を招く可能性もあることから、「理由」「結果」を表すasはbecauseのように一般的ではありません。

 

現に、「〜ので」「〜のとき」など用法が明確に分けられないまま、曖昧に用いられることもしばしばです。

 

As I was away from the office, she left a note on my desk.

-私が席を外していたので、彼女は私の机にメモを残した。

-私が席を外していたとき、彼女は私の机にメモを残した。

asはみんなが既に知っている理由

asは理由が明確であったり、みんなが既に知っていることであることが多いです。

 

Let‘s start the meeting as everyone is here.

-みんな揃ったので、ミーティングを始めよう。

※みんなが揃ったことは誰もが見てわかっている

asはフォーマル

sinceはbecauseよりもフォーマルな表現になります。

 

As I couldn’t sleep last night, I have a headache.

-昨晩眠れなかったので、頭痛がする。

asは基本的に文頭で用いる

理由を表すasは、基本的に文頭で用います。

文中で用いることも可能です。

 

As I was in Shibuya, I stopped by for a visit.

-渋谷にいたので、ちょっと立ち寄りました。

 

As it’s raining again, I’ll have to stay at home.

-また雨が降っているので、家にいなければならないだろう。

sinceは疑問文に用いない

また、sinceは疑問文に用いることはありません。

疑問文に理由を添えたいときには、becauseを用います。

for:理由を文学的に付け足す「というのも」

ここでは、理由を表すforの意味や使い方について説明します。

forはフォーマルな書き言葉

forはフォーマルで、物語などの書き言葉で用いられます。

話し言葉やメールなど日常会話で用いると不自然です。

 

He had to stay at home and finish his assignment for the deadline was soon.

-締切が近かったので、家にいて課題を終わらせなければならなかった。

forは文の最後に用いる

forは、文の最後に付け足して「というのも〜」と理由を付け足します

 

I told him to leave, for I was very tired.

-彼に帰るように言った。というのも、とても疲れていたからだ。

forは相手が理由を知らない

forはbecauseと同じように、相手が理由を知らないときに用いることができます。

 

I love the restaurant very much, for they serve the best sandwiches in town.

-このレストランが大好きです。というのも、彼らはこの街で一番のサンドイッチを出すからです。

原因・理由を表す表現を使いこなそう!

原因や理由を表す表現because / since / as / forの意味や使い方、違いについて解説してきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

同じ理由を表す表現でも、全て同じように使えるわけでなく、伝えたいことやシチュエーションによって使い分けていることがわかったかと思います。

 

今持っている知識を自分のものにするには、練習あるのみです。

 

インプットをするだけでなく、ぜひ実際に英会話やライティングの中でアウトプットをすることで、実際に表現を使いこなせるようにしていきましょう!



ただ、独学で英語を勉強していて

ここの文法がわからないな・・・・

この単語と単語の違いって何なんだろう?

TOEICやTOEFLの効率の良い勉強法が知りたい・・・

などと思ったことはありませんか?

 

現在、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!1人での英語学習を全力でサポートさせてもらいたいと思っています!

 

また、対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

 

公式ラインに登録して無料プレゼントをゲットする

 

Aitemのことをもっと詳しく知りたい方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!