無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

東京オリンピックまでに英語は話せた方がいい!?海外の人はどれぐらい来るの?

英会話 2020年2月29日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

 

「東京オリンピックまでに英語話せるようにしたいです!」

 

という声を最近すごく頂きます。

というか、東京オリンピック開催が決まってからずっと

聞いている気がします。

 

最近はコロナウイルスの問題でどうなるか定かでは

ありませんが・・・。

それはさておき。

 

 

実際オリンピックまでに英語は話せるようになった方が

いいのでしょうか?

 

 

このブログでは年間どれぐらいの訪日外国人が日本に来るのか、

や、オリンピックの時の英語力はどれぐらい必要か?

を書いていきたいと思います。

 

 

 

実際何人ぐらい海外の人は日本に来るの?

 

 

こちらは予測データなので実際に来てみないとわかりませんが

最低でも3000万人は突破する予測です。

 

 

みずほ総合研究所の試算では2020年度の訪日観光客は3600万人になると

予測されています。

以前政府が2020年度の観光客目標を4000万人としていましたが

今の成長率で行くと2020年の1年間で4000万人来ることもかなり現実味があります。

 

 

2019年1年間では約3300万人とも言われています。

 

 

2019年で3300万人ってすごくないですか?

日本の人口の4分の1って考えると少し怖くなってきちゃいます。

 

 

 

政府の目標数地では2030年までに6000万人の観光客を

見込んでいるそうです。

インバウンド市場はこれからどんどん大きくなっていきそうです。

 

 

東京オリンピックまでに英語は話せた方がいい?

 

 

これはYesです。

なぜなら東京オリンピックが開催される約3週間の間は

関東地方はこんなに海外の人っていたっけ!?

と思うほど、観光客の人が増えます。

 

 

ラグビーワールドカップの時もそうでしたが

会場の近くには見渡す限り海外の人がいる、

というのは当たり前の光景になると思います。

 

 

また、そうなると自然と移動手段などで電車を使ったり

バスを使ったりする海外の人も増えます。

今まで海外の人に道を聞かれたことがある方は要注意。

その数がもっと増えます。

 

 

さらに、そのまま日本の観光名所に旅行にいくと言う人たちも

多いと思います。

(京都、大阪など)

 

 

その時どんな対応ができるかで日本の与える印象も

変わってきます。

 

 

また、海外の人と気軽に会えるチャンスでもあるので

是非異文化の人と話す機会を楽しんでみてください!

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

オリンピック以降も訪日外国人の数がどんどん

増えていくことがわかって頂けたと思います。

 

 

また、これからは日本で働く海外の人も観光客増加に伴って

増えてきます。

 

 

その時に英語が話せる、話せないで全く違う待遇になります。

今から日常会話でもいいので頑張って勉強してみましょう!

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!