\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

音読を制する者は英語スピーキングを制す!音読のポイントや効果的な勉強法を解説!

英会話 2021年3月3日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

英語の勉強をする際に『音読』をやったことはありますか?

 

「たまーにやったことはあるけどそこまで重要視してなかった。」という方も多いと思います。

 

実は、音読は英語の勉強法の中でも最強の部類に入る勉強法なんです。この記事では音読をする際のポイントや勉強法を解説していきたいと思います!

 

この記事を見ていただければ、すぐにでも実践できるような内容になっているのでぜひ、最後まで読んでみてください!

無音学習は絶対におすすめしない!音読が効果的な理由!

英語のスピーキング力を伸ばすために音読はとても効果的な学習法です。よく英語の勉強をする時に、ただ目で追うだけの人がいますが、今すぐやめてください。

 

本当に勿体無いことをしています。ここからは英語の音読がなぜ効果的なのか、理由を詳しく解説して行きます。

スピーキング速度が格段に上がる

「今日英語を話した時間って何分ですか?」と聞かれてすぐに答えられる人はいますか?おそらく、「0です!」と答える人が多いと思います。

 

少し話していたとしても、実際にどのくらい英語を話しているかは分からない人が多いのではないでしょうか?

 

日本で生活をしていて、本当に特殊な職業や家庭じゃない限り、日本人は英語を話す時間が極端に少ないんです。英語を話したいと思うのであれば、まずは話す量を増やしてください。

 

音読は自分1人で出来る勉強法なので、お金もかかりませんし、いつでもどこでも出来ます。話す量を増やせば増やすほどスピーキング速度は格段に上がります。

 

1ヶ月ほど続けていると自分でも分かるぐらい成長します。

リスニング力が伸びる

音読をしているとスピーキング力だけでなく、リスニング力も同時に伸びます。人間の脳は自分で発音できない音は聞き取れないとよく言われます。

 

CD付きの教材などを真似しながら音読の練習をしていると、スピーキング力が上がると同時にリスニング力も上がるので一石二鳥です。

速読が出来るようになる

音読をしているとリーディングのスピードも上がっていきます。普段リーディングをする際は教材とペンを持ってにらめっこをしていると思います。

 

ただ、音読をする際は、考える時間がありません。書かれてある文章をそのまま口に出すので、頭の中で自然と文構造を把握するようになり、自然と速読が出来るようになってきます。

 

速読が出来るようになると、TOEICなどのテストでも「時間がなく問題が解けなかった」ということもなくなるので、本当に音読をおすすめします。

音読する際の4つのポイント

ここからは、音読をする際のポイントを4つお伝えしたいと思います。このポイントを抑えて音読をするだけで勉強効率が格段にアップするので絶対に読んでくださいね!

意味が全部分かる内容のテキストを音読する

音読をする際に「教材は何を使ったらいいですか?」という質問をすごくたくさんいただきます。結論としては「自分のレベルに合ったテキストなら何でもいい」です。

 

それよりも重要なのは、音読をする前に、自分が音読をする文章の意味、単語の意味、文構造を完璧に理解してください。

 

完璧に理解しないまま、音読をしてしまっても、ただ、音を出しているだけになります。もちろんやらないよりは意味はあるのですが、かなり効果は薄れてしまいます。

 

と、いうのも音読をすることによって英語脳を作ることにも繋がるからです。

 

文構造や意味を理解して、音読を続けることによって頭の中で日本語を考える時間がどんどん少なくなってきます。これを続けることによって英語を英語のままで考えることの出来る英語脳が出来上がってきます。

 

英語脳について詳しく知りたい方は大人からでも始められる!英語脳の作り方を解説!をご覧ください。

英語のリズムを意識しながら話す

音読をする際には英語のリズムを意識しながら話してください。初心者の方は「ふ〜ん、そうなんだ」と思ってもらえれば大丈夫です。

 

英語には英語のリズムがあります。日本語にも実はリズムがあります。このリズム(音の強弱やスピードの差)が掴めないと、リスニングが聞き取れない、ましてや英語を話しても全く理解してもらえない、ということが起こります。

 

では、具体的にどうやって英語のリズムを伸ばしていけばいいのか?答えは単純。CD付きのテキストを買ってひたすら真似てください。

 

言語を覚える際には、まずは真似からです。音を聞いて、真似をして発音してみましょう。最初は全然できないかもしれませんが、少しずつ出来るようになってきます。

場面を想像しながら話す

場面を想像しながら音読することによって、実践的なコミュニケーションにも役に立ちます。

 

実際の場面とは、例えば、

海外の友達と話している時

海外のクライアントに英語でプレゼンテーションをする時

交流パーティーで色んな人に話しかける時

など、何でも構いません。とにかく、自分の想像力を働かせて妄想しながら話してください。

 

実際の場を想定して音読をしていると、実際に英語でコミュニケーションを取るとなってもスムーズに会話を続けることが出来ます。

発音を意識しながら話す

発音を意識しながら話すことは本当に大切です。音読をする時に発音を意識していくだけで英語が話せるような筋肉がついてきます。

 

日本人が英語を発音出来ないのは、そもそも英語を発音する筋肉がない、ということもあります。

 

いくら英語が話せるようになる、聞けるようになったとしても、日本語発音(ジャングリッシュ)の英語だと、どこか締まりませんよね?(あと、やっぱりかっこよくない。笑)

 

音読をする際に、発音を意識しながら話すことで、ネイティブ並みの発音を手に入れましょう!

0から始める音読の練習ステップ

ここからは、音読の練習を始める際のステップをわかりやすく解説していきたいと思います。ここを読むだけでもすぐに実践出来るような内容になっているのでぜひ最後まで読んでみてください!

step1:まずは音読をする教材の文法/単語/訳のチェック

まずは、音読をする教材の単語の意味、文法、日本語訳、文構造をチェックします。ここはわかるまで徹底的にやってください。

 

辞書で調べても、ネットで調べてもいいので、まずは音読をする教材をしっかりと理解しましょう。使っている構文なども分かるようになるともう一段階上の音読が出来る様になります。

step2:チャンクリーディング

ここから音読に入っていくのですが、最初は無理せず、チャンクごとに分けて音読をしていきましょう。

 

チャンクとは「大きな塊」のことです。中学校や高校で意味を理解する時に/(スラッシュ)を入れませんでしたか?あれです。

 

最初は小さなチャンクに分けて読んでもいいので少しずつ自分のペースで行なっていきましょう。

 

チャンク例

Something is wrong with our TV these days. I will plan to buy a new one next Sunday.

という文章があったとします。

 

これをチャンク毎に分けると

Something is wrong  /  with our TV  /  these days. I will plan  /  to buy  /  a new one  /  next Sunday.

このようになります。

step3:1文を長くしていく

チャンク毎に分けて音読をしていると慣れてきます。ある程度慣れてきたらチャンクの長さを少しずつ長くしていきましょう。

 

1文をどんどん長くすることによって英語のリズムが身についてくるので、何回も何回も練習しましょう。

step4:最低5回は練習する

一通り音読をしたら終わり!ではありません。音読は何回も練習をすることによって意味が出てきます。

 

1つの文章を音読をする際は最低5回は音読しましょう。時間でいうと20~30分ぐらいの時間で大丈夫です。

 

そこまで長い時間をかけなくても、毎日欠かさず音読をすることで、英語の発音、スピーキング能力、リスニング能力が飛躍的にアップします。

【経験談】音読を1年続けたらこんなに変わりました

音読を続けた結果、どういう風に成長するのかって気になりますよね?

 

実際に私たちが運営している英会話スクールAitemの生徒さんに聞いてみました!

 

音読を1年続けた結果 

Mさん 22歳

 

音読を1年続けると、発音がネイティブと間違われるぐらい伸びました!ネイティブの人から「君はどこで育ったの?」と言われたことはすごく嬉しかったです。

 

ただ、最初は音読を上手くするのは難しかったです。CD付きのテキストを買って音読をしていたのですがネイティブの発音をすぐには真似出来なくて。。でも1日20分ぐらいの音読を続けていると、少しずつ出来るようになってきました。

 

音読をして一番良かったことは、日本語で考えなくなったことです。本当に2~3ヶ月ぐらいで日本語を一切考えず、意味を理解できる様になりました。

 

英語脳が出来たことによってスピーキングだけでなく、リスニング、リーディングもとても伸びました。

 

TOEICの点数も上がったので、本当にやって良かったなと思っています!英語の勉強法に迷ってる方はすぐにでも音読をやる癖をつけることをオススメします!

音読の練習に使える教材選びのポイント

音読をする際に、「教材は何を使えばいいですか?」と言われることがよくあります。ぶっちゃけて言うと「なんでもいい!」です。

 

ただ、1つだけ気をつけていただきたいのは、自分の英語レベルに合っているかどうかと言うことです。自分でも文章を読んで、理解できる、内容や単語レベルも合っていると感じるテキストであれば何でも構いません。

 

教材をもっと知りたい方は独学でもOK!英語のスピーキング練習方法を解説!の記事をご覧ください!

実践的な場で自分の英語力を試しませんか?

ここまで音読の勉強法について、解説してきました。ただ、実際に英語で会話をするとなると、相手のことを考えながら発言したり、自分の思っていることを伝えたりと、大変なことも多くあります。

 

英会話スクールAitemでは3~6時間、テキスト無し、フルアドリブのコミュニケーションに特化した英会話スクールを運営しています!

 

自宅学習をきちんとしているからこそ、アウトプットの場を作っていただきたい、と思っています。

 

ぜひ、英会話スクールで実践的な英語でのコミュニケーション能力を伸ばしませんか?

無料ガイダンスはこちら

 

Aitemのことをもっと知りたい!という方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!