I’m coming??日本人が間違えやすいGoとComeの 違い

 

今日は多くの日本人が間違えがちな

「Go」と「Come」の違いについて

記事を書いていこうと思います。

 

 

Goは行く
Comeは来る、でしょ??
何言ってんの?

 

 

と今思っているあなたは
必読です。

 

 

なんでそんなことを書くの?

 

 

今回この記事を書こうと思った理由は

日本人が英語を学習する時に陥りやすい

 

『英単語を日本語で覚える』

 

ということを矯正していきたいと

思ったからです。

 

 

「英単語を日本語で覚える?
 

それって普通のことじゃない?」

 

 

と、思っているあなたはこの記事を

最後まで読んで下さい。

 

 

英単語を日本語だけで覚えている

ようでは英語の成長がある一定の

所でストップしてしまいます。

 

 

丸暗記した英文法の問題などは

解けるかもしれませんが

 

 

海外の友人を作り

英語で話をすることなんて

絶対に出来ません。

 

 

ましてや、海外で生活をする、

外資系企業に勤めるなんて

もってのほか。

 

 

と、いうのも英語が話せる人や

バイリンガルの人は英単語を日本語訳にすら

していないから。

 

 

ではどうやって英単語を覚えるのか

 

 

自分も最初は英単語を日本語訳のまま

覚えていました。

 

 

単語帳に書いてある日本語を丸暗記。

このおかげもあってか英語のテストの点数は

悪くはありませんでした。

(テストの点だけですが・・・)

 

 

しかし、いつまでたっても海外の人と話せない

緊張して言葉がでない・・

という日々が続いていました。

 

 

そんな時に予備校の先生が

英単語は

 

『ネイティブのもっている
 

感覚で覚えるんだよ!』

 

ということを教えてくれました。

 

「ネイティブの持っている感覚??」

 

最初は意味が分からず

 

 

「ネイティブの持っている
 

感覚ってなんだよ!」

 

 

と、思いつつ授業を聞いていました。

 

 

ただ、言われた通り

英単語が持つイメージを理解しながら

英語を理解するようになってから

 

 

海外の人と会話をすることに

抵抗がなくなり、

自分の口から驚くほど

スラスラと英語が出てくるようになりました。

 

英語を話すのが楽しくなったんです。

 

 

英単語が持つイメージを理解しながら

話すことによって

 

毎回頭の中で日本語訳をすることがなくなり

英語で会話をしている時にイメージで頭の中に

情景が浮かぶようになりました。

 

 

しかも、自分が話したいことがある時も

その場ですっと英語がでてくるようになりました。

 

 

以前までは一つ一つ単語を

思い出して、文法通りに並べて
間違いがないか頭の中で確認し、

話していたのに、です。

 

 

このおかげで英語を話すスピード、

聞き取れるスピードが格段にあがりました。

 

 

では、具体的にどうやるのか?

 

 

そもそも、英単語のもつイメージを

理解するとはどういうことなのか?

ということです。

 

 

英単語には1つ1つ

その単語の持つイメージがあります。

 

 

簡単に言うと、

それを理解していくのです。

 

 

と、いっても分かってくれる人が

いないと思うので今日は間違いの多い

GoとComeの違いについて

書いていきたいと思います。

 

 

GoとComeの違い

 

 

あなたはGoとComeの違いを

完璧に理解できていますか?

 

そんなの簡単だよ!

 

Goは行く

Comeは来るでしょ?

 

 

と、思うかもしれません。

が!これは大きな間違いです!

 

 

ネイティブがよく使う言葉に

 

I’m coming.

 

という言葉があります。

 

これは今までの日本語訳で

行くと「わたしは来る」

という日本語になります。

 

 

しかし、ネイティブはこれを

今から行くよ!

という時に使うのです。

 

 

ここにGoとCome

の基本的なイメージが

隠れています。

 

GoとComeのイメージは

下の動画を見てみて下さい。

理解しやすいと思います。

 

 

これを別の例文でも理解していきましょう!

 

 

Come

 

 

(お母さんが子供に向かって)

M:Takashi!

Dinner is ready!

 

T: Yeah. I’m coming!

 

とよくI’m coming.

という言葉が使われます。

 

 

これは話の話題、言い換えると

話の目的がDinnerにあるので

Comeとなるのです。

 

 

例) Where do you come from?

これもよく使われる文章ですよね。

 

 

今いるところから

どこからきたの?

と、聞いている文章です。

 

一つ一つイメージしながら読んでみると

定着率もあがりますよ!

 

 

Go

 

Let’s go shopping!

 

これは今話している現在地点から離れる、

というイメージなのでネイティブはGoを

使います。

 

 

買い物にいく、という動作に目的に

近づくイメージはできないですよね?

今ある場所から離れる。

 

 

For here or to go?

(店内でお食べになりますか、

 それとも持ち帰りですか?)

 

 

これも同じです。

注文している場所で食べる(here)か

持ち帰りか(go)ということです。

 

 

この例文が一番Goのもつイメージを

理解しやすいと思います。

 

 

簡単な文章でもよく使う

ComeとGoですが

ネイティブの中では明確な

使い分けがあります。

 

 

常に考えるのは

「今の場所、話の目的に近づくのか

遠ざかるのか」

ということです。

 

 

まとめ

 

この記事を読んで少しでも

「イメージして覚える」

ということを理解してもらえると

嬉しいです。

 

 

また、この記事を読んでGoとCome

の違いがわかりましたか?

 

GoとComeはすごく基本的な動詞ですが

ネイティブは多用します。

 

 

僕が思うに、受験英語で使うような

難しい単語ではなく

 

 

それこそ

make、get、go、comeのような

基本動詞の使い方、イメージをしっかり

押さえた方が英語力向上には

確実に繋がります。

 

 

最初はイメージを理解するのが

大変かもしれませんが

1つ1つ例文に向き合い

しっかりと理解するようにしましょう!