全然出来ない

どうして出来ないの?!日本人が英語習得に手こずる理由

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

今現在、英語を勉強している人はどれくらいいるでしょうか?

 

そして、その勉強している人のうち、

英語に伸び悩んでいたり、苦手意識を持ってしまっている人

 

どれくらいいるでしょうか?

 

 

とても大変ですよね。

私ももともと大嫌いでした。笑

 

なぜ、こんなにもうまくいかないものなのでしょうか?

 

その理由を今回はお伝えできたらと思います。

 

 

 

 

なぜ、出来ないのか?

 

 

 

先ほど書きましたが、

どうしてこんなにも英語が難しく感じるのでしょうか?

 

まず、大前提に日本と英語は違いすぎる。と言うことが挙げられます。

 

英語のネイティブスピーカーはが知識ゼロの状態から日本語を習得するまでに

 

 

約2,200時間

 

 

これだけの時間を要すると言われています。

 

英語ネイティブスピーカーと同じように

日本人にとっても英語は超難関言語のひとつではあるのです。

 

それはそうですよね、アルファベットにも馴染みはありませんし、

文法も真逆です。

 

 

何よりも違うのは発音じゃないかなって感じています。

 

例えば、

 

日本語の母音は「あ・い・う・え・お」の5種類

一方で英語は24種類あると言われています。

 

子音もそうです。

日本語では16種類ですが、

英語はこれもまた24種類あります。

 

発音できない音は聞き取ることが出来ない。

というのはよく聞きますよね。

 

そのため、いくら練習してもうまく話せない

理解がなかなか出来ないと言うのはこれが理由だったりします。

 

 

 

 

どうしたらいいのか?

 

 

 

だからと言って、諦めるのでしょうか?

 

そんなのは嫌ですよね。

 

だから、一度、これらの事実を認識して受け入れましょう。

まずはそこからがスタートです。

 

 

実際に学習方法を見直す必要があります。

 

今までの中高の学習の仕方ではよくありません。

それは今まで勉強してきていてよく分かっていることだと思います。

 

さらに6年間勉強していても、

英語の授業時間はおよそ790時間だと言われています。

 

 

そもそも日本語と英語が真逆の位置にいるにも関わらず、

2,200時間にすら遠く及びません。

 

まずはとにかく英語に触れていく時間を増やしていくことは本当に大切になります。

 

そのため、どんどん外に出て、

いろいろな人と関わり、コミュニティやイベントに顔を出してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

最後に

 

 

 

どうでしたか?

 

もしかしたら既知の情報のあったかも知れませんが、

頭の片隅に入れておくだけでもいいですし、

 

英語が苦手な人は、

どうして出来ないのかがよく分かったと思います。

 

難しくて当たり前

 

 

そう思ってみてはどうでしょうか?

 

そうすると今出来ないことも少し許せるのではないでしょうか?

かといって、これで、

 

「だったら仕方ない、諦めよう」

 

ではなく、

じゃどうしたらいいのか?と

少しでも前向きに受け取ってもらえたら嬉しいです。