日本人が英語を話せない3つの理由

 

こんばんは!

Aitemの中の人です!

 

 

今日は日本人が英語を話せない3つの理由、というのをブログで

まとめてみました。

 

 

・毎日英語を勉強しているのにいつまでたっても話せない

・このまま英語を勉強しても英語を話せるようになるかわからない

 

 

そんなあなたは必見です!

 

 

そもそも話すための授業がない

 

意外とこの事実に気づいていない日本人は多いです。

「英語をこんなに勉強したのに・・・」

「ここまで毎日やっているのに」

と思っているあなたは危ないです。

 

1回立ち止まって考えてみましょう。

 

「それは何の勉強ですか??」

 

日本人は英語を話す勉強をせず、リーディングやライティングの

勉強しかしていません。

 

 

まずは英語を話す環境を作りましょう。

 

 

オススメのスピーキング環境

 

まず1つ目は安定の英会話スクールです。

やはり、講師がいる状態で英語を話せるのと話せないのとでは全然違います。

 

どうしても友達同士での会話だと文法が間違っていたとしてもそのままにしがちです。

 

それを逐一訂正してくれるのは英会話スクールならではです。

 

 

次も英会話なのですが、オンライン英会話です。

オンライン英会話は安くてどこでも出来ます。

 

1回の授業時間は短いですが、英語になれる環境を作る意味では

とてもオススメです。

 

 

完璧主義になりがち

 

これも日本人を悩ませる大きな問題の1つです。

 

日本人は間違ったら減点!という教育を受けてきたため

間違った英語で人と話してしまうと恥ずかしい、という感情が先に出てきてしまいます。

 

 

こうなってくると語学は全く伸びません。

間違っても良いからまずは言葉として相手に伝えていく!

この繰り返しが英語を上達にする唯一の手段です。

 

 

まずは勇気を持って英語を話す訓練をしてみましょう!

 

 

英語をそもそも使う必要性がない

 

こう言われると、確かにそうだな、

と思う人も多いのではないでしょうか?

 

 

人はやはり必要性にかられないと動けない動物です。

明日英語が話せないと死ぬ!!

となると、どうにかしてジェスチャーも交えながら英語を話そうとするはずです。

 

 

ただ、今の日本人は海外の人と話すと言っても挨拶程度、

仕事で使うと言っても限られた人ばかり。

 

 

こんな状態だと英語が本当に必要なんだ!

と思う機会も少ないはずです。

 

 

だからこそ今やるべきことは自分から英語を話す環境作りをすること。

見つけようとすると必ずあります!

 

 

ぜひ環境に飛び込んでみてください!