無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

思考するって最高!

AitemトークLIVE 2018年8月17日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

皆さんこんにちは!!

Aitemのスタッフをさせていただいている

イ スンミンです!!

 

 

 

 

 

 

今回は、代表講座という

月に1回開かれている日本語ディスカッション会に参加して

感じたことを伝えさせていただきます!!

 

 

 

 

 

かなり長くなってしまったので、

前半と後半に分けて

アップしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

さて、皆さんディスカッションと聞いて

どういうイメージを抱いていますか?

 

 

 

 

 

 

 

きっと、

 

「自分の意見を発表する場」

「討論する場」

「何か一つの答えについてみんなで考える場」

 

というイメージを抱き、

 

 

 

 

 

 

 

「僕は自分の考えを発するのが苦手だからやりたくない」、

「私の意見を言ってもきっと聞いてもらえない」、

「間違えたらどうしよう」

 

 

 

 

 

などとナーバスな意見が多く

出てくるのではないでしょうか?

 

 

 

 

僕自身もそう思ってしまうタイプでした。

 

 

 

 

 

小学校高学年までは、

みんなの前で発表するのが好きで、

わりと授業中に発表する方でした。

 

 

 

 

 

 

しかし、ある日の授業で発表した時、

全く見当違いの発言をしたみたいで、

 

 

 

 

先生から「は?」と言われ

クラスのみんなから笑われてしまいました。

 

 

 

 

 

 

その経験から、みんなの前で発表する、

発言するのが恥ずかしいと感じるようになり、

そうしていくうちに考えることさえも

しなくなっていってしまいました。

 

 

 

 

 

皆さんの中にもそういう経験から、

自分の意見を発言することを

避けている人も多いかと思います。

 

 

 

 

 

 

日本の学校では、「全然間違ってもいいから」

などといいながら

 

 

 

 

 

 

 

先生が用意した

既存の答えと違う回答を生徒がしたら、

間違っていると指摘されてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

だから、子供たちはどんどん

発言することを恐れ、

より受動的であろうと努めるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ましてや、日本の学校教育では

生徒の良し悪しを図るのは

テストの点数しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

想像力豊かな発想を持っているが

座学はどうしても苦手な子が、

頭の悪い子・できない子と判断されてしまい、

 

 

 

 

 

 

 

将来優秀な人材になれたはずの

子供たちの翼が折られるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座学など今の時代、インターネットで検索すれば、

人の脳みそ以上の情報量を与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

正直、学歴なんて一切必要ないと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、何が必要かっていうと!

 

 

 

 

 

 

「ソウゾウ力(想像・創造)=思考する力、

コミュニケーション力」だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

これからの時代IoTやAIなどの技術が発展し、

ロボットが仕事をこなすような時代が

来る(現に少しずつ来ている)はずです。

 

 

 

 

 

 

 

そうなってきたとき、

今の時代以上に目を向けられるのが、

人としての能力であると僕は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

受動的な仕事などロボットのほうが

出来るに決まっています。

 

 

 

 

 

 

しかし、

人間にできてロボットにできないことがあると僕は思います。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん思い浮かびますか?

 

 

 

 

 

 

 

それは先ほども言いましたが

 

 

 

 

 

 

「ソウゾウ(想像・創造)すること

(思考することと同義だと思っています)、

 コミュニケーションをすること」

だと僕は強く思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今の日本教育はそういった

人間特有の力を伸ばす機会を

どんどん奪っているように思えてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

それに気づかないまま、

積極的に受動的な不完全なる

ロボット人間になっていってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

学歴などのステータスのみで就職し、

そういった人たちが社会に蔓延してしまっているのです。

 

 

 

 

 

 

このままでは日本が本気で危ないと

真剣に考えるようになった時に、出会ったのがここ「Aitem」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、Aitemに携わりたいと思ったきっかけが、

この「代表講座」です。

 

 

 

 

では、「代表講座とは?」

 

 

 

この講座はディスカッションの題材を

その場で伝えられるんです。

 

 

 

 

 

「え?そしたら予習する時間ないじゃん」

 

 

 

 

と思うかもしれませんが、

 

 

 

 

 

前もって題材が与えられているディスカッションに

参加することはなんの意味もなさないと

僕は考えています。

 

 

 

 

 

なぜかというと、

前もって題材を与えられると

きっとみんな予習をします。

 

 

 

 

 

そうして行われたディスカッションは、

予習をするために見た文献やサイトなどで

インプットした情報をただ口で

音に出しているだけだと思います。

 

 

 

 

 

結局はインプットした情報量の

発表会みたいなものになってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

自分で思考し、発言することにこそ

ディスカッションの意味はあると僕は感じています。

 

 

 

 

 

 

そして、「自ら思考し、発言する」

という力は、

 

 

 

 

 

今の日本人の大多数には

備わっていない力だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、こういった力を伸ばせる場が

今の日本には必要であると断言させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、大多数の日本人は

この力が必要だと気づいていないのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、気づいていたとしても

「恥ずかしい」「みんながそうだから」

などといった意見に飲み込まれて

しまっているのではありませんか?

 

 

 

 

 

 

僕自身そういった時期があったので、

とてもよくわかりますし、

仕方がないことではあります。

 

 

 

 

 

 

ここには、

 

 

 

少数派でみんなと違うような人達のことを

無理やり同じくくりに入れてしまおう、

 

 

 

 

 

 

 

または、あいつは違う、

間違っているというように

のけ者にしようとしてしまおう、

という考え方が蔓延してしまっているせいでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

僕は、生まれも育ちも日本でありながら

国籍は韓国(両親が韓国人であることから)で、

 

 

名前がイ スンミンという一般の日本人とは

違う名前を持っていました。

 

 

 

 

 

 

 

だから、小さいころから名前をバカにされ、

韓国人であるという事をからかわれていました。

 

 

 

 

 

 

そういったことから、

自分が韓国人であるということがとても嫌で、

今でもなかなか自分の名前、

 

 

 

 

 

バックグラウンドの話をする時に

まだ抵抗があります。

 

 

 

 

 

 

 

また、僕はわりと思ったことをすぐ相手に

いってしまうという性格でした。

 

 

 

 

 

 

 

その為、たびたび人を泣かしてしまうことが

小さいころによくあり、

先生からはいつも自分の思ったことは

すぐ口にしてはいけないという怒られ方をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aitemでは、

 

「目の前の人、周りの人から愛そう」

 

という理念を掲げ、

 

 

 

 

 

 

「違ってもいい」

「みんなと同じじゃなくていい」

 

 

 

 

という思考を徹底しています。

 

 

 

 

 

 

 

だから、自分と違う意見を持った人のことを異とせず、

心から受け入れようとします。

 

 

 

 

 

その空気感が、発言する側に伝染するので

発言すること、違う意見をいうことを

恥ずかしいと感じることがありません。

 

 

 

 

こうなってくると、

 

 

 

 

 

 

「この人の考えが知りたいからどんどん聞きたい、

 聞いてくれるからどんどん発言したい」

 

 

 

 

という幸せのサイクルが起きるのです。

 

 

 

 

なぜこのサイクルが生み出せるのかというと、

 

 

「目の前の人、周りの人から愛そう」

 

 

という空気感をAitemに携わる全員(ゆきさん、スタッフ、生徒)

で作っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

そういう空気感の中で思考し、

発言できる場なんて

日本にはAitemしか無いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ伝えたいことは書き足りないですが、

これ以上書くと読むのが疲れてしまうと思うので

ここら辺で終わりとさせていただきますね。(笑)

 

 

 

 

 

 

あまり上手な言葉で伝えることは

できなかったかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

ひとついえるのは、

今なにかやろうとして迷っている方、

今すぐ一歩を踏み出して始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「やらずに後悔より、やって後悔」

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

僕は最近それを強く実感しました。

そして、出来るかできないかではなく、

「やってやる」という

強い気持ちをいかに持てるかが大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aitemでは、一歩踏み出したい方、

自分を変えたい方の夢を最大限引き上げ、

全力で後押しすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

ここは強く強く断言させてください。

皆さん、Aitemで待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

将来Aitemという文字が、

辞書にのる日が来ることを僕は信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!