脳から考える

脳から考える?!英語を今やるべき理由

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

脳から考える?!

 

なんてかっこいいことを書いていますが、これから書くことは

意外とごくごく当たり前のことです。

 

しかし、意外にも皆さん忘れがちになってしまいます。

 

むしろ、選択する際には頭になかった、そんなことも多々あるかと思います。

 

しかし、

 

より良い選択をしていきたいですよね?

 

これだけはどんな人も共通していることなんじゃないかなって思います。

 

では、なぜ今なのか、お話していきたいと思います。

 

 

 

 

実際に話せる人ってどれくらいいるの?

 

 

 

実際に話せたらどうなるのでしょうか?

 

現在、日本では英語を話せたら非常に市場価値としては大きいです。

 

なので、もちろんお給料も弾んできます。

 

 

しかし、そしたらみんな英語勉強するだろうし、

そうなったら価値ってどうなの?

 

これが率直な意見な方も多いかと思います。

 

そもそも英語をしっかりと話せる人ってどれくらいいるのでしょうか?

 

 

日本人の人口は1億2000万人と言われています。

 

その中の15%

1800万人しかしっかりと英語を話すことが出来ないと言われています。

 

たったの15%です。

 

 

ちなみに74%の人は単語を頑張って繋ぎ合わせながら、、

 

など全然使えるレベルには達していないと言われています。

 

 

これ、勉強しない理由があるでしょうか?

 

得しかないですし、話せるようになった時の恩恵の大きさは尋常じゃないです。

 

 

 

 

いつ頃に学べば良いの?

 

 

 

じゃいつから勉強を始めたら良いの?

 

という話です。

 

 

極論、「今」です。

 

これだけは間違いないですし、揺るがないものです。

 

確実にやろうと思った今、やるべきなのです。

 

しかし、そう言って勉強を始める人は残念ながらほとんどいません。

 

 

やっぱり勉強は嫌いです。

 

そういう人が多いです。

 

しかし、脳科学的にも

 

脳の情報を入力する機能は20代までと言われています。

 

30.40.50代と続いていきますが、

 

これは20代の時の在り方で大きく変わっていきます。

 

 

それくらい20代って本当に大切な時期なのです。

 

だからこそ、学生や若いうちに英語というものに向き合ってみて欲しいんです。

 

きっとそうすることであなたの10年後、20年後は大きく変わってきます。

 

これは間違いないです。

 

 

 

 

後悔したいかどうか

 

 

 

皆さんは後悔に対してどういう考えを持っていますか?

 

嫌ですか?

それとも喜んで受け入れますか?

 

大半の人が嫌だと思います。後悔なんてしたくないはずです。

 

自分が後悔しない

自分を好きでいられる

 

そんな選択をとることが大切です。

 

 

皆さんもこれを機に是非、英語と向き合ってみてはいかがでしょうか?