だから英語が話せない?日本人の英語が話せない理由

 

 

こんにちは!

Aitemの中の人です!

 

 

 

今日は日本人が英語が話せない理由をいくつかの

ポイントに分けてブログに書いていきたいと思います。

 

 

中学校、高校、大学とあんなに英語を勉強してきたはずなのに

英語が話せない人がたくさんいます。

 

 

その理由はなんなのでしょうか?

 

 

正しい英語を話そうとしている

 

日本人のほとんどは正しい英語を話さないといけない

症候群に陥っています。

 

 

なぜかというと、今までの学校教育では間違ってないこと、

正しいことで点数が取れていたから。

 

 

確かに、正確な文法で話す、ということは

とても大切です。

 

 

ただ、日本人の多くは過剰に文法や、正確性を重視しすぎていて

言葉すら発さない、という人がたくさんいます。

 

 

言葉を発さないとそもそもコミュニケーション自体が

取れません。

 

 

英語はあくまでツールだということを忘れないように

してください。

 

 

意見がない

 

 

これは海外の人からよく聞く話なのですが

「日本人って何も自分の意見がないよね?」

「何を考えて生きているの?」

と、いう声をたくさん頂きます。

 

 

そうなんです、日本人は

「あなたはどう思うの?」

という質問に対して答えられないことが多いので

結果として英語も話せない、となるのです。

 

 

そうなってくると、英語以外でも意見がない人は

コミュニケーションを取ることが出来ません。

 

 

海外の人は、自分はこう思う、

なぜあなたはそう思うの?

 

 

という議論を毎日のようにしています。

 

 

日本人は、議論をすることはケンカををしている、

あまり良くないこと、だと思っています。

 

 

ただ、海外の人は自分をわかってほしい、相手を

理解したいという意味で議論をします。

 

 

フランクに相手を理解したいという思いで

ディスカッション、ディベートをしてみてください。

 

 

最後は勇気!

 

 

最後は勇気です。

これ、本当です。

 

 

ヨーロッパの国の人たちは陸続きなので

自分たちの国以外の人が隣に住んでいる、というのが

日常です。

 

 

海外の人に対しての抵抗も特にありません。

 

 

ただ、日本人は島国なので日本人以外の国の人をみると

どうしても、緊張してしまう、何を話したらいいのかわからない、

など、話すこと自体が出来なくなってしまう人もいます。

 

 

最後は勇気です!

話しかけて、伝わらなかったとしてもわかろうと

聞いてくれる優しい人もたくさんいます。

 

 

ぜひ積極的に話しかけてみてください!

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

おそらく最低1つは心当たりがあることも

あるのではないでしょうか?

 

 

最後は勇気!

明日から実践してみましょう!