世界の夏祭り!個人的おすすめ4選!

世界のお祭り?知らないよ!!

 

こんにちは!

 

梅雨によるジメジメが続きますね…涙

 

個人的には早くカラッと晴れて日差しの眩しい夏が来て欲しいものです。汗

 

 

 

つい先日に近所の神社で行われていたお祭り?

のような催し物があったので思わず参加。

 

 

近づくにつれて屋台から漂ってくる香りに全力で夏を感じました。笑

 

せっかくの夏ですもんね、

他にも花火大会に盆踊りなどイベントがたくさんですよね!

 

 

 

日本だけではありません!

海外にもたくさんのお祭りがあります!

 

 

ということで今回は

 

世界中のお祭り

 

ユニークで賑やかなものから落ち着いたものまで

紹介できたらなと思います!

 

 

 

ラ・トマティーナ

 

 

 

名前から想像できそうですね!

 

「トマト祭り」と呼ばれています。

 

これは毎年8月の最終水曜日にスペイン東部にある

ブニュールという街で行われています。

 

 

 

トマト祭り?!

 

 

そうですよね、僕も思いました。笑

 

この祭り、なんと100トン(?!)にも及ぶ量のトマトを

ひたすら参加者同士で投げつけあうんです。

 

 

しかもこれが、しっかり痛いようで、怪我に繋がりかねないのだとか…汗

投げる前にトマトを軽くつぶして投げるのがマナーなのです。

 

もちろんお祭りは大盛り上がり、勢いで服を破る人も少なくありません。

お気に入りの服ではなく、

捨ててもいいような水着での参加が望ましいかもしれないですね!

 

トマティーナ

 

もう祭りではなく戦争ですね、これは。笑

 

 

 

そもそもなんでトマトを?と思いますよね!

 

しかし、起源ははっきりと分かっておらず、

有力な説としては、野菜を売る屋台の前で喧嘩が始まり、

その店先にあったトマトを投げつけあった、ということです。

 

 

 

ひょんなことからこのようお祭りへと発展するものなんですね!

 

 

 

ポリョン泥祭り

 

 

 

女性とかは聞いたことある人もいるのではないでしょうか??

 

 

「全身で楽しんでキレイになれる泥祭り」

 

 

 

として有名です。

 

というのも、このポリョン(保寧)、泥の産地として有名なんです。

 

そこで取れる泥は非常に良質で、有名な死海の泥以上に天然ミネラルを豊富に含み、

美容や健康に抜群の効果を発揮すると言われています!!

 

 

 

…効果バツグンです!!

 

 

大事なことなので2回言いました。笑

 

 

気になる日時や会場ですが、

これは毎年変わるため、現地のホームページで最新の情報を手に入れる必要があります。

基本的には7月の中旬の開催が多いみたいです!

 

 

面白さや、美肌になれるということで歴史は浅いながらも

韓国で最も開国人観光客が訪れる祭りへと成長しました。

 

ポリョン

 

実際にイベントのコンテンツとしては、

泥マッサージ、泥スライダーなどアクティブなものから泥工芸など

様々なものが勢ぞろいになっています!

 

 

 

これは楽しみながらキレイになれそうですよね!!

 

僕も行ってみたくて仕方ありません。

 

 

 

バーニングマン

 

 

 

世界最大奇祭とも言われる(??)のが、

このバーニングマン。

 

 

 

…とにかく規模がすごいんです。

 

まず、参加者は数万人まで及びます。参加者は1週間、

アメリカネバダ州の砂漠で祭りを楽しむのですが、

砂漠ということもあり移動は車。そのため特に混み合っている訳でもありません。

バーニングマン会場

 

すでに規模が大きいですよね。笑

 

そして驚くところはこれからで、なんと基本的にコンテンツは決まってないのです!

 

 

 

「!?!?」

 

何言ってんだろ?となりますよね笑

そもそものスタンスが違うのです。

 

 

「NO SPECTETER(傍観者であるな)」

 

 

これが合言葉で、何かと言うと

「何やってもいい!なんでもやっちゃおうぜ!」

という具合なのです。

 

 

想像してみてください。

案外これが難しかったりするのです。笑

 

オブジェを作る人やバーを出す人、

本当に個性溢れた表現をすることになります。

 

 

 

そして最終日と最終前日に祭りのメインシンボルを盛大に燃やし、

その様子を参加者で囲んで見守る、

そうして怒涛の1週間が幕を閉じるのです。

バーニングマン

 

 

とても気になりますよね、

しかしこれ、チケットを取るのが本当に大変なんだとか。

 

8月下旬〜9月にかけて開催のようですが、

最初に販売されるチケットは1月でそれも1時間ほどで売り切れてしまうとのこと。

 

 

 

ミリタリー・タトゥー

 

 

 

タトゥー?!

 

 

違います。笑

実は入れ墨ではなく、軍隊の帰営ラッパを意味しているのです。

 

そんなミリタリー・タトゥーですが、

イギリスで最も古い城の1つであるエディンバラ城で

毎年8月に行われる夏の一大イベント。

 

これまでに紹介したものとは違い、華やかなショーや音楽隊によるパレードが展開されるお祭りです!

 

 

 

そんなお祭りの起源は第二次世界大戦の復興期に、

国民を元気づけるためにスコットランドとイングランドの連隊が

公演を行ったのがきっかけと言われています。

 

近年ではチャリティーの目的も併せ持ち

毎年約22万人が訪れる非常に大きなイベントになっています!

 

 

このお祭りの最大の見どころは何と言ってもバグパイプによる演奏です!

しかし、それだけではなく、イギリスと親交のある国の文化が集まるところも魅力の1つです。

 

アメリカや韓国、メキシコ、ニュージーランドなどの

各国の民族衣装や伝統的パフォーマンス、

城全体をスクリーンにしたプロジェクションマッピングなどのショーが繰り広げられるのです。

ミリタリー・タトゥー

 

異文化に触れることが好きな人や、世界の伝統に興味がある人は

非常に楽しめるパフォーマンスであることは間違いないです。

 

 

 

なによりデートにはもってこいですね!!

 

もちろんそうでなくてもオススメです!

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか??

 

国内のお祭りはすでに知っていて馴染みのものが多いかもしれませんが、

今回のように海外に目を向けると日本では信じられないような規模であったり、

内容がたくさんだったかと思います。

 

 

今回は夏の時期に限った紹介でしたが、

世界にはまだまだユニークなお祭りがたくさんあります。

 

 

 

いつもの旅行の時期を少し変更して観光だけでなく、

お祭りに参加し、楽しんでみる、

 

なんていうのもいいかもしれません!