あっという間の学生、何をする?

何しよっかな

こんばんは!

 

 

さてさて、今日も書いていきたいと思います!

内容は決まっていません!

 

 

 

あ、今みなさんは何歳ですか?

何年生ですか?

 

 

学生生活ってあっという間でしたよね。

大学入るまでは

 

高校よりもう一年長くて時間めっちゃあるんでしょ?

最高やん!!

 

 

そう思っていましたが、今振り返ってみると全然そんなことはありません。

実感している人もいるでしょう、

 

 

 

めちゃくちゃ早いです。汗

 

 

この限りある時間をどのようにして活かしていくかが

大切ですよね。

 

世間では

 

「大学生は人生の夏休み」

 

と言う人が多いですよね。

 

 

 

僕はまさにその典型でした。

 

というよりも何をしたらいいのか分からなかったです。

 

 

学部の勉強は好きだがやりたいことではないと気づき、

何か資格取ろうと手を付けてみたが続かず、

英語に関しては

「え、ここ日本なんだけど?!」

という始末。

 

世間知らずにもほどがありますよね

 

 

というよりも逃げていました。

 

田舎から上京し、あまりの外国人の多さに驚き、

グローバル化って本当なんだな…

と思っていました。

 

しかし何よりも苦手な英語…

 

やらなくてはいけないのは分かっていました。

出来るようになったらどれだけ良いことか…

 

 

でもやっぱり勉強はめんどくさいし、

英語大嫌い!

 

 

ということで、

 

当時の僕は即決で楽しい方を取りました。

 

 

しかし、ずっと遊びながらも

 

「このままでいいのだろうか。」

 

 

この不安がいつまでも付き纏いました。

 

 

 

そして迎えた就活

 

 

初めて行ったインターンで早速

 

どれだけ自分がサボってきたのか、

何も考えてこなかったのか、

 

を実感しました。

 

 

そうなってくると面接などでも学生時代のエピソードがないんですよね。

 

ここではよく、

 

留学行ってました!とか

サー長やってました!とか

学生団体を立ち上げて…とか

 

こういうのが強いんじゃないか?と思いがちですよね。

こういうことを遊んでないでやっておけばいいんじゃないか?と思いますよね。

 

 

 

そうじゃないんです。

 

この時間のある学生の時だからこそ、

 

 

自分の思いを大切にすること

思考すること

苦手なものや自身に向き合い、挑戦すること

 

これらの経験をとにかく重ねて欲しいです。

 

 

すると必ずどこかで活きてきますし、

いざとなった時の自信へとつながります。

 

 

しかし、遊びももちろん大切です。

その中でしか学べないこともたくさんあります。

 

 

 

そのバランスをしっかりとメリハリを持ってとるのが良いなと思います。

 

ダラダラと過ごし、

バイトして遊びまくりがちな大学生活

 

 

ここで他の人と大きく差を付けていきましょう!!