fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

英語が将来必要な理由10選と今後必要な力とは?

英会話 2021年10月21日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

日本に暮らす私達にとって「今後英語は必要不可欠なスキルなのか?」という議論がなされています。

 

最近では機械翻訳の技術も日々進化しており、旅行くらいなら英語が全く使えなくても問題なく過ごせるようになってきました。

 

現在では、新型コロナウイルスの拡大に伴い、海外へ旅行や出張に行く機会も減り、より英語を使う機会が無くなってきています。

 

このような状況下で、今後英語が必要不可欠なスキルであるのか気になりますよね。

 

今回の記事では

 

今後英語は必要であるのか

今後求められる力とはどのようなものなのか

 

ということについて、データも参照しながら書いていきたいと思います!

英語は今後必要なのか?

英語を日常的に使用しない日本人でも、英語力は必要なのでしょうか。

 

答えは、「YES」です。

 

なぜなら、グローバル化の進んだ現在、世界の共通語である英語ができることで広がる可能性があまりにも大きいからです。

 

逆に英語ができないと、日常生活で困ることはないかもしれませんが、自分の可能性や選択肢を狭めてしまうことになります。

英語が出来るメリット10選

 

では、英語ができると具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

早速、以下に10個のメリットを挙げていきます。

留学のチャンスを掴める

留学には一定の英語力の要件があることがほとんどです。

例えば、リスニングとリーディングだけでなく、ライティングとスピーキングも含めた総合的な英語力を測るIELTSやTOEFLのスコアを提出することが、留学先の学校や、国によっては学生ビザの申請に必須となります。

 

学校の難易度や希望するコースによって必要とされるスコアは異なりますが、スコアが高ければ高いほど、学校やコースの選択肢の幅が広がります。

 

また、海外留学のための奨学金についても、英語能力試験のスコアの要件があり、クリアできれば、返済不要で年間最大400万円もの支援が受けられる奨学金もあります(英語力以外の要件も満たす必要があります)。

 

英語力があれば、好きな学校に実質学費が無料で通うことができたりと、留学への可能性が広がるのです。

進学で有利になる

進学の際に、殆どの場合英語の試験が課されるため、英語ができると進学先の選択肢の幅が広がります。

 

例えば大学受験の際、英語の外部試験の成績によって合否判定の得点や内申点に加算されたりする大学もあります。

 

また、大学院に進学する際も、文系理系問わず英語の試験は必須の場合が多いです。というのも、大学院での研究では英語の文献を読んだり、英語の論文を書いたり、国際学会で発表したりと、英語とは切り離せないからです。

 

英語力があれば、進学の際にたくさんの選択肢の中から選ぶことができるのです。

英語で情報収集や学習ができる

日本語での情報より、英語で発信される情報のほうが圧倒的に多いので、情報収集や学習の幅が大いに広がります。

 

例えば、学術論文は主に英語で書かれます。なので、英語ができないと、論文を書く際に日本語で書かれた数少ない文献からしか、情報収集ができなくなってしまいます。

 

試しに「ドイツ語」について調べようと思ったとします。Googleで「ドイツ語」と「German language」で調べてみました。すると、「ドイツ語」では16,00万件であるの対し、「German language」では22億件ヒットしました。ドイツ語について知りたいと思ったとき、日本語と英語で13倍以上の情報量の差があるということになります。

 

また、自分で論文を執筆する際にも、英語で執筆をしなければ、世界に発信することはできません。研究者は英語で論文を書き、学会で英語で発表できなければ、研究内容がいかに優れていても相手にされることはありません。

 

さらに、2020年から全ての小学校で必修化されたプログラミング学習においても、英語力が必須となっています。なぜなら、プログラミングで使用する言語は英語が使用されているのに加え、プログラミングに関する情報の多くは英語で発信されるからです。

 

このように、英語ができなければ、得られる情報や発信できる母体が限られたものになってしまいますし、コンピューターを理解し、使いこなすこともできなくなってしまいます。

世界中の人と関われる

英語を使えると、世界中の人と関わることができます。なぜなら、英語は世界共通語の位置付けであり、英語を学習している人口は他の言語と比べて圧倒的に多いからです。

 

世界の英語学習者(English Language Learners、略してELLsとも言われる)の人口は15億人と言われています。それに加え、英語を第一言語として話す人は3億7千万人だと言われているので、合わせて18億人以上、すなわち世界の人口のおよそ4人に1人の人と英語でつながることができるのです。

 

私も英語学習者同士で交流ができるアプリをダウンロードしていますが、世界中のあらゆる国の出身の方がいて、英語学習者の幅の広さに驚いています。英語ができれば、会話ができる人が画期的に増えるのだと感じさせられます。

 

英語が話せれば、話せないときには決して出会うことのできなかった仲間と出会うことができるのです。

価値観が広がる

英語を学ぶことで、自分の価値観を広げることができます。なぜなら、他の言語を学ぶことで初めて、日本語や自分のことについて客観的に見ることができるからです。

 

日本語しか知らなければ「しとしと」「ぴちぴち」などの擬音語の面白さや、日本語の文法などの日本語に特有の特徴や、「もったいない」「木漏れ日」といった日本語ならではの表現などがあることを知ることはできません。

 

他の言語を学び、その言語との違いを知ることで、初めて日本語について相対的に見ることができるようになるのです。

 

また、英語で様々なバックグラウンドを持った沢山の人と会話をすることで、文化や考え方の違いを知ることができ、自分の価値観を広げることができます

 

英語を学ぶことで、自分の見地を広げることができると共に、自分のことをより知ることができるのです。

自己肯定感が高まる

英語を学ぶと、自己肯定感が高まります。なぜなら、語学は努力を裏切らず必ず結果がついてきますし、周囲からも一目置かれるからです。

 

英語学習はマラソンや編み物と一緒で、日々の努力がすぐに結果になるわけではありませんが、コツコツと続けていれば必ず前に進み、気がつくと大きな実力がついてきます

 

私は毎日、自分で英語を5分間喋り録音しています。昨日と今日での差はわかりませんが、3ヶ月前と今とだと明らかに上達が見えます。さらに、日々英語に触れるようにしていたら、自ずとテストの点数も上がり、目に見えた結果としても現れてきました。

 

努力の成果と成長を感じられるので「よく頑張った」と達成感と自己肯定感を感じることができます。

 

また、英語力は就職でも進学でも昇進のときでも、ずっと評価される対象となります。一つスキルとして持っておけば、自分のアピールポイントとして自信を持てますし、周りからも一目置かれることとなるでしょう。

海外旅行で困らない

海外旅行の際、英語さえできれば大体どこの国に行ってもコミュニケーションをとることができます。

 

先程、英語学習者は世界中の人口の4人に1人ほどという話をしました。そのため、英語圏でない国に行く際も、英語さえ話せれば誰かしらとコミュニケーションをとることができるのです。

 

最近では、英語が話せる前提で話しかけてくれる現地の人も多いです。私も旅の最中に、カフェの店員さんや、劇場やレストランで隣り合った人に英語で話しかけられて、会話を楽しむことがよくあります。

 

そういう人と人との交流こそが、旅の印象的な思い出となりますが、もし英語が話せないために現地の人と全く交流しないで終わってしまったら、旅の面白さも半減しますよね。

 

英語ができることで、旅をしたときに困ることもなく、旅の楽しさが2倍にも3倍にもなるのです。

最新情報を楽しめる

英語ができれば、最新情報をいち早く入手し、楽しむことができます。なぜなら、海外の情報を日本語に翻訳されるまで待っていたら時間がかかりますし、日本語に翻訳されるコンテンツも限定的だからです。

 

例えば、私は好きな洋楽のアーティストの情報を、その人の公式SNSアカウントから入手していますが、英語で発信されるために、英語が理解できればいち早く、生の声のまま情報を入手できます。日本語だと、ニュアンスが違っていたり翻訳されないこともあります。

 

また、英語学習においても、英語で英語を学ぶコンテンツがたくさんありますし、英語圏の人に学習の悩みを直接聞くこともできます。英語ができれば、英語学習の幅もどんどん広がります。

 

英語ができることで、英語のコンテンツやニュースをそのまま理解することができるので、より多くの公平な情報をよりスピーディに入手できるのです。

キャリアの幅が広がる

英語ができれば、世界中のどこでも誰とでもコミュニケーションが図れるので、海外転勤のある職種や海外と取引先のある企業などもキャリアの選択肢に入れることができます。

 

最近では海外と関わりが全く無い企業は少なくなっています。そんな中、英語ができれば様々な職種やポストに応募できますよね。

 

また、海外で働く場合、滞在するためのビザの手続きなども、英語でしか情報が無いことのほうが多いです

英語ができれば、時間も節約できますし、海外でのチャレンジの機会に、自分で情報を入手して積極的に立候補することもできます。

 

英語ができると、新たなキャリアが開けるのです。

趣味の幅が広がる

英語ができると、「読める本」「観られる映画」「聴ける音楽」「行ける国」など、色々な分野においてできることが広がります。

 

日本語しかできなければ、選択肢は「日本国内のもの」もしくは「日本語に翻訳されているもの」などに限定されてしまいます。しかし、英語ができれば、日本のものに加えて英語のものが加わり、より多様な選択肢の中から楽しむことができるのです。

 

私はまだ日本語訳がされていない英語の本を読んだり、日本語字幕のない好きな海外アーティストのインタビューをYouTubeで観たりできるので、英語ができることで趣味が豊かになっています。

 

海外の同じ趣味の人と英語で交流できるのも楽しいです。

 

英語ができれば、今持っている趣味もより深く楽しむことができます

今後求められる力とは?

英語力があれば、たくさんのメリットがあることがわかりましたが、実際、今後求められる力とはどのようなものなのでしょうか。

 

グローバル化が進み、環境問題や経済問題など、一国で解決のできない問題がたくさん出てきています。また、5Gの普及やAIの発達など、テクノロジーも目まぐるしいスピードで進化しています。

 

そんな社会で生き残っていくために必要なスキルは、『変化や多様性に「柔軟」かつ「迅速に」対応し、問題を解決していく能力』といえるでしょう。

 

そのために必須なスキルとして、コミュニケーションスキルが挙げられます。なぜなら、コミュニケーションをとることでしか、たくさんの当事者が関わってくる問題を円滑に解決することができないからです。

 

また現在では、AIや機械化が進み、人間のしている仕事が機械に取って代わられる分野も出てきました。その中で、相手の気持ちを汲み取ったり、柔軟な発想を積極的に発信したりするコミュニケーションスキルについては、機械化が進んでも、人間にしかできない分野と言えるでしょう。

 

さらに、グローバル化が進んでいる現在、多様なバックグラウンドを持った海外の取引先や顧客との関わりは避けて通れません。同じ職場で、違う文化や土地の人と同僚として働くことも一般的になってきています。

 

そんな中で、英語は当たり前に使いこなした上で、人種や文化の多様性を理解し、様々なバックグラウンドの人と柔軟な発想で円滑にコミュニケーションを行うことができる人材が求められています。

学ぶスキルとしては一番費用対効果が高い!

グローバル化が進んだ社会で求められるコミュニケーションスキルの最も基本的なものとして、英語力は当たり前に無くてはならない能力ということがわかりました。

 

英語ができなければ、そもそも多様なバックグラウンドを持った人とコミュニケーションをとるためのツールを持っていないことになってしまうからです。

 

そのため、英語力は今後どんな分野においても必ず重宝されるスキルとなっていきます

 

そんな英語の学習は専門知識なども要らず「誰でも」「今すぐにでも」始めることができ、コツコツと積み上げれば必ず結果がついてきます。

 

しかも、一度身につけてしまえば、一生使えるスキルとなりますので、費用対効果も非常に高いと言えます。

英語のコミュニケーション能力を身に着けませんか?

グローバル化の進んだ現在求められるスキルは、英語力に加えて、国際的な感覚を持って多様なバックグラウンドを持った人と円滑にコミュニケーションを行う力であることがわかりました。

 

語学としての英語力はもちろんのこと、柔軟な発想や問題解決能力、国際感覚に基づいたコミュニケーション能力がなければ、英語力は宝の持ち腐れになってしまいます。

 

Aitemでは、3~6時間の長時間で英語力を伸ばしながら、答えのないテーマで即興ディスカッションやディベートをすることで、コミュニケーション能力や思考力も伸ばしています。英語で会話するために必要な能力を、一度に全て伸ばせるカリキュラムです

 

英語をもっと話したい!今ある知識を実用的なものにしたい!という方は、ぜひ無料ガイダンスにお越しください!

無料ガイダンスはこちら

Aitemのことをもっと知りたい方はこちら

Aitemってどういうスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!