早起きが苦手な人必見?!寝坊ばかりの僕の克服の方法とは?

まただ…

睡眠から冷めること

 

皆さんどんなイメージを持ちますか?

 

 

辛い、きつい

起きたくない

二度寝が最高

 

誰しも思ったことのある感情ではないでしょうか?笑

特に冬!!

絶対に布団から出たくないですよね。汗

 

 

でも朝しっかり起きなければいけない。

 

ですよね、

学校も会社もありますし、

双方ともそうダラダラと待ってはくれません。

 

 

僕も大学の頃は何度もなんども

数え切れないほど寝坊をして授業をサボっていました。

 

 

皆さんも何度かは経験したことがある方も

少なくはないでしょう。

 

 

しかし、そんな僕でも

 

バチッ!!!

 

っと目が覚め、継続できるようになったんです!

 

 

方法の合う合わないはあるかと思いますが

当時の自分のことも含めて、お話しできたらと思います!

 

 

 

 

懲りず寝坊をし続けた

 

 

 

いや〜

 

なんか勇者のような見出しつけてしまいましたけど…

 

 

本当によく寝坊していましたね。。笑

本当にごめんなさいでした。笑

 

どうしてこんなにも寝坊をしてしまうのでしょうか?

もちろん反省はしていたのです。

 

 

 

「本当は反省していないんじゃないの?」

「どうしてそんなに寝坊してしまうの?」

 

何度も言われ、叱られました。

 

 

当時はどうしても知らないうちに寝落ち、

気づいたら朝、遅刻。

 

 

「嗚呼…」

 

これの連続でした。笑

 

 

呆れるほどに学習能力がないですよね、

もう少し、何かできることがあるはずですよね?

 

 

しかし、

この僕の学習能力のなさや

毎日呑気に生活を送っているせいで

 

多くの人に迷惑をかけ、

信用を失いました。

 

 

よく、

 

日本人は時間に追われすぎだ

それが嫌だ、もっと自由にしたい

 

 

みたいなの流行ってますよね!

まぁイマドキですよね。

 

 

分からなくはないですが、

そう言っている人ほど

 

自由とか自立とか

時間だ個性だ、など

 

 

意味をはき違えているんじゃないかなって思います。笑

それもあり、とにかく悪いことをしているんだな、

と僕は認識することができていました。

 

とにかく

これは直さなくては…と思いながら、

 

ある日から朝活してみよう!

まずは掃除からしたい!

 

と思ったのが改善の始まりでした。

 

 

 

 

どうやって直したのか

 

 

 

掃除したい!

 

からどうなったのでしょうか?

 

 

簡単に言ったら、

 

スイッチの入れ方がわかった

 

ということですかね。

 

 

どういうことかというと、

 

掃除した時に、

自分の中のダラダラスイッチがOFFになったのです!

 

 

それを経験してしまったら

常にこういたい!って思えたんですよね。

 

 

 

正直、クセになります。

 

今までは起きることに対してネガティブなイメージでした。

 

しかし、

起きることでこれができる!これがしたい!

とポジティブなイメージになりました。

 

 

そうすると不思議と寝起きが辛くないんですよね…

 

 

 

これがすごく大切だなと思いました。

 

 

 

「起きたら何がしたいか!」

 

 

これを決めて実行してみるのがおすすめです!

 

なんでもいいんです。

でも自分が楽しめる、楽しい結果が得られるものがいいです!

 

 

すると起きることにネガティブなイメージが無くなりませんか?

僕はそこから寝坊は一回もしていません!

 

 

 

 

最後に

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

完全に自己流ですが効果ありました!

 

 

さらにいうと、

体って面白いんですよね、

 

毎日5.6時間の睡眠にしていると、

 

全くアラームをかけなくても5.6時間経てば目が覚めてしまうんです。

 

 

 

嘘だ!!!

 

って方も多いと思います。

 

しかし、実際に僕自身がその状態になっています。

無意識で朝の6時半ごろにはだいたい1回目が覚めます。

 

 

うまくできていますよね…

1回その習慣を作ってしまえばこっちのもんです!

 

 

寝起きが嫌じゃない。なんて感情

皆さんも諦め掛けていましたよね?笑

 

これを機にぜひいろいろな方法を試してみてほしいです!

 

 

僕の方法も参考になれば幸いです!笑