英語がわかるだけでは話せない!英語力の先にあるもの

 

こんばんは!

Aitemです!

 

 

今日は先日久しぶりに英語を話して感じたことを

ブログに書いていきたいと思います。

 

 

英語が理解できるだけではダメ!

 

 

これはどういうことかというと

英語はそもそもコミュニケーションのためのツールだ、

という意識を持って頂きたい、ということです。

 

 

多くの人は英語が出来るようになれば!

単語と文法を全部覚えたら自然と英語が出てくるようになる!

 

 

など、英語が理解できれば自然とコミュニケーションも取れると

思っている方がいます。

 

 

ただ、それは全く違います。

 

なぜなら日本語でも想像してみてください。

このブログを読んでくれてる人はおそらく日本語が

ペラペラだと思います。

 

 

ただ、急に10人の前でプレゼンテーションをしてくれ!

 

 

と、言われたらどうでしょう?

自信満々に出来るでしょうか?

 

 

 

おそらくできないと思います。

 

 

そうなんです、英語が理解できる、わかる

だけでは英会話はできないんです。

 

 

なぜなら、コミュニケーションだから。

 

 

そもそもコミュニケーションツールとして英語を

学ぶという認識を忘れがちですが絶対に忘れないようにしてください。

 

 

英語の点数が高いから話せるわけではない!

 

 

逆にいうとテストの点数が高いから英語が話せる訳では

ありません。

なぜならコミュニケーションだから。

これに尽きます。

 

 

ただ、英語アレルギーのある方はだいたい中学校〜高校の

英語の授業でひどい点数を取ってしまい、

「おれには英語なんて無理だ!!」

と、思ってしまっている人が大半です。

 

 

そんなことはありません。

なぜなら僕たちも日本語はペラペラにも関わらず

国語のテストで毎回満点を取れていた訳ではないですよね?

 

 

言語はきちんとした環境に身を置くだけで確実に

成長していきます。

僕たちが日本で生まれ、日本で育つと日本語が話せるように。

 

 

長時間英語に触れる機会を作るだけで

自然と英語は話せるようになります。

 

 

ここで重要なポイントとしては、

自分が英語を話したいか話したくないか、のみです。

 

 

英語アレルギーが出たとしても

まずは毛嫌いせず、環境に飛び込む努力をしてみてください。

少しずつ脳が変わってくる感覚を知ることができます。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

英語は科目の前にコミュニケーションツールでしか

ありません。

 

 

英語を話せるようになるためには

単語や文法を理解するだけでは成り立たないです。

 

コミュニケーションツールだと思えば

英語がたとえ嫌いだとしても頑張ってみようと思うのでは

ないでしょうか?

 

 

まずは一歩を踏み出す勇気を持ってみてください!