英語が話せるメリットって実際あるの?中の人が語る経験談

 

 

こんにちは!

Aitemの中の人です!

 

 

今さら英語が話せるメリットかよ!

と思う方も多いですよね。

 

 

ただ、だからこそブログに書いていきたいと思います。

意外と知られていないメリットもあるので

是非読んでみてください!

 

 


メリット①友達が増える

 

 

ちなみになんですが、世界で英語を話す人口が

どのくらいいるかあなたは知っていますか?

 

 

なんと、20億人もいるんです。

その中で、英語のネイティブスピーカーとして

存在しているのはたったの3.8億人。

 

 

意外と少ないですよね?

それ以外は第二言語として英語を話している人たちです。

 

 

また、日本の人口は、1.3億人です。

日本人口の約15倍です。

15倍って凄くないですか?

 

 


そりゃあ、友達も増えるよなって思います。

この数を見れば。

 

 

単純計算して1人しか友達がいない人でも

英語が話せると15人友達ができるってことですもんね。

 

 


めちゃくちゃ人生が楽しくなること間違いなしです!

 

 

メリット②様々な価値観を知れる

 

 

日本って他の国の血が混ざった人って

なかなかいないですよね?

 

 

ハーフだと

「えっ!?ハーフ?!」

ってなるのが日本です。

 

(余談ですが日本にハーフ会という名のハーフが集まる会が

あると聞いたことがあります。)

 

 

ただ、海外に行くと、

色んな国の地が混ざっているのが普通です。

 

 

人種だって様々、肌の色や、親の出身地など違うのが当たり前です。

 

 

逆に、日本は単一民族だからこそ、価値観が同じです。

 

 

相手の思っていること、考えていることが

なんとなくわかるため、空気を読んで察する、

という文化が出来てきました。

 

 

これは日本の良さでもありますが、他を受け入れない、

となると話は別です。

 

 

これからグローバル化が進み、

他文化を理解し合う必要性がある中で、

日本は受け入れる準備が整っていません。

 

 

そのため、敬語を話すことによって、

様々な文化を理解して、他を知る、

ということができます。

 

 

メリット③収入が上がる

 

 

よく言われていることですが年収700万以上の方は

半数以上が日常的な英語の読み書きができる、というデータがあります。

 

 

また、英語がネイティブレベルで出来る人と、

基礎会話レベルの人でも平均300万円ほど収入が変わってきます。

 

 


英語が話せる、中でも差があると思うとやる気が出ませんか?

 

 


英語が話せるだけで、まず、年収が上がる。

また、それ以上出来るようになればもっと上がる。

 

 


是非チャレンジしてみてほしいです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

英語ができることによってのメリットはまだまだ

たくさんあります。

 

 

今から英語をやり始めても遅くないです。

是非初めてみてください!