fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

就活は仮説立てが必須。僕がAitemで学んだこと

インターン生インタビュー 2021年8月24日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

今回の記事は「元Aitemインターン生」の方へのインタビュー記事です!

 

今回インタビューさせていただいたのは入社当時、大阪大学外国語学部3年生で休学中だったY・Sさん。(以下Sさん) Aitemのインターンを通して、自分のやりたいことが明確になり、就職先として不動産開発業を選んだそうです。

 

「Aitemのインターンを通してどのような力が身についたのか?」

「就職活動や今の自分にAitemでの経験がどのように役立ったのか?」

など、たくさんお話ししていただきました!

インターンを始めた理由を教えてください

 

コロナの影響で留学が中止になってしまったのがインターンをしようと思ったきっかけです。「1年間の休学期間をどうしようか?」と考えた時にインターンをしようと思いました。

 

また、大学3年生当時、「就職するとしたらベンチャー企業か大企業か?」というところも決まっていませんでした。だからこそベンチャー企業で長期インターンとして実際に働いてみて、企業理解を深めたいと思いました。

インターン先としてAitemを選んだ理由を教えてください

 

自分の実体験から得た価値観や、課題感を解決できる企業だと思ったからです。以前大学の留学先としてインドネシアを訪れた時、人々の様子やコミュニケーションの取り方に驚きました。日本人と比べてとても活き活きとしていたんです。

 

その経験から、日本人の中でコミュニケーションってすごく根本的な課題なんだと感じていました。そこで、日本にいながらコミュニケーションという根本的な課題を学生向けに解決していくというAitemの事業内容にとても共感したことがAitemを選んだ理由です。

実際にインターンを経験してみていかがでしたか?

思った以上に個人の裁量が大きいという点に驚きました。

 

Aitemでは各々でゴールを設定し、そのために1ヶ月間をどう過ごすのか?も自分で決めて働いていました。その自由度の高さは良い意味で入社前の印象とのギャップでした!

実際に業務を通してどのようなスキルが身につきましたか?

一番基本的なところだと、『聞き方話し方』です。

 

いつも以上にうなずいたり、どうしたら伝わりやすいかな?と一歩引いた目線で自分のコミュニケーションを捉えられるようになりました。

 

また、僕は感情を前に出すことが苦手で論理的に淡々と話すタイプだったのですが、会話の中で感情も伝えることができるようになりました。

 

これは就活でもかなり役立ったように感じます。論理的に話すことが求められる中で、ロジカルな会話の中に感情を少し入れることで志望動機がより伝わったり、自分の表現に色味が出せるようになりました。

 

その他にも、『自分で空気を作っていく力』が身に付いたと実感した経験があります。

 

別の会社のインターンの中で、毎日他の参加者とslackでテキストコミュニケーションをとるという課題がありました。

 

自分から空気を作ることが大切だとAitemで学んだので、僕が率先的にみんなの発信にコメントを残していきました。そうすると、他の人もコメントしやすくなったようで、どんどん意見やコメントをしてくれるようになりました。

 

この、「コミュニケーションをしやすい場所を作っていく」という部分は、Aitemのインターンを経験したからこそできたのだと思います。

上記のような力はどのような業務の中で身につきましたか?

お客さんとの会話やミーティングです。

 

自分のコミュニケーションの取り方についてFBをいただける機会がたくさんあり、PDCAを回して改善していくことができました。Aitemはコミュニケーション教育事業を行なっていることもあり、社内のメンバーに対してコミュニケーションについてのFBはとても細かく、徹底されています。

 

「こんなことも指摘されるのか!」というほど、細かい部分や、今までは見ても見ないふりをするぐらい細かなコミュニケーションの癖もFBしてもらいました。

 

また、実際に働いてみたことで、社会や企業のことを今までと違った視点から見られるようになったと感じます。

 

「この企業はどういう意図でこのような取り組みをしているのだろう」

「きっとこういう位置付けで一次面接があるから、こういう会話を心がけたほうがいいのかな?」

など、仮説を立て就職活動に望むことができました。

 

これもAitemのインターンを通して、「相手が何を考えているのか?」という相手視点で考えることから出来るようになったなと思います。

一番楽しかったのはどんな業務でしたか?

マニュアルを作っていくプロジェクトです!クリエイティブな作業が好きなので、自分の経験や強みを活かせて楽しかったです。また、自分が組織の基礎を作っていくことでみんなの仕事が円滑になるなら絶対やるべき!というモチベーションでプロジェクトを動かしていました。

 

他にも、自分がサポートさせてもらっている生徒さんの進捗を聞いていく中で、お客さんの役に立てているのを実感できたときはとても感動しました!

最後一言お願いします!

自分の好きを突き詰めてそれを形にしていくなど、自分にしかない視点を活かして社会に価値を発揮していきたいです。

 

Aitemではお客さんと向き合うことで、自分とも向き合うことが出来ました。

 

来年から不動産開発業に従事します。そこの社風も個が重視されるというところが一致しました。就職しても頑張っていきたいと思います!!

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!