自分の気持ちを素直に伝えられる人になりたい

 

こんにちは!

Aitemの中の人です!

 

 

Wantedlyから多くのご応募をいただき、インターン生が20人以上にもなりました。

そこで!

今日はAitemインターン生のSさんに、

「Aitemのインターンって実際どうなの?」

ということをインタビューしていきたいと思います。

 

 

Sさん、今日はよろしくお願いします!

 

お願いします!

 

 

 

 

Aitemのインターンに応募した理由

 

 

 

まず初めに、どうしてAitemのインターンに応募しようと思ったんですか?

 

 

はい、私は大学生になったら、何か大学以外の活動を通して自分を成長させて、

自信を付けたいと思っていました!

 

また、私は今大学1年生で、1浪をした後に大学に入学したのですが

浪人している時に、大学生になったら学問に励むだけでなく、

インターンを通して社会経験を積みたいと思っていました。

 

そうだったんですね!

でも、どうして浪人された時に社会経験を積もうと思ったんですか??

 

 

ただ大学で勉強をしているだけでは、将来働く時のためのスキルアップには繋がらないと思ったからです。

挑戦的で大変そうなイメージもあったのですが、実際働く環境に身を置いて、

現場から学べることを学んでみたかったのが大きな理由です。

 

 

あとは浪人の時、思い詰めて、将来のことをとても考えました。

ただ、大学を卒業した先のことが全く見えなかったんです。

だからまずはどんな将来になろうと、きっと働くだろうからそのために必要なことをしよう!

と思ってインターンを探しました。

 

 

そこで、インターンを探していたらAitemを見つけました、

 

Aitemを選んだ1番の大きなきっかけはAitemのサービスの理念、事業理念にとても共感したことです。

Aitemでは英語を通してコミュニケーション能力を向上させることを目的としていますが、

私もコミュニケーション能力の向上は生きていく上でとても大切なことだと考えていました。

 

 

どうしてコミュニケーション能力の向上は生きていく上で大切だと思われたんですか?

 

 

コミュニケーション能力は自分で考える力と相手に伝える力の両方が必要だと思っています。

コミュニケーション(自分で考えられる力と相手に自分の伝えたいことを伝える力)が

出来るようになると、様々な視点から物事を考えることが出来るようになり、

より自分にとって良い選択ができて、人生の幅を広げることが出来ると思いました。

 

 

それに加えて、事業理念に強く共感できることは滅多にないことだと思い、

Aitemのインターンをやりたいと思うようになりました。

また、インターンの応募資格が大学3年生以上又は実務経験者という募集も多い中、

大学1年生・未経験でも受け入れてくれるという点も魅力的でした。

 

「Aitemで成長するかしないかは、自分次第!」

というAitemの姿勢が、1年生でインターン未経験で、またコロナの状況で大学に1度も通えていない私でも

頑張ってみようかなと思える部分でした。

 

 

初めてMTGに参加した感想

 

 

 

 

初めてMTGに出た時の感想を教えてください!

 

 

とても雰囲気が良くて、皆さん本当に温かかったです!

今までの学生生活ではやはり初対面だと周りの空気を伺ってしまったり、

空気感に馴染めず、ぎこちなさを感じてしまうことがありました。

 

 

ただAitemのMTGは、初MTGなのにも関わらずそのような空気感が全くなく驚きました!

みなさんそれぞれ、相槌など反応が大きく、しっかりとお互いの意思確認をしている場面が多かったです。

また、インターン生の意見を積極的に取り入れていて驚きました。

 

こんなことを私がいうのもおこがましいですが、

さすが、コミュニケーションを大切にしている会社だな!

密な意思疎通を図れる会社なんだな、と感じました!

 

 

あとは学ぶことがとても多いところも印象的でした!

MTGではAitemで働く上で大切なことや、考え方をレクチャーいただきました。

その内容はもちろん今後働いていく上で重要なことなのですが、

今後生きていく上でも大切なことだなと感じました!

 

 

その次の時間では、話を聞く側と話す側がどのように感じるのか、というロールプレイをしました。

それは話し手1人が前に立ち、自分の好きな話題に対して3分間MTG参加者に話す、というもの。

 

ただ聞いている側が、あえて無視して話を聞く時間と、きちんと頷いたり、目線を合わせたりして

きちんと話を聞く時間の両方を経験します。

 

私も初めてこのような体験をしたのですが、すごく感じること、学ぶことが多くありました。

無視するのは”聞く側”であっても影響を強く感じるのは”話す側”なのだなと。

やはりコミュニケーションは相互関係で成り立っているんだ!と強く感じました、

 

もちろん無視する側は、あえて無視しているのを分かっていても、

無視されながら話す側は、ほんっとに悲しいし、早く話を終わらせたいなと思っていました笑

 

聞く側も話す側もお互いの立場に立って考えるべきだということが

具体的かつ実践的に理解でき、初日から学ぶことばかりの時間でした!

 

 

ありがとうございます!

Aitemはインプットとアウトプットの両方を大切にしていることが特徴ですよね!

僕もそのロープレに参加したのですが泣きそうでした。笑

 

 

他のインターン生と話してどう感じたか

 

 

他のインターン生と話してみてどのように感じましたか?

 

 

皆さん本当にお互いのことを尊重されていて、お互いの意見を大切に考えているんだなと思いました。

まだ数回しかお話しは出来ていませんが、皆さんがお互いに良いコミュニケーションを取れるように

雰囲気作りをする努力をされていて素敵でした!

(MTGの前に三箇条を決めたりなど)

 

そのような環境でタスクを進めることの効率の良さを普段から感じられているからこそなのかなと思いました。

 

 

あとは本当に入ったばかりの私にも向き合って話を聞いてくださり、わからないことを聞いた時には

私の立場に立ってアドバイスをくださったり、本当に感謝しています!

やはりお互いの立場に立って人と関わることを心がけることは大切だし、

良い人間関係を築けるポイントだなと思いました!

 

 

今後Aitemのインターンを通してどうなりたいか

 

 

私のAitemのインターンを通しての目標は、しっかりと自分の考えを伝えられる人です。

私の考える自分の考えを伝えられる人は、ただ単に自分の思ったことを言うわけでも、

自分の意見を押し通すわけでもなく、相手にとって最も伝わりやすい形で、

自分の言いたいことを相手に伝えることができる人のことです。

 

私は人とお話しするのはそんなに苦手ではなく、会話自体は好きなのですが、

最近は会話をスムーズすることに重きをおいてしまい、自分の気持ちをしっかりと伝えられている実感がありません。

 

 

でもよく考えると、会話のスムーズさに気を取られてしまって肝心な伝えたいことを相手に伝えられないって、

いくら会話の雰囲気が心地よいものだったとしても、相手に失礼なことだなと思いました。

 

 

Aitemで働いて、自分のことも相手のことも受け入れながらしっかりと自分の伝えたいことを伝えられる人になりたいです!

 

 

「人は皆、なりたい人になれるよ。」

というのが代表の口癖ですし、

僕含めAitemに来て、なりたい人に変わってゆけることを体感したメンバーも多いです。

ぜひ一緒に思い切り仕事を楽しんでいきましょう!

 

 

Sさん、ありがとうございました!!