自分の意見持ってみよう

意見を持つには?!小さいことを変えることから始めよう!

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

皆さんは自分の意見を持つようにしていますか?

 

何か問われた時、

 

なんて答えたらいいか分からない…

 

そんなことないでしょうか?

 

これは日本人が英語を話せない理由のひとつとも言われています。

 

どういうことかというと、

自分の意見、考えを聞かれても、”そもそも持ってないのです。”

 

どうしたら良いのか、どういうことなのかをお話出来たらなと思います。

 

 

 

 

考えてない?!

 

 

 

冒頭でも少しお話しましたが、

 

海外に行ったり、それこそ留学をすると、

 

どうしてここに来たの?

何を勉強しているの?

それはどうして?

将来どうしたいの?

 

など根掘り葉掘り聞かれることが多々あります。

しかし、大体みんなそれにビックリして全然答えることが出来なかったりするんです。

 

外国人からしてみたら、

 

なぜ自分のことなのに分からないの?!

 

そんなレベルです。

 

 

どうしてうまく伝えられないのでしょうか?

 

基本、意見は持ってない上に、思考する機会があまりにも少なく、

深い自己理解が全く得られていないのです。

 

それでは意見なんてなかなか言えないですよね。

 

 

 

 

ではどうしたらいいのか?

 

 

 

こればかりはひたすら考える、それしかないです。

 

要するに考える機会を多く作るということですね。

 

何かについて考えること、

それこそ日常的に出来ていないことなのではないかなと感じています。

 

しかし問題もあります…

 

 

いざ、考える

いざ、意見を言う

 

 

そうなった時、必ず”否定されるんじゃないかな、、”

 

などといった思考にどうしてもなってしまいます。

 

これが何よりも良くないです。

 

聞いてもらえないな、

否定されるだろうな、

 

そんな中で意見を言う人がいるでしょうか?

 

絶対に嫌ですよね。

 

少しずつ、こうして皆で意見を言う、意見を持つことに対して

嫌な感情を持つようになったと思っています。

 

そりゃ考えなくなりますよね、、

 

考えても無駄となれば、、考えようとなんて誰も思いません。

 

 

 

 

変えなくてはいけない

 

 

 

確かに、、感はあるかと思いますし、

まさにそうなんだよ、と共感してくれる人も多いのではないかと思います。

 

 

だからこそ、まずはちゃんと

 

人の話は聞きましょう

否定はしないようにしましょう

 

というような基礎の基礎を徹底させることが大切です。

 

すると自然に沢山の意見が出てきますし、自分も話したくなるはずです。

 

そうしたら、意見を持つしかないですよね?

無意識に考え始めると思います。

 

 

まずは自分から!!意識を変えていくことから始めてみてはいかがでしょうか?