趣味に夢中が正義??もっと大切にしてほしいこと

チェックアウト忘れた

 

こんにちは!

 

 

「趣味は何かあるの?」

「何か夢中になっていること、なったことは?」

 

 

この類の質問に困る人は

結構多いのではないでしょうか?

 

 

 

何が困るって

 

話のネタが尽きた頃に

とりあえず聞かれてしまうことだと思います。

 

 

趣味があればここで話は続きますし、

共通の趣味があればさらに盛り上がる

 

趣味がないことで

 

 

 

「そうなんだあ〜」

 

 

 

!?!?終わり?!?

 

無言

 

こんな経験あるのではないでしょうか?

それが今後の人間関係にも影響しうると考えたら震えますよね。

 

 

 

実際に僕自身から見ても、

 

 

全然趣味がない、

故に周りについていけない、

でもそれは嫌、

 

 

結局、人間関係を崩さないように、

一人にならないように無理に合わせている

 

 

 

という人を最近耳にすることが多い気がしています。

 

 

それもこれも全部

その場の空気や今後の関係性を

考慮しての決断、行動なんだと思います。

 

 

そのため、趣味がないことに対して

マイナスなイメージを抱いている、

ないことが不幸、のように思ってしまう人も

中にはいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

今回はそんな趣味や夢中を

テーマに書いていきたいと思います。

 

 

 

果たして無趣味はマイナスなのか

 

 

 

そんなわけないですよね。

 

 

冒頭でも少し書きましたが無趣味であることで

何が困るのか、

 

 

もちろんすることが無さすぎて

毎日が暇であったりして

退廃的に感じてしまう

 

 

なども多くを占めているのではないかと思いますが、

他にも大半を占めているのが

 

 

 

人間関係ではないでしょうか?

 

 

 

僕自身も周りの趣味についていけず、

なんともつまらない時間を過ごした経験があります。

 

 

 

その時に意識していたのは

 

 

「その人はその人だ」

 

 

と強く思うようにしていました。

 

 

 

その人はその人

 

 

 

人は人、うちはうち

 

 

両親から言われたことがあるって人も

いるのではないでしょうか?

 

あなたはあなた

 

例えば自分の目の前で

自分の知らない領域の趣味の話が

友人同士で繰り広げられていたとします。

 

 

もしそれが、

自分の趣味でそれよりも遥かに詳しい人たちで

あるならばなんとか話に入れそうですよね。

 

 

趣味とはいかなくとも、

聞いていて面白いなと思える、ちょうど興味があるものだった

というものであれば話に入れず、聞いているだけでも

楽しいですし、勉強にもなりますよね!

 

 

 

しかし、

 

興味がない、話についていくのも苦しいなという時ですよね?

そういう時は無理する必要はないです。

合わせようと無理に入ろうとする、背伸びをしても

自分が疲れてしまいます…。

 

 

 

むしろプラス?!

 

 

 

そもそも趣味がないことはむしろプラスだと思っています!

 

 

なぜかって、可能性しかないからです。

 

 

趣味がない分、新しく何かに時間やお金をかける

余裕もあります。

 

時間がある分、自分を見つめ直してみることも

いいかもしれません。

 

 

 

そんな中で、これだ!!

という何かが見つかった時の喜びは大きいはずです。

 

 

 

そもそもそのまま趣味が無いってままでも

問題はないですし、

 

人生を楽しくしてくれるものが

必ずしも趣味というわけではありません。

 

 

 

シンプルに考えてみる

 

 

 

そもそも

 

なんで趣味があることが当たり前

夢中になれるものを見つけることこそが良いこと

 

というような前提があるのでしょうか?

 

 

ないものはないですし、

それ以上でもそれ以下でもありませんし、

 

 

気にする必要もありません。

 

 

 

むしろラッキー!

 

 

 

とはいっても

趣味であったり、

夢中になれることがある人って

なんか楽しそうですし、羨ましく思えることも

ありますよね!

 

 

 

それもそうです、

そんなの相当なラッキーなのです。

 

 

数あるものの中から

 

これ趣味にしよう!!

 

 

さらに発展して

 

夢中になってしまった!!

 

なんてものは

そう簡単に見つかるものではないですよね?

 

分からないものは分からない

 

だから開き直って

ラッキーだなって思った方が気は楽になるかもしれません!

 

 

 

だからこそ大切

 

 

 

そんな中から

 

好きなこと、夢中になれることを

見つけることができたのであれば

 

 

 

それは

とても尊いものだと思います。

本当にすごい!!

 

なんか重くね?笑

 

 

そうかもしれませんが、

これは1つの捉え方の話ですね。笑

 

 

それが尊いと思えれば

もっと夢中になれると思いますし、

もっと楽しくなると思います

 

 

だからこそ

趣味が無いという人も

 

趣味の有無、

やりたいことがない、

夢中になるものが見つからない、

 

ということで周りと比較する必要もないですよね?

みんな何か趣味が欲しくなっちゃいますけど

 

 

真似する必要もないですし、合わせる必要もありません。

 

 

それぞれにハマるものが

絶対にあるはずです。

 

 

 

今をしっかり生きよう

 

 

 

今まで趣味や夢中について書いてきましたが、

 

今回、一番伝えたいことはこれです。

 

趣味の有無

夢中になれることの有無

 

どちらもどっちが良いとかありません。

 

そもそも無くてはいけないものでもありません。

 

そしてそれが幸せに繋がる全てではありません。

 

 

 

今を全力で生きること

 

 

 

即ちそれは目の前のことの全力になる、

悔いのないようにするということだと思います。

 

それが出来ている人は

勝手に周りから見ても輝いて見えます!

 

自分自身も確実に楽しいはずです!

 

 

 

そしてその結果、

やりたいことであったり、

自分にハマる何かが見つかるはずです。

 

 

全て結果論です。

 

過程があっての結果でしかないです。

 

 

 

みんなまだ過程の途中なんです

その過程、全力で楽しんでみませんか?

 

 

そうしたら、わざわざ比較なんてしないと思いますし、

そもそも気にならなくなります、

 

オススメです!