ごめんごめんアイキャッチ

むしろ良いこと!謝った方が良い理由

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

皆さん、謝るということに対して

どんなイメージを持っているでしょうか?

 

そして、いざ謝るべき、という時に

素直に一言目に

 

 

「ごめんなさい!!」

 

 

という風な言葉が出てくるでしょうか?

 

そんなの当たり前!!

 

 

そんな人も多いかと思います。

 

 

しかし、実はまさに私自信、それが出来ない人でした。

割とまずいですよね。汗

 

謝るということも非常に大切なコミュニケーションの1つです。

そのことについて、お話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

なぜ謝れないのか?

 

 

 

理由の1つとして、

 

 

人のせいにしてしまっている

 

ということが挙げられます。

 

 

つまり、

自分が悪いんだ、ということを認めていないんですよね。

 

 

そのため、

謝罪の言葉よりも先に、

 

「でも…じゃあ…だって…」

 

といった言葉が出てきます。

 

 

そんなの、怒っている方も呆れて疲れてきちゃいますよね。

 

 

 

そしてもう1つ

 

 

謝る=失敗、間違えを犯した

失敗すること、間違えてしまうことは悪いことと思っていることが多いと思います。

 

そのため、謝ること自体に強い抵抗があったりするのではないでしょうか?

 

根本は1つ目の理由と似ていますね!

 

 

 

 

なぜ謝ると良いのか?

 

 

 

 

でも、これらの理由だけで謝らない、というのは

ものすごくもったいないことです。

 

なぜかというと、

謝ることでの利点も大きいのです。

 

 

まず、

悪いということ気持ちを伝えることが出来ますね!

 

もはやこれが謝ることの1番の目的だったりしますよね。

そのため、この理由はもちろんあります。

 

 

そしてもう1つは、

 

どこが分かっていないのかが分かる、ということです。

 

 

つまりコミュニケーションが円滑になります!

ずっと謝らず、黙られていては、

 

なにを考えているのか、

どこが分からなくてミスをしてしまったのか、

どう思っているのか、

 

 

何もかも分からないですよね。

それは普通に困ります。汗

 

 

そこで、しっかりと謝るだけで

これらの要素がしっかりと解消できます!

 

それだけではなく、

どこが分からないのかも明確になったら、初めて直す、教えてもらおう、

という風になりますよね?

 

 

次に同じミスをしないで済むきっかけにもなります!

 

 

これは本人としても嬉しいですよね?

成長するチャンスです。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

謝るってただ頭を下げるだけではないんです。

 

 

コミュニケーションが円滑になることで、

双方共に良いことですよね!

 

そのきっかけを与えてくれるものの1つが、

 

 

謝る

 

 

ということだったんですね!

 

もし、

なかなか謝ることが出来ない

 

なんか抵抗あるんだよな

 

 

そんな人はお互いのため、

何よりも自分のためと思うべきだと思います!

 

終わったことに対して、

自分は悪くない、だって〜…とうじうじしているのも、

ダサくないですか?

 

 

そんな方が嫌ですよね!

 

嫌な自分にならないためにもしっかりと謝るようにしていきましょう!