環境を作ることから始めよう!英語を話すための第一歩

 

こんにちは!

Aitemの中の人です!

 

 

英語を話したいけど、まず何から始めていいのかわからない人って

多いですよね。

 

 

今日は、英語を話すためには環境づくりが一番大切だということを

ブログに書いていきたいと思います。

 

 

まずは英語を話す環境を作ろう

 

 

英語を話す環境って日本にいるとなかなかないと思います。

なので、この環境を作るためにお金を払う人も多いです。

僕はこの考え方には賛成です。

 

 

なぜなら、勉強は1人で出来ても環境づくりを自分1人で

するのはとても時間も費用もかかるものだからです。

 

 

お金をかけるところと、自分でやるところを

見極めましょう。

 

 

家での環境も整えるべし

 

 

外部の環境を整える、というのはすぐには出来ないかも

しれません。

 

 

まずは自分自身の環境から変えていきましょう。

 

 

毎日洋楽を聞くだけでもいい

 

 

あなたは、朝起きてから、通学中、料理を作っている時に

何をしていますか?

 

 

音楽を聴きながら、テレビを見ながらしているという方も

多いと思います。

その音楽を洋楽に切り替えるだけでも小さな環境づくりにはなります。

 

 

日本語しか聞いていなかった環境から抜け出し、英語に触れる機会を

作っていきましょう。

 

 

少しずつ脳が英語に慣れていくのを体感できると思います。

 

 

洋楽だけじゃなく、洋画も

 

 

洋楽だけじゃなくて洋画もオススメです。

日本のドラマが好き!という方も多いですが、海外のドラマは

シリーズも多く、ハマると抜け出せないドラマが多いです。

 

 

そうなってしまえばもうこちらの勝ち。

楽しみながら英語が学べるのです。

 

しかも、好きな主人公がいたらその人の真似をしたくなったりもしますよね?

その人が話した言葉を真似して話しているだけで英語の練習になっていきます。

 

 

友達と英語を話すだけでもいい!

 

 

意外と見落としがちなのは友達と英語で話すということ。

みんな、日本だから日本人とは日本語で、という認識が強いですが

日本人同士でも英語を話せばいいのです。

 

 

いやいや・・・と思っている人は

全て自分がどう見られるかを気にしている人です。

 

 

目的は英語を話せるようになること。

友達がどうとか、周りがどうとかは関係ありません。

英語をアウトプットする機会を出来るだけ多く作っていきましょう!

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

友達と英語を話すなど、なかなか見落としがちな

環境づくりをあなたも今日からしてみましょう!