伝える、ということの難しさ

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

皆さんは何かを伝えるということにこだわりを持っていますか?

 

いや、そもそもこだわるってどういうことだ、

 

という話かと思います。

 

何が言いたいかというと、それくらい伝えることって難しいですよね。

 

伝える、これのみに力を注ぐ、

こだわることってものすごく大切なことなんじゃないかなって、最近思っています。

 

今回はそんな伝える、伝わることの尊さ、

それによってどう自分に影響を及ぼすのかをお話したいと思います。

 

 

 

 

伝えるって難しい

 

 

 

本当に人に何かを伝えるって難しいですよね。

 

これは永遠に満足出来る日なんて来ないのではないでしょうか?

 

同じ言葉、同じ話し方でも受け取り方というのは人それぞれです。

 

まさに規則性なんて何もないですよね。

 

これが正解!なんてものはありません。

ただただ考えて迷って失敗して、、そんな繰り返しだと思います。

 

その上、日本語というのはとても奥が深いですよね。

 

伝える順番、ちょっとした言葉のニュアンスで

 

全部変わっていきます。

 

 

 

 

伝えるには聞くことから

 

 

 

誰かに何かを伝えるには

 

まず徹底的に聞くことが大切です。

 

なんで、そんなに聞くことが大切なのでしょうか?

 

 

そもそも、なんで伝えるのでしょうか?

 

伝えるときというのは、

 

人の心や体を動かしたい、

分かってほしい、

 

など何かしらの目的がありますよね?

 

そして、その目的を達成するために伝えるわけですが、

 

人には心や体を動かすためのツボがあるわけなのですが、

それが人それぞれ違うのです。

 

困りますよね…

 

では、どうしますか?

 

そう、そこで聞くのです。

 

とにかく聞いて、この人はどこがツボなんだろう。と探してみてください。

 

そして、そのツボを見つけたら、

 

押してあげる=伝える

 

 

これをして初めて人に想いが伝わり、動き出すことが出来ます。

 

 

 

 

伝わったら最高

 

 

 

これだけの工数をかけてるんです。

 

これでも伝わらない、そんなことは沢山あります。

 

どういうことかというと、

 

ツボは分かっても

 

何で押したらいいのか?その強さは?テンポは?

 

これらが全て噛み合って初めて伝わります。

 

だから伝えるってとても大変ですし、

だからこそ、尊いものだったりするんです。

 

想像は難しくないはずです。

 

伝わったら?

 

されはもう最高に嬉しいと思います。

 

これを味わったらコミュニケーションにハマる瞬間なのかもしれません。

 

皆さんも伝えること、日常的なことですが、

 

こだわってみてはいかがでしょうか?