え?!忘れたの!?

忘れていく当たり前を大切にしよう!

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

皆さんは当たり前のことをしっかりと出来ていますか?

 

当たり前って…

 

思いますよね?

 

そもそも当たり前ってなんだろうって思いますよね。

 

しかし、この当たり前、

僕はものすごく大切なことだと感じています。

 

これは学生時代には感じなかった、というのが本音ですが、

僕自身が当たり前について考えることをサボっていた。

 

それに尽きます。

 

今回はその忘れがちな当たり前について少しお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

そもそも当たり前って??

 

 

 

当たり前ってなんでしょうか?

 

とても抽象的なものに感じますし、

それを一括りに説明するのも難しいことかもしれません。

 

 

今回僕が伝えたいのは、

 

人として

 

というところです。

 

何かをしてもらったら「ありがとう」

悪いことをしてしまったら「ごめんなさい」

人のことを考える

 

それらを今一度しっかりと考えてみることが大切かなと思っています。

 

 

先ほど3つ例にして挙げてみましたが、いかがでしょうか?

 

ありがとう、ごめんなさい

 

この2つだけでも良いです。

 

心から「しっかり出来ている!」

そう胸を張って言える人がどれだけいるのでしょうか?

 

僕は、出来ていないと思っています。

どうしてでしょうか?

 

 

 

 

なぜ忘れてしまうのか?

 

 

 

なぜ忘れていってしまうのでしょうか?

 

感謝や謝罪の気持ちを示すことは小学校の道徳の授業でもやることです。

 

でもなぜか、そんなことすら歳を重ねていくにつれて

みんな揃って出来なくなってしまいます。

 

どうしてでしょうか?

 

 

そう問いかけられると分からないですよね?

 

しかも、これというのはそんなに難しいことだとは全く思いません。

 

どんどんそういう気持ちを忘れていく、

人というのはそんなに傲慢なのでしょうか?

 

そんなのは悲しすぎますよね。

 

ひとつひとつの行動に対してしっかりと相手の気持ちになる

その背景を想像する

 

これに尽きると思います。

 

 

 

 

見えない部分を想像すること

 

 

 

僕は感謝や敬意が足りないなと感じる時はこれを考えるようにしています。

 

例えば、誰かがプレゼントをくれたとします

 

ただ、ありがとうを伝えるだけではなく、

 

これを選ぶのにどれだけ時間を作ってくれたんだろう、

どれだけ悩んだんだろう、

 

など相手がプレゼントを買ってくれた背景までを考えるということです。

 

これを考えてみるだけで、相手への感謝の気持ちはもちろん、

そうすることで感謝の言葉の重みや深さ、言動が大きく変わってきますよね?

 

それは相手にも必ず伝わります。

 

 

しかし、これは意識しないとまたすぐに忘れていしまいます。

 

だから常に意識するようにしてください。

 

 

こうしたひとつひとつの言動の積み重ねが信頼関係であったり、

今後の関係性にも本当に影響してきます。

 

だからこそ、これを習慣化させるためにも

当たり前のことの徹底というのは本当に大切なんです。

 

 

皆さんもぜひ、意識してみてください!!