日本人のほとんどが対人恐怖症!?海外の人と話す時に気をつけることまとめ

 

こんにちは!

Aitemの中の人です。

 

 

日本人の多くは英語が話せない事が理由で

海外の人と話せないわけではありません。

 

 

ほとんどの日本人が対人恐怖症のために

海外の人と話せなくなっています。

 

 

あまりにも日本人に多いため海外でも

「Taijin kyofusyo」

と訳されているほどです。

 

 

あなたもこんな経験はありませんか?

 

「初めての人に話しかけられた時に目を背けてしまう」

「人前で話す時に緊張してうまく言葉が出てこない」

 

 

このような経験がある方は対人恐怖症の一種だと思います。

海外の人と話す時にはもっと感じることだと思います。

 

 

海外の人と話す時の心得とは?

 

 

想像してみてください。

海外の人から急に道端で話しかけられたとします。

 

 

あなたはどうするでしょうか?

そのまま話を聞きますか?

それともその場から逃げますか?

 

 

さすがに逃げることはないとしても、

どこかで

 

 

「うわっ、英語だ。やばいわからない(目をそらす)」

 

 

と、思ってしまうと思います。

 

 

ただ、恐れる必要はありません。

海外の人だからといっても同じ人間です。

 

 

まずは、自分と対等で話を聞こう!

という姿勢で臨んでみてください。

落ち着いて話を聞いてみましょう。

 

 

海外の人=すごい人

 

 

これも日本人の人には多いと思います。

 

海外の人は背が高い

海外の人はかっこいい、可愛い、綺麗

スタイルがいい

自分たちよりすごい人

 

 

という、錯覚です。

 

 

上にも書きましたが

全くそんなことはありません。

 

 

確かに、背が高い、など物理的な違いはあると思います。

だからといって人として劣っているか?

と聞かれるとまた別です。

 

 

人としては対等、ということを常に思っていると

意外と緊張もせず、話ができると思います。

 

 

何事もまずは経験の量

 

 

対等に接する事ができるようになりました!

 

とまでは、みなさん意外とできるようになります。

 

 

ただ、ここからどのようにして話ができるようになっていくのか?

 

 

最後は何事も行動量です。

海外の人と話す回数を増やしましょう。

 

 

もし、自分の身の回りに海外の人と話す環境がなければ

作る努力をしてみてください。

 

 

今だと、英会話に通ったり、国際交流イベントに参加したり、

オンライン英会話をしたり・・・・

 

 

環境がないからといって、そこでやめていると

いつまでたっても成長はしません。

 

 

まずは経験量。

経験を積めるためには何ができるか?

を、考えてみてください!