どうよ、楽しんでる?

なんでも楽しく!それが1番大事なわけ

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

生きている上で

何気ない生活や学校生活、仕事に打ち込んでいく中で

 

「楽しむこと」

 

これを常に頭に入れるようにしています。

 

 

楽しんだところで何か意味あるの?

真面目にやった方がいいんじゃない?

 

そんな声もあるかと思いますが、

楽しむことでどんないい事があるのかを今回はお話ししていきたいと思います!

 

 

 

 

楽しくないと辛い

 

 

 

そもそも、何をするにも楽しい方が絶対にいいと思います。

そうでないと絶対に続きませんし、

 

やってて辛くなってきます。

 

そうなってくると、

 

「え、なんでこんなことしてるんだろう」

 

とやっていることに対して疑問を抱き始めます。

 

 

 

そんな気持ちで勉強も仕事もしたくないですよね?

 

もちろんそんな気持ちでやっていて伸びるはずがありません。

むしろ無駄な時間を過ごしてしまうことになると思っています。

 

 

 

 

のめり込める

 

 

 

楽しい時間ってあっという間ですよね?

 

楽しいと没頭できます。

なぜなら、もっとやりたい!と自然に夢中になっていっていくのだと思います。

 

誰もが一度は味わったことのある感覚なのではないでしょうか?

 

夢中

 

その時の感覚というものは本当に研ぎ澄まされています。

 

 

結果、

どんどん成長していきます。

 

その理由として、先ほど行った感覚もそうなのですが、

何より楽しくてやるので、

 

とにかく量をこなす事が出来るんです。

 

量を出来るかできないか、

この差は本当に大きいものだと思っています。

 

 

勉強もスポーツも、仕事も

 

全て習熟度は量に比例しています。

サッカー部が野球部に負けないですよね?

それはサッカー部の方が遥かにボールを蹴る時間が野球部よりも長いからです。

 

 

 

 

工夫して洗脳していく

 

 

 

しかし、そんな簡単に楽しめるものではないですよね。

どうしても楽しくない!やりたくない!と感じるものは誰しもあります。

 

どうするのか?

 

どうやったら楽しめるのか?を工夫案を考え、実行

それによって洗脳していく事が大切です。

 

 

単純作業が嫌いな人はゲーム感覚を持たせ、

 

いかに早く入力出来るか、とか

音楽を聴きながらいかにリズミカルに入力出来るか、とか

(2つ目のは実際にやってます。笑)

 

これは人それぞれハマるポイントが確実に違うので、

色々な方法を試してみるしかありません。

 

 

しかし、これだ!

 

というものを見つけると一気に楽しく感じる事ができます!

 

 

 

最後に

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

私自身、なんでも楽しく!というのをモットーにしているのもありますが、

そもそも楽しくないって感情になりたくないですよね?

 

どうせならなんでも楽しく取り組みたいです。

 

そして間違いなく、その方が生産性のある時間になります。

 

 

感情や物事の捉え方は自由です。

 

自分自身でどうにでも変える事ができます!

 

皆さんもぜひ、やってみてください!