fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

prisonとjailの違いとは?全く違う意味だった!!

英文法 2021年12月22日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

「刑務所」と聞いてどんな英単語を思い浮かべましたか?多くの人が、”prison”または “jail”を思い浮かべたかと思います。日本ではこの2つの単語をどちらも「刑務所」と訳すことが多いですが、実は全く違う意味(ニュアンス)を持っています。ここの差を理解していると、上級者レベルになってきます。

prisonとjailの違い

prisonとjailの違いは、実はとっても簡単です。日本とアメリカでは犯人が捕まった後の流れが異なります。そのため、アメリカでは単語レベルで使い分けをしています。大きなポイントは、「犯罪のレベル」によって使い分ける点です。それでは、詳しく解説していきます。

prisonの意味

ロングマン英和辞典によると、「刑務所・監獄・牢屋(ろうや)」と出てきます。prisonは、刑が確定し長期刑に服役する者が移送される場所です。つまり、重罪で有罪判決を受けた犯罪者が収容される場所です。州または、連邦政府(国)によって管理されておりセキュリティレベルも幅広いです。

刑の重さによって、どこの刑務所に送られるかが決まります。場所や罪の重さによって変動しますが、ここではスポーツやインターネット、ジムなどを楽しむことができます。

jailの意味

一方jailは、ロングマン英和辞典によると、「刑務所・拘置所・留置所」と訳されます。jailは、比較的短期の刑に当たる人が服役し、郡や市などの地方自治体で運営されています。短期の刑とは、軽犯罪や軽罪の罪を犯した犯罪者のことを指します。日本の「拘置所」にとても近いです。

一般的に、刑務所よりも収容人数は少ないです。ここでは、通勤刑プログラム、ブートキャンプ、教育プログラム、職業訓練プログラムなどが受刑者に提供されています。

 

※軽罪・・・例:万引きや軽い暴力、不法侵入、器物損壊など。
※通勤刑プログラム・・・受刑者が刑務所から出勤して、外で働くこと。

prisonを使った例文

My father had a prison break yesterday.
-私の父は、昨日脱獄した。

 

I went to prison.
-私は刑務所に送還された。

 

My friend is in prison.
-私の友達は、刑務所にいる。

 

I put a criminal in prison.
-私は、犯罪者を刑務所に入れた。

 

I think the guy will be sent to prison.
-あの人は、刑務所に送られるだろう。

 

After 10years in prison, he was finally set free at last.
-10年間の刑務所での生活後、彼はついに釈放された。

jailを使った例文

I am in jail for 3 months.
-私は3ヶ月拘置所にいる。

 

He spent 1 years in jail
– 彼は1年間拘置所にいた。

 

I thought my father was still in jail.
-私の父はまだ拘置所にいると思っていました。

 

I just got out of jail.
-私は拘置所から出たばかりです。

 

Five prisoners broke out of jail.
-5人の受刑者たちが、拘置所から脱走した。

海外と日本の刑務所の違いについて

ここでは、海外(アメリカを取り上げます)と日本の刑務所の違いを比べてみましょう。

日本の刑務所は「更生と社会復帰」を目的としており、アメリカでは「社会からの隔離」を目的としています。日本の懲役刑の場合は、強制労働をしなくてはなりません。その理由として、社会復帰後に手に職をつけ、自立して生きていけるようにするためです。さらに、再犯防止の効果も期待されています。

逆にアメリカでは、更生を目的とされていません。自主性や自由を重んじる国なので、強制労働などを強いると問題に発展するケースも考えられます。社会復帰後に更生して新しい人生を歩むのも、再び犯罪を犯すのも「本人の自由」という考え方です。そのため労働時間はなく、刑務所内でも比較的自由な時間が多いです。

大ヒットドラマから学ぶprisonとjailの違い

みなさんは、大ヒットドラマの”prison break”はご存知ですか?2005年にシーズン1が放送され、現在もなお人気のあるドラマです。このドラマは、無実の罪(無実だが、副大統領殺害の容疑で逮捕)で死刑判決を受け投獄された兄を救い出すため、弟が刑務所に乗り込み一世一代の脱獄計画を企てる物語です。タイトルから内容を予想できた方も多いと思います。
なぜ”jail”ではなく”prison”なのか。主人公は副大統領暗殺の容疑で逮捕されているかつ、死刑が決まっているので重罪に当たります。そのため上記で解説したルールに当てはめると、jailではなくprisonに収容されたことがわかります。jailは、軽犯罪のため刑期が短いです。jail breakするより、大人しく過ごした方が懸命ですね!!

Aitemで使える英語を身につけませんか?

いかがでしたか?prisonとjailの違いは理解していただけたでしょうか?
普段なんとなく2つの単語を「刑務所」と訳していた人も多いと思います。上記で取り上げたドラマ”prison break”のタイトルの意味がわかったように、きちんと違いがわかると内容も見えてきてまた別の角度からも楽しむことができますね。

 

Aitemでは、アウトプットを中心とした実践的なテキストなしの3~6hの長時間レッスンを、ディスカッションやディベートをメインとしたカリキュラムで行っています。オンラインでも提供を開始しました!

 

英語をもっと話したい!今ある知識を実用的なものにしたい!という方は、ぜひ無料ガイダンスにお越しください!

無料ガイダンスはこちら

Aitemのことをもっと知りたい方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!