【カルチャーショックに関して】

 

こんにちは!

Aitemスタッフの原です!!

 

 

 

 

 

僕は1年間マレーシアに留学していたのですが、

帰国後に様々なことでカルチャーショックを感じました。

 

 

 

ということで、

 

 

 

僕が感じたカルチャーショックを

3つほど紹介させていただきます!!

 

 

 

 

 

結論からいきますと、

 

1、時間

2、言語

3、習慣

 

 

です!!

 

 

  • 時間

 

 

これはすごく自分自身も甘かったなと(笑)

 

 

 

たとえば、

マレーシアの現地にいる友達と遊ぶ時に、

集合時間を12時にしたとします。

 

 

 

 

集合時間に着き、友達に連絡すると

 

 

 「いま起きて、

 これから準備するから待っててね、兄弟」

 

 

ていうことがありました(笑)

 

 

 

 

 

 

悪い気はしないのですが、

このようなことがよくありました。

 

 

 

 

 

 

また東南アジアは、

時間の流れ方がとてもゆっくりでした。

 

 

 

なので、

日本に帰国後少し大変でした(笑)

 hara2

 

 

 

 

 

時間は大切です。

相手のことを考えましょう。(笑)

 

 

 

 

 

  • 言語

 

 

 

これは留学あるあるだと思います。

 

 

 

ついつい日本で英語を話してしまう。

カタカナ英語が出てきてしまう。

 

 

 こんな感じです(笑)

 

 

 

ただ英語脳が出来ていることはこの時に、

確信しました!!

 

 

 

それをどう維持していくのか、

がとても重要です!

 

 

 

 

 

  • 習慣

 

 

僕は大学の寮に住んでいて、

 フードコートでよくご飯を食べていたのですが、

そこが吹き抜けになっていて、

 

 

 

 

さらに近くに酪農施設があり、

食事中は大量のハエと

戦いながら食べていました。

 

 

 

 

 

 

そのため食事中は無意識に、

手でハエをはらっていました(笑)

 

 

 

日本帰国後、

ハエがいないことにとてもありがたさを感じました。

 

 

 

日本の環境はすごくきれいですよ(笑)

感謝しましょう。

 

 

 

ほんとに!?

 

 

 

と思う方は、

ぜひ旅行してみてください!!

 

 

 

海外に行くことで、

日本との違いを楽しむことができ、

 

 

 

当たり前だと思っていることが、

すべて当たり前じゃない

 

 

 

当たり前なことなんてないんだな、

ということが、体感できます!

 

 

 

パスポートを持って、

出かけましょう!!(笑)

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございます!