fbpx

\ オンラインレッスン実施中 /

無料で相談する

無料で相談する 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

安藤アイキャッチ

英語で会話が出来るって最高!!

卒業生インタビュー 2020年1月8日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

 

こんにちは!Aitemです!

 

今回はAitemを継続的に通ってくれている生徒さんに「Aitemに通ってみてどうだったか?」というインタビューさせてもらいました!

 

今回インタビューさせていただくのはW・Aさん。実際に通っている生徒さんの赤裸々な声を聞く貴重な機会ですので、ぜひ読んで欲しいです!

 

安藤アイキャッチ

英語を学ぼうと思った理由を聞かせてください

「留学するため」というのがずっとあったんです。高校までサッカーをしていましたが、大学ではその熱量をもっと他のものにぶつけようと考えていました。

 

そこでふと、留学に行きたい、英語使って仕事できたらカッコよくない?!という憧れに駆り立てられたんです。

 

そこで大学の先輩の報告会を聞きに行きました。留学に行ってこうなれたらいいな、というまさにロールモデルで、これ以上にない刺激を受けたんです!

 

あ、あと、もともとは就活で必要そうだったから。英語話せる人のほうが働く幅が広がる、自由が効き、有利になるんじゃないかと考えていましたね。笑

どうしてAitemを選んでいただけたんですか?

Aitemのスタッフの影響が1番大きいですね。この人がおすすめする所なら…と思いました。

 

もちろん他のスクールとも比較はしたんですけど、ダメでした。直感的にもAitemがいい!と思ったのと、とにかく信頼できるスタッフがいっぱいいたんです。迷いはなかったです。

Aitemのレッスンを受けてみての感想はいかがですか?

緊張?!

 

前は本当に毎回ドキドキしていたんです!笑

 

僕自身も英語が話せない時だったから、思い返すと常にチャレンジしている状態でしたね…。

 

でも、面白いことにやっていくと自分のロールモデルがたくさん出てくるんです。本当に色々な人がいて、勉強になるんですよね。

 

Aitemで日本英語を知れたのは僕にとってすごく大きかったです。と、いうのも自分の気持ちの表現の仕方が自分に合ってると思ったんです。

 

日本人ならではの感情の伝え方など、見習いたい人がたくさんいたんです。本当に凄いなと思って色々な人の話し方を真似してみていました。

 

女性なんですけど、自信持ってズバッと意見をいう人には圧倒されましたね…。毎回うまく話せなくて悔しがって帰っていました。気持ちはもう戦場です。笑

 

英語に関してはインプットよりもアウトプット中心だから、事前に勉強しておくことが大事だと感じました。その繰り返しの実践の場として本当に良かったです!

どんな心意気でレッスンに参加していましたか?

やってやるぞ、という気持ちは常にありました。

 

でも大事なのは、誰よりも話すとかではなく、学習をする雰囲気、楽しい空気を作るために”自分がどうあるべきなのか”を考えるようにしていました。自分が分からないと言えたらみんなも言えるはずだと思うので。

 

レッスンを良くしていくのは自分たちですし、せっかくやるんだから楽しくやりたくないですか?そう思ったら自然にしていました。

 

 

 

Aitemに通い初めて1ヶ月、だんだん話せることが多くなってくるとか、分からないことを聞ける、「え、会話ができるって最高、幸せだな」と思いました。気持ちが通じた、重なった瞬間が多ければ多いほど英語は好きになっていきましたね…

 

なんだか原点に立ち戻った感じがしますね。実際具体的にどんなレッスンでどんなことをしてたから英語力上がったな、実感としてありますか?

 

スピーキングが1番伸びましたね。あとリスニングも。具体的にはディスカッションと自己紹介ですかね。

 

僕にとって自己紹介はすごく大きかったです。自分が自分のことについて話せるのは最強だなと思い、自己紹介は頑張ろうと思いました。自分のことをたくさん表現できる英語を身につけようと思いました!

 

実は今でも毎朝英語で自分について書くようにしているんです。

 

ディスカッションはどうしたら自分の思いをどうやって伝えられるか。それができないという体験がすごく大事だと思います。

 

実際に伝わらないということを体験して

どうしようと思ったのか教えてください!

 

なんとか伝えようと…(笑)

 

隣の人に聞いたり…『伝えられないときにみんなで伝えようとするところ』が僕がAitemのすごく好きな所。

 

隣の人が言いたいことを隣の人が説明するというような助け合いがあることが好きでしたね。

 

実際にAitemのレッスンを受けて変わったところはありますか?

 

リスニングとは言いましたが、人の気持ちを知ろうとすること。どう感じてどう思っているんだろうな、と相手を思う姿勢はAitemを通じて成長しましたね。もともとはそこまで知ろうと思わなかった。

 

もしかしたら英語だと通じないからかも知れないですよね!よりしっかり聞こうという意識が強かったです。

 

単語が分からなくても文脈をイメージすることであったりすると、通じる。本来これが1番大事なんじゃないかと思います。

 

スピーキングはどうですか?

 

とにかく伝わる体験が大事だなと感じました。自分で伝えたいことの語彙を調べ、しっかり言う。とにかくこの繰り返し。一人でフレーズを練習してばかりは勿体ないです。

 

ある意味テキストがないから出来ること。型にハマらないから型にない意見が出る、それに対してみんな思考して想像力も生まれる。

 

この流れがとても大事ですよね!

 

改めて、テキストないって大事ですね…

 

本当にそう思います。英語でもいろいろなスタイルがありますし、みんな違います。あと、英語って大事だなとも思いながら英語は英語でしかないな、と教えてくれたのもAitemです。

 

わたる

 

言葉じゃない表現って大事だな…と。なにか伝わってくる熱量、伝えたいことはなにか?それを受け取って想像する。

 

それが究極だと思うんです。だから、結局は英語も日本語も本当に伝えたいことを載せるツールでしかないと思うようになりました。

 

本当に大事なのは人との関係性、外ばかり見ているけど、本当に隣の人のことを見ることが出来ているのか、ということが大事だと思うんです。

 

本当にその通りだと思います。

そして、さすがAitem生です!

 

今も役に立っていることはなんですか?

 

恥を書き捨てる大切さ。これはここで教わりました。出来ないことは出来ない。等身大でいることが1番成長するんだと言うことを実感した。

 

Aitemはコミュニケーションスクール。コミュニケーション能力でここ学んだ、

変わったと言うところがあればお願いします!

 

実践力ですかね。

 

相手に英語を使って気持ちを伝える。相手がいっていることを英語を通じて気持ちを受け取ることの自信はここで培われるものだし、培われたものです。英語を通したコミュニケーションの自信は上がりました。

 

あと、脱線しますけど、みんな英語を勉強していればコミュニケーションが取れると思っている人が多い気がします。

 

ということは英語勉強してもコミュニケーションがとれないという経験をしたのですか?

 

はい、ベトナムでインターンに行ったことがあって。そこですかね。そこで面白いことがあって!

 

インターンの仲間で英語がぺらぺらな人がいて。外国人に商品を売るってなったときに1時間でその人はまさか1つも売れなかったのです。誰よりも英語で話している姿はあったんですけどね…

 

でも僕はたまたま、5分で1つ売れたんです。しかも日本語しか使っていなくて。そこで英語が全てじゃないんだと確信した瞬間でした。

 

大事なのは何をどのように、なぜ伝えるのかが大切ですね。

これからAitem入会を考えている人に一言お願いします!

環境は用意されています!自分の取り組む姿勢次第でなりたいようになれます。答えはAitemにはない。どうなるかは君次第。

 

それをサポートしてくれる素晴らしいスタッフは揃っています。実は毎回Aitemを勧めるときはAitemのスタッフを勧めちゃうんです。(小声)それくらい信頼できます!

Aitemで一緒に英語を学びませんか?

Aitemは

 

Aitemではいつでも見学や、英語学習に対してのご相談を受け付けています!

ぜひお気軽にご相談ください!

 

気軽に相談してみる!

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!