家族内のコミュニケーション不足を改善する最低限のこと

家族写真

 

こんにちは!

 

 

挨拶ってとても大切ですよね!

 

いきなりなんのことだ?

 

と思ったと思います。笑

はい、間違いありません。いきなり過ぎました。笑

 

 

後々触れていきますので

 

 

挨拶大事!

 

 

頭の片隅にでも入れていただけたらなと思います。

 

 

今回、僕がお話ししたいのは

 

 

家族間でのコミュニケーションについて

 

 

です!

 

人間ですもんね、

 

コミュニケーションをとることは生きることにおいて必要不可欠な要素です。

 

しかし、案外一番身近な人とこそコミュニケーションがとれていない、

 

 

そんなの寂しいですよね。

 

 

 

家にあまりいない、

帰ってきても揃ってスマートフォン、

食事中ですら会話がない、

 

 

個人的にはあまり好きじゃないですが

 

全然悪いとは思いません!

 

 

これを機に少しでも

 

毎日を見直してみよう。

 

そう思えてもらえたら嬉しいです!

 

 

 

コミュニケーション、減ってませんか?

 

 

 

昔と比べてみてどうでしょうか?

 

夫婦間はもちろん仲がいいですよね!

 

 

結婚して間もないのでしょうか?

 

おはようとともに爽やかな朝を迎え、

美味しい朝食にコーヒー、

目の前には愛する人、

行ってきますのキス、

 

そんな朝でしょうか?最高ですね。笑

行ってきますのキス

(妄想です、ごめんなさい。笑)

 

 

 

さらに子供を授かり、

 

生まれた時にはもう

幸せの絶頂ですよね。

 

 

そして子供が無邪気に笑う、

片言でも話し始める、

 

 

そんな成長が見られたら家庭は非常に明るくなりますよね!

そこに活発なコミュニケーションがないはずはありません。

 

 

 

子供の元気さは無敵なのではないかと最近感じます。

 

 

いつから減ったのか?

 

 

 

これに関しては家庭によって差がありますし、

 

そもそも変わらずコミュニケーションを

とっている家庭もたくさんあるかと思います。

 

 

 

子供達は成長し、必ず思春期や反抗期を

迎えていくものだと思います。

 

これは仕方ないです。

 

 

でも、親の立場からしたら

正直寂しくなってきちゃいますよね。

 

 

 

やはりここがきっかけの方が

多いのではないでしょうか?

 

 

 

夫婦間はどうでしょうか?

 

 

個人的にはいつまでも仲良くいて欲しいものです。

 

しかし現実はそんな甘くありませんよね

 

 

まず、奥さんは

 

出産をきっかけに女から母になる。

 

なんてよく聞きますよね。笑

 

 

実際に子供に目がどうしても行ってしまい、

ご主人との会話が少なくなる、

 

なんてことも少なくありません。

 

 

 

子供を育てるための教育にはとにかくお金がかかります。

特に高校、大学進学につれて特にそうですよね、

 

 

ご主人も仕事ばかりになり、

束の間の休日は自分の時間を優先したく

なってしまうかもしれません。

いじける男

 

 

このように子供の成長とともに現れるもの、

 

逆にその分だけ時間が経ったということです。

 

いつまでも同じ気持ちで、

というのは難しいのでしょうか?

 

 

 

コミュニケーション不足でどうなるのか?

 

 

 

完全に僕の考えでしかないですが、

 

 

結論、

さらに空気が悪くなってしまい

悪循環になってしまうのではないかと思います。

 

 

 

さらに、子供というのは

幼少期であろうと、

思春期だろうと、

どんな時期でも言えるのですが、

 

 

 

空気をかなり察してしまいます。

 

 

喧嘩している時や

もう冷めきってしまっている

 

なんてことは

嫌なくらい伝わってきます。

あ、察し、

 

 

そんなのいい気持ちになるはずがありません。

 

 

 

そこで誰とも会話がない、

長期休みになっても外出もない、

 

 

結構これが危険なんです。

 

 

猛烈な寂しさ、孤独感を感じるようになってしまう

鬱になってしまう、

 

などのデータもあります。

 

 

 

それくらいにコミュニケーションをとることは

大切なのです。

 

 

 

ではどうしたらいいのか…!!

 

 

 

ここで冒頭のです!

覚えていますか?

 

 

挨拶をすることからオススメします!

 

 

 

理由はシンプル。

 

簡単に出来るということです。

 

 

もちろんしっかり顔を見て言ってみましょう!

自分も気持ちよくなるはずです。

 

 

 

子供は中学に入学し少ししてからでしょうか、

友人や恋人と共有する時間が増える子も多いと思います。

 

正直、これは仕方ありません。

 

 

お疲れ様、などと声をかけてみると

意外と子供の方から口を開いてくれる…

かもしれません。

 

 

 

 

しかし、一番は

夫婦間での気持ちの入ったコミュニケーションに

勝るものはないと思います。

 

 

親が明るい空気を作り出している

 

 

 

これだけで子供は安心するに違いありませんし

自然と釣られて口が開いてしまいます!

 

 

空気は間違いなく伝染していきます。

せっかくなら良い空気を伝染させていきたいですよね?

 

 

 

焦る必要はない

 

 

 

ここまで重めに話してしまいましたが。笑

 

 

正直こういったことは

子供が成長していく過程ですし、

ポジティブに捉えれば

これだけ長く二人で寄り添ってきたんだ、という

証拠であったりもするかと思います。

 

 

 

だからコミュニケーションの機会を減らさない

という方が難しいと思います。

 

 

親なんて…と思う時期もあると思います。

 

夫婦でもお互いに冷めきって

空気のようになってしまう、

 

 

そんなことも聞いたことがあります。

 

 

 

しかし焦る必要は全くありません。

かといって無視をし、そのままにしておくのは

よくありません。

 

 

 

親子間、夫婦間ともに

お互いの変化を受け入れあいながら

寄り添っていけたら

 

 

自然とコミュニケーションは生まれ、

良い空気感へとつながるのではないでしょうか?