fbpx

対面/オンラインが都度選べる!

無料個別ガイダンス

無料個別ガイダンス 未来を創る子供教室 NPO法人セブンスピリット

-BLOG-

like / love / affectionの違いは?ネイティブ感覚で使い分けよう

英文法 2023年8月10日

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!

みなさんは、「愛」を表す英語表現の使い分けに悩んだことはありませんか?

 

like, love, affection, attachment, fondness…

 

日本語でも愛、愛情、好意、恋心、愛着、敬愛…等、多くの表現があるのと同様、英語にも「愛情」を表すたくさんの表現があり、それぞれ異なるニュアンスがあります。

 

今回は、そんな「愛情」を表す英語表現の違いや使い方について解説します!

 

洋楽や海外ドラマ、日常会話でよく耳にする表現ですので、違いを知っていると英語の理解力が大きくアップできます。

 

ニュアンスの違いを理解し、自信をもって英語表現を使えるようになりたい方はぜひご覧ください!

 

また、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!

 

対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

 

公式ラインを登録する

like / love / affectionの違いは?

 

likeは、人やモノに対して興味・好感・楽しさなどといった、「いい感情」を抱くことを表します。

SNSの「いいね」が「like」であるように、「いい!」「好き!」と思った人やモノに気軽に使うことができます。

 

 

affectionは、loveへの第一歩で、人やモノに愛情を抱くことを表します。

人や場所などに対し、温かい感情や愛情を持つようなときに使うことができます。

 

 

loveは、affectionよりも一歩進んだ愛であり、精神的、身体的に深く強いつながりを感じる揺るぎない愛情のことを言います。

人やモノが唯一無二の存在であり、かけがえがないほど大切であるようなときに使います。

likeの意味と使い方

 

likeは、人やモノに対して興味・好感・楽しさなどといった、「いい感情」を抱くことを表します。

 

「いいね」「好き」「楽しい」など、自分が気に入った人やモノについて、気軽に使うことができます。

 

I like your T-shirt.

そのTシャツいいね。

 

Do you like fish?

魚は好き?

 

I really liked the film.

その映画がすごく気に入った。

 

また、likeのあとに to不定詞 や動名詞-ingを続けて、「〜することが好き」を表すことができます。

 

I like to spend my Sunday at home.

日曜は家で過ごすのが好きだ。

 

I like hanging out with you.

あなたと出かけるのは楽しい。

 

I don’tlike talking in public.

人前で話すのが好きじゃない。

 

to不定詞と動名詞の違いについては、to /-ingをイメージで簡単に使い分け!to不定詞と動名詞の違いを解説の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください!

affectionの意味と使い方

 

affectionは、loveへの第一歩で、人やモノに温かい愛情を抱くことを表します。

 

場所や人などに対して、温かい思いやりの気持ちや、優しい愛情の気持ちを表す際に使います。

 

家族やペット、友人や場所など、自分にとって大切で愛しいものに対する温かい感情がaffectionになります。

 

He had a deep affection for his parents.

彼は両親に深い愛情を抱いていた。

 

Our father never showed us much affection.

父親は、私たちにあまり愛情表現をしなかった。

 

I have a great affection for London.

ロンドンに強い愛着がある。

 

Pets should be treated with affection.

ペットは愛情を持って扱われないとならない。

loveの意味と使い方

 

loveは、affectionよりも一歩進んだ愛であり、精神的、肉体的に深く強いつながりを感じる愛情のことを言います。

 

モノに使う場合、「大好き」であることを表しますが、人に使う場合、ただ恋心や愛情をもっているだけでなく、その人物を信頼し、深い部分で親愛や情熱を感じるようなときにぴったりな言葉です。

 

家族間やカップル間の深く、強く揺るぎない愛情は、loveで表すことができます。

 

I love my job.

私は自分の仕事が大好き。

 

Last night she told me she loved me.

昨晩、彼女から愛してると言われた。

 

He loved his children.

彼は子供たちを愛していた。

 

また、loveもlikeと同じように、 to不定詞 や動名詞-ingを続けて、「〜することが大好き」を表すことができます。

 

I love cooking.

料理が大好き。

 

I love to play the violin.

バイオリンを弾くのが大好きだ。

「愛情」や「好き」を表す英語表現

ここでは、like / love / affection以外に “愛情”を表すことができる英語表現をご紹介します!

 

洋楽や海外ドラマなどにも頻出の表現ばかりですので、この機会にマスターしましょう!

 

好きな人を口説くフレーズについては、英語で口説く時に使えるフレーズ60選!悪用はしないで下さいの記事で紹介していますので、あわせてご覧ください!

 

be in love:恋している、付き合っている

be in love は、「恋している」「惚れている」「付き合っている」という意味で、主に恋愛感情を表す表現になります。

 

たとえば、“I’m in love with you.”と言えば「あなたに恋をしている」という告白のようになります。

 

”I love you.”と違うところは、loveは「恋愛感情」を超えた重みを持ち、より深く精神的なつながりを感じている状態を表すのに対し、be in loveは一時的に惚れている状態を表すというところです。

 

I want to be in love.

恋がしたい。

 

I think they are in love.

彼らは付き合ってると思う。

have feelings for~:~に愛情がある、惹かれる

have feelings for〜で、「〜に愛情がある、惹かれる」という意味になります。

 

主に恋愛的な意味での「気持ち」や「恋心」を持っている様子を表します。

 

I’ve started to have feelings for him.

彼に惹かれ始めた。

 

 We both now have feelings for each other.

いまや私たちはお互いに好意を持っている。

be fond of~:~が好き

be fond of〜で、「〜に愛情がある」「〜が好き」という意味になります。

 

like〜very much”に似ていて、likeよりも強く、loveよりも弱い愛情を表します。

 

恋愛感情の「好き」というよりは、長年知っている人や親しんだモノについてよく使われる表現です。

 

I’m very fond of her.

彼女のことがとても好きだ。

 

He’s very fond of music.

彼は音楽が大好きだ。

adore:敬愛する

adoreは、「敬愛」「崇拝」のような、愛情に加えて尊敬も抱いているような、心からの憧れに近い愛を表します。

 

モノに使う場合、少し大げさに「大好き」という意味を表すことができます。

 

It’s obvious that he adores her.

彼が彼女のことを大好きなのは明らかだ。

 

I adore chocolate.

チョコが大好き。

care for:大切に思う

care forは、主に人に対して用い、その人を愛情に基づいて大事に思っていることを表します。

 

友達や家族などを「とても大切に思っている」ということができますが、控えめな恋愛感情(I love you.の軽いバージョン)を表すこともあります。

 

I really care for him.

彼のことがとても好き。

 

They cared for each other.

彼らは思い合っていた。

attachment:愛着

attachmentは、人やモノに対する「愛着」や「愛情」を表します。

 

attachmentは、「くっつく」という意味の動詞「attach」の名詞形であり、対象に引き寄せられて離れがたく感じるような強い愛情を表します。

 

He has a strong attachment to the place.

彼はその場所に強い愛着を抱いている。

 

She formed a deep attachment to her sister.

彼女は姉を心から慕うようになった。

fav:推し

favfaveは、推しという意味で使うことができるスラングです。

 

favorite(一番のお気に入り)の英語表現を短縮した表現です。

 

I like all the members, but he is my fav.

メンバー全員好きだが、彼が私の推しだ。

 

My fave is Joey.

私の推しはジョーイだ。

「愛情」を表す英語表現を使い分けるコツは?

like / love / affectionの違いや使い方、「愛情」を表す英語表現をご紹介してきました。

 

同じ「好き」を表すにも、重みやニュアンスが異なることがわかったかと思います。

 

「その髪型いいね!」「この本好きなんだ!」など、日常の中で「愛情」を表現する機会はたくさんあります。

 

その際に、自分の表現したいニュアンスにピッタリの英語表現が使えるようになると、会話がもっと楽しくなりますよね。

 

今回学んだ表現を頭に定着させるためには、実際にアウトプットすることが重要です。

 

アウトプットをすることで英語表現の幅を増やして、ますます楽しく英会話ができるように頑張っていきましょう!

 

ただ、独学で英語を勉強していて

ここの文法がわからないな・・・・

この単語と単語の違いって何なんだろう?

TOEICやTOEFLの効率の良い勉強法が知りたい・・・

などと思ったことはありませんか?

 

現在、英会話スクールAitemでは公式ラインに登録していただいた方限定

海外ドラマ1000時間観た悲イケメン(モテ男)達が手がけたフレーズ集

英語学習や文法相談、留学相談など聞き放題!

3時間無料体験レッスンをプレゼント!

有料級のイベントに参加可能!

登録者限定の英語学習情報を日々配信!

5つのスペシャル特典をお渡ししております!1人での英語学習を全力でサポートさせてもらいたいと思っています!

 

また、対応させていただくスタッフ陣はTOEIC満点、IELTS9.0(R)、英検1級などエキスパートばかりです。ぜひこの際にご登録ください!

公式ラインに登録して無料プレゼントをゲットする

 

Aitemのことをもっと詳しく知りたい方はこちら

Aitemってどんなスクール?

このブログは”超”スピーキング重視の英会話スクールAitemが運営しています。Aitemについて知りたい方は是非『Aitemってどんなスクール?』をご覧ください!