日本語ディスカッションの授業を終えて

こんにちは!
今回は日本語ディスカッションを終えての
生徒さんの感想をブログにアップします!

 

「英会話スクールなのになんで
 日本語ディスカッション?」

 

というような疑問の声をたくさん頂きました。

 

英語も日本語もそうですがコミュニケーションの
根底にあるものは

 

『伝えたい』

 

という、思いから始まります。

英語の基礎学習はしっかりしてきた、
単語も文法も完璧!


というような人でも
なかなか自分の意見をすぐに言えない、
英語で相手に伝える力が極端に低い・・・

 

それを克服する為に
まずは日本語でも

「自分の意見をしっかりと持ち、 
 相手に伝える」

という練習をするために始まったレッスンです。

 

また、自分の思いを相手に伝えることにより

・自分ってこういう考えを持っていたんだ
・今まで考えてこなかっただけで考えるって楽しい
・こんなに真剣に考えたことは無かった

 

などなど、色々な声を頂きました。

 

今回はAitemの生徒さんに
日本語ディスカッションを終えての
感想を書いて頂いたので
ブログにアップしたいと思います。

 

〜21歳 Aさん 感想〜

 

私は最初一歩を踏み出すことが苦手で、
常に受け身姿勢を取っていました。

 

そのため、現状維持することが多く、
新しい環境に対して抵抗を感じていました。

 

 

これは発言をする場でも同じでした。
誰かが意見を発するとそれに便乗してしまい、
自分の意見を言えないことが度々ありました。

 

 

しかし、大学生という時間を自由に使える今こそ
不得意なことに挑戦すべきなのではないかと考えました。

 

日本語ディスカッションレッスンを受けてみて、
考えていたことを相手に話すことで、
整理できました。

 

 

自分の中で軸となっている考え方を発見できました。

 

また、議論するテーマも内容の深いものでした。

 

テーマ一つに対して個々人が
考えていることには違いがあり、
意見は十人十色であることを体感しました。

 

 

 

私はこのレッスンで

代表のゆきさんの

『失敗したひとしか成功しない』

 

という言葉が印象的でした。

 

失敗は様々なことを経験しないと
味わうことはできません。

 

 

そのため、まずは飛び込んでみることが大事で、
そこにこそ自分が好きなことに
出会うチャンスがあると教わりました。

 

 

今まで安全志向で、
未知なものに出会うことを恐れていましたが、

 

今後は気持ちを新たに行動していきたいと思います。

 

2時間という短いレッスンですが、様々なことを学べた充実した時間でした。