初回ガイダンス Q&A

こんにちは、ゆきです。

毎日毎日極寒な日々が続きますが、

皆さま体調など壊していませんか?

 

 

 

 

Aitemのスタッフは今のところ誰もインフルエンザにならず

みんな健康管理の徹底が素晴らしいなと

こっそり感激しております。

 

 

 

今日は

生徒さんと初回面談をさせて頂いた際に出る質問を

blogでもシェアしてみようと思います。

(勝手に恒例化しようとも思ってます!笑)

 

 

 

 

ーーーーーーー

Q:人から共感されない事や、変わってるねと言われる事が多くて、

自分の意見を言うのが苦手になってしまったのですがどうしたら

言えるようになりますか?

ーーーーーーー

 

 

 

 

A:こういう人のためにAitemはあるんじゃないかと思うような 

質問だなあと思いました。

 

 

 

日本という国は「マジョリティー正義説」がとても根強い気がします。

そしてそういう傾向に私も苦しんできたタイプです。

 

 

 

でもだからこそ、声を大にして言いたいのですが、

人と違う、と言われ続けたところが今の私の強みになって

Aitemは生まれたと思います。

 

 

学生時代は

違う事、変わってる事、それはネガティブ要素になりがちですが、

 

 

社会に出ると、

それは強みになるんじゃないかと私は思います。

 

 

 

ましてやITだ、AIだ、という時代に

保守的になりがちな日本でも、

人と同じことが出来ること、人と同じことを言うこと、ということより

逆が求められる時代にどんどんなってきてると思います。

 

 

 

人に共感をされないから間違っているわけでもダメなわけでもない

 

 

 

「私はこう思う」

 

という自分の意思を、真っ直ぐに持ち続けることは

これからの時代を生き抜く上でとても必要なことだと思います。

 

 

 

そして、意見を言う、と言うことからが「スタート」だと言うことが

もっともっと当たり前になって欲しいと強く思います。

 

 

 

Aitemのディスカッションレッスンは

そんな思いから出来ていたりします。

 

 

 

誰かに合わせるのではなく、

 

 

いろんな意見を知り、

感受性を使い感じ、

分の意思を自分で知る、

ということがとても大切なのです。

 

 

 

意見を言う時には必ず

 

 

 

「あなたはどう思う?」

 

 

と言う質問を付ける、というのも外国人は当たり前にしていて

意見を言うということが和を乱すことだなんて誰も思っていません

 

 

 

本来、ディスカッションというのは

何かを生み出す、今をよりよくする、

とてもポジティブな空気を発生させるものであるべきなのです。

 

 

 

だから意見を言う時の姿勢や声のトーンはとても大切です。

 

 

 

下を向いて小さな声で言う意見は、

ネガティブな空気にしがちですが

 

 

 

真っ直ぐに伝えたい思いを凛として声に出す、

と言うだけで

伝わり方は全然変わります。

 

 

 

「伝える」

 

 

という事は口を使うだけでなく

自分の体を全て使ってする行為。

 

 

 

それを意識するだけで意見の伝わり方は大きく変わるので

意識してみることをお勧めします!

 

 

 

追伸

Aitemのディスカッションではどんな意見の人がいても

最終的に必ず楽しく理解しあえます。

(それがどうしてなのかは、いわゆる企業秘密にさせてください!笑)

だから安心して思うことを思うままに言葉にしてくださいね★