【意外と遠くない?セカイ、グローバル化】

こんにちは!

Aitemスタッフの原です!!!

 

 

 

 

「セカイ」

「グローバル化」

 

 

という言葉を聞いて

留学に行く前の自分は

 

(留学に行ったのは

 今から2年前の春から1年間です)

 

 

“すごいスケールのある、大きなもの”

 

 

だというイメージを持っていました。

 

 

 

 

 

というのも、

海外を身近に感じていなかったからです。

 

 

 

 

 

今自分は静岡県に住んでいるのですが、

 

 

 

 

 

 

数年前より確実に、

外国人は増えてきているなと

体感します!!

 

 

 

 

 

しかし実際海外に行ってみて

イメージが180度変わりました!!!

 

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

 

主に3つ理由としてあります。

 

 

先に結論をまとめると、

 

 

①海外に行くことは誰でもできるから

②SNSによって誰でもどこでも連絡を取れるから

③グローバル化がかなり進んできているから

 

 

 

 

これらを体感したことでイメージが変わりました。

 

 

 

 

1つずつ解説します。

 

 

 

①海外に行くことは誰でもできるから

 

 

 

正直お金とパスポートさえあれば、

海外に行くことはできます。

 

 

これってすごいなと思いました。

 

 

 

 

なぜならば無意識のうちに、

国と国には大きな壁を感じていたからです。

 

 

 

 

 

それぞれの国に、

色があり、歴史がある。

 

 

 

 

しかしその違いを誰しもが

感じることができる、

 

 

 

 

知らないことを知る瞬間は

誰にとってもワクワクするものです。

 

 

 

 

誰でもできるからこそ

身近に感じますよね!!

 

 

 

 

 

②SNSによって誰でもどこでも連絡を取れるから

 

 

連絡手段の急激な進歩も

1つの要因だと思います。

 

 

 

 

だって、スマホの普及も

あっという間でしたよね(笑)

 

 

 

 

ちなみに自分は中学2年生から

スマホを使用していました!

 

 

 

 

ですが今の子供は小学生、

もっと言うと3歳の子でも触っていますよね(笑)

 

 

 

 

SNSの影響力はすごいものです。

 

 

 

 

こうして書いているこのブログも、

 

 

 

 

WIFIさんがいればどこでも

見ることはできますよね(笑)

 

 

 

 

たとえ国が離れていても、

 

 

 

 

同じニュースの話題で

盛り上がることができる、

 

 

 

 

これもすごいことだと思っています。

 

 

 

 

 

それに友人とも気楽にメッセージ、

ビデオ通話もできる。

 

 

 

 

これは身近以外の何ものでもないですよね(笑)

 hara2-2

 

 

③グローバル化がかなり進んできているから

 

 

 

最近新宿によく行くことがあるのですが

新宿のお店はどこに行っても

外国人労働者を見かけます。

 

 

 

それに、

メニュー表示も英語や中国語です。

 

 

 

 

 

しかも地元の静岡ですら、

英語表記をよく目にします(笑)

 

 

 

 

 

それくらいグローバル化は浸透してきているのです。

 

 

 

 

 

グローバル化、

世界はもう身近な存在です。

 

 

 

むしろ身近になったことで、

自分自身の可能性も広がっている、

ということです。

 

 

 

 

 

前まで遠かった

セカイが身近にあるというのは

すごい時代の進歩だと感じます。

 

 

 

そして、存分に楽しみましょう!

 

 

まだまだ遠くの存在だと思う方は、

他の記事も読むことをおすすめします。