あとは勇気だけ!英語を話すためには勇気だけでいい

こんにちは!

英会話教室Aitemスタッフの矢野です!

 

 

 

 

 

 

 

☆英語をひたすら勉強したけど

 なぜか言葉がでてこない・・・

 

 

☆練習はしたのにいざ

 海外の人を目の前にすると足がすくむ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことに身に覚えのある方は

是非この記事を最後まで

読んでみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は僕の実体験も交えながら、

どうすれば英語が全く話せない状況から

海外の人と堂々と会話をできるようになるのか

 

 

 

 

 

という秘密をご紹介できればと思います。

 

 

【意外と理解できてる?日本人の英語力】

 

 

 

 

 

日本人の英語力の特徴としては

リーディング、ライティングはなんとかできるけど

全然話せない、ということです。

 

 

 

 

 

これはみなさんも感じていることだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

リーディング、ライティングも全然できない!

というそこのあなた。

 

 

 

 

 

 

心配はいりません。

日本人できちんと義務教育を受けた方なら

A、B、C〜Y、Z

と、アルファベットは全部覚えていると思います。

 

 

 

 

 

 

また、自己紹介も名前、年齢ぐらいですと

すらすら言える方も多いのではないのでしょうか。

 

 

【なぜ、英語が話せないのか?】

 

 

 

 

 

 

「だったら、どうして基礎はあるのに英語が話せないの!!!」

という疑問が浮かんでいると思います。

 

日本の英語教育における問題

 

 

 

 

その理由としてはいくつかあると思うのですが

まず大きな理由としては

日本の英語教育にあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

過去の英語の授業を思い出してみて下さい。

(悲惨すぎて記憶を消している!という方は

 飛ばして下さい!笑)

 

 

 

 

 

毎回毎回、単語テスト、文法のテスト、

間違ったら×をされる、現在形、過去形、

現在完了進行・・・・・

 

 

 

 

 

「あ〜〜〜もう全然覚えられな〜〜い・・・」

 

 

 

 

そうなんです。

今までは英語を全て記憶する、という

勉強方法だったんです。

 

 

 

 

 

 

僕も全く文法は分かりませんでした・・・

とにかく試験の時は丸暗記でテストを

受けていたのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

入試では点数が取れるから

良いかもしれませんが

実際に

 

『英語を話す』

 

と、なれば話は別です。

 

 

 

 

 

 

 

「読む、書く」

 

なら、日本の勉強法で出来るかもしれませんが

 

「聞く、話す」

 

となってくると全く出来ません。

 

 

 

 

間違った英語を話すのは悪

 

 

 

 

また、ここから派生して

間違った英語を話すことは

いけないことだ!

 

 

 

 

 

 

という意識が日本人の中には定着し始めます。

 

 

 

 

 

 

こうなってくると、英語アレルギーがどんどんと

勢力を増してきます。

 

 

 

 

 

 

 

また、周りの日本人も

 

 

 

「英語は間違ったらいけないものだ!」

 

 

 

 

という、認識があるので

間違った英語を話している人を見ると

すごく悪い物を見るような目で

見てしまいます。

 

これも日本人特有だと思います。

 

 

 

【では、英語を話す為にはどうすればいいか?】

 

 

 

 

タイトルにも書いた通り

日本人が英語を話せるようになるためには

 

「勇気を出す!」

 

本当にこれだけだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

勇気を出して、間違うことを恐れず

何回も英語を話すことが一番大切です。

 

 

 

 

 

 

僕たちが日本語を話せるようになったのは

赤ちゃんの時から何度も何度も間違えてきたからです。

 

 

 

 

 

 

なんなら今、日本語ですら

間違うこともあります

 

 

 

 

 

 

 

ただ、英語は最初にやった(やらされた)

勉強法が体に染み付いているので

なかなか、英語を話す、ということに

慣れません。

 

 

 

 

 

 

 

最初は、赤ちゃんのように単語だけでもいいので

まずは口に出してみる

 

 

 

 

 

 

ということを初めてみてください。

本当に変わります。

 

 

【勇気を出す為には】

 

 

 

 

 

 

ここで必要なのが1人で

話していても勇気はつきません。

 

 

 

 

 

では、どうするか?

 

 

 

 

 

 

英語を使う環境を自分で

作りましょう!

 

 

 

 

◯通りすがりの海外の方に挨拶してみる

(意外と答えてくれます笑)

◯道に迷ってる海外の人に声をかける

◯国際交流パーティーに参加する

◯英会話スクールに通う

 

 

 

 

 

などなど思いつく限りでもたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

オンラインよりも絶対にリアルでの会話を

おすすめします。

 

 

 

なぜかというと、人との緊張感の中で

会話が出来るから。

 

 

 

 

 

 

これは僕の経験なのですが

僕も全然英語が話せない時に

海外の友人ができました。

 

 

 

 

 

 

その友達たちから

毎週、週末になると

「Going out tonight?」

(今夜、どこかにいかない?)

 

 

 

と、お誘いの連絡がくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の僕はその連絡が

本当に嫌で嫌で、

金曜日は毎週ビクビクしていました。

 

 

 

 

 

 

ただ、これは良い機会だな、

と思い、最初は勇気をだして

行ってみたんです。

 

 

 

 

 

 

 

そこでの会話は英語

オンリー。

 

 

 

 

 

 

 

その場に立たされると人間すごいもので

単語だけでも伝えようとしている自分がいました。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、相手にも伝わっていて

すごく楽しい週末になったんです!

 

 

 

 

 

 

 

その時に、あれ、

「おれってもしかして英語話せる?」

という、気持ちになったのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

そこで少し自信がつくと

どんどん誘って欲しい!

 

 

 

 

 

 

 

もっと海外の人と遊びにいきたい!

 

 

 

と、なってきました。

 

 

 

この、少しの成功体験を

積み重ねることが

英語を話せるようになるための

一歩目だと思います。

 

 

 

 

 

『まずは勇気をもつこと』

 

 

 

 

できることから初めてみて

下さい!