TOEICが出来れば英語が話せるは大間違い?!500人の生徒を見てきてわかったこと

こんにちは!

Aitemの中の人です!

 

 

今日は多くの人が間違えがちな

TOEICが出来たら英語も話せるようになる!

というのは大間違いだよ!

という記事を書いていきます。

 

 

TOEICの勉強だけをひたすらやっている人がいれば

今すぐこの記事を見てみてください。

 

 

TOEICって必要なの?

 

多くの人が疑問を持っていると思います。

TOEICって必要なの?って。

 

 

結論から言うと必要です。

 

 

これからは英語が話せる人が求められる時代だ!

と、言われていますが、まだまだ採用の段階で

TOEICの点数を見ている企業はたくさんあります。

 

 

やはり、資格を持っているとなると、資格を取るまでに

頑張ったんだな、と言う評価にもなりますし、

企業側が面接の前に一定の評価をし易くなります。

 

 

また、もっと言うと、英語が話せる人は

必然的にTOEICの点数が高くなる傾向にあります。

 

 

なぜなら、今現在のTOEICの主流派

ReadingとListeningです。

 

 

自分からのアウトプットがないので、TOEFLやIELTSのような

難しい試験ではありません。

 

 

そのため、最低限の英語のレベルを知る、と言うことも出来ます。

 

 

TOEICの点数をどう活かすか?

 

 

逆にTOEICの点数が取れた人はどのようにして

実生活に活かすか?

を考えたいと思います。

 

 

TOEICの点数が高くて、実際は全然話せないとなると

採用側としてはそのギャップを感じ、評価としては、話せない人よりも

下になる可能性もあります。

 

 

そこで、TOEICの点数が高い人は英語を話す練習をしましょう。

そう、英語でのコミュニケーションの機会を増やしていくのです。

 

 

日本にいると、なかなか英語でコミュニケーションが取れる場が

ありません。

 

 

自分から探しに行かないと本当に英語を1分も話さず、1日が終わる、

と言うことも当たり前にあります。

 

 

アウトプットの場所を探す

 

日本で英語を勉強したい人は必ずアウトプットの場所を探してください。

インプットは最悪自分でも出来ますがアウトプットの機会は、自分から

動かないとありません。

 

 

もちろん、オンライン英会話なども昨今は有名になってきていますが

実際のコミュニケーションを取る、となるとまた別物です。

 

 

自分が実生活で英語を話そうと思った時に咄嗟に英語が

出るのか?

 

 

道端で海外の人に話しかけられた、同僚に英語で話しかけられた、

その時にどう反応できるか?

 

ここが一番大切なコミュニケーション能力になってきます。

 

 

終わりに

 

 

いかがでしたか?

TOEICの点数を持っておくだけでは

なかなか実生活では使えません。

 

 

きちんと使える英語にしてから社会に出ていきましょう!