生きるって尊い

信じることの尊さ。毎日に感謝しよう!

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

突然ですが皆さんは映画は見ますか?

 

外出自粛が解除されたとは言っても、

まだまだ自宅で1日を終える、そんな人も多いと思います。

 

なかのひとも最近、おすすめしてもらった映画を見てみたんです。

 

そんな映画かと言うと…

 

「インポッシブル」

 

というものです。

 

みたことある人もいるのではないでしょうか?

 

実はなかのひと、このインポッシブルが本当に久しぶりの映画だったんです。

 

しかも、本当にまだ見ていないという皆さんにも全力でオススメしたいと思ったので、

今回はその映画の魅力、そこから得られることいついて少しお話しできたらなと思っています。

 

 

 

 

そもそもどんなお話?

 

 

 

インポッシブル

 

そう聞くと何かのアクション映画などを連想する方も多いのではないかと思います。

 

しかし、全然違うのです。

 

 

結構前の出来事にはなりますが、

 

”スマトラ沖地震”

 

まだ比較的記憶に新しいのではないでしょうか?

 

インポッシブルはそのスマトラ沖地震でのある家族の実体験を元に

描かれたお話です。

 

そこには僕たちの想像を絶するような物語や家族愛があったのです。

 

 

 

 

生きるって尊い

 

 

 

これが僕が本作品を見たときに1番感じたことです。

 

ただの家族愛ではありません。

 

非常事態だからこそ生まれる

 

様々な人とのコミュニケーションであったり、

信じる力、

 

そんなことが描かれています。

 

ピンチの時だからこそ、本当の◯◯が試される

 

みたいなものはよくありますよね。

 

まさにそれで、

 

生きるって本当に素晴らしいことなんだと痛感しました。

 

非常事態だからこそ、

 

助け合い

自分に出来ることをそれぞれが全うし、

心を動かし動かされるなかでの

 

様々なすれ違い、

ひとりひとりの思いが津波など、実際にあった災害のリアルすぎる描写とともに

表現されています。

 

これだけでも気になりますよね。

 

実際に内容の話に関しては触れるつもりはあまりありません。

 

なんでもない、この日常に生きているからこそ、

是非見て欲しい。

 

そんな内容になっています。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

どこか物足りない

イメージすることが難しかったりすると思います。

 

しかし、

 

まずは見てみる

 

それを個人的には強くオススメします。

 

実際に自分が同じ状況になったときにどうするのか?

 

もちろん心身ともにボロボロの極限状態下で、です。

 

家族とも離れ離れ、

 

想像するだけでもゾッとしますし、恐ろしいことです。

 

だからこそ、今ある状態に感謝する気持ちが生まれてくると思いますし、

より、力強く生きなくてはいけないですよね。

 

生きるって非常に尊いことです。

 

皆さんも1日1日を大切に、いえ、もっと大切に考えてみてはいかがでしょうか?