中学校で習う英語まとめ!意外と話せるようになる!?

 

こんばんは!

Aitemの中の人です!

 

今日は中学校で習う英語まとめ!

ということで記事を書いていきたいと思います!

 

 

皆さんは中学校で習った英語を覚えていますか??

 

I’am 〜〜

How old are you?

 

など、基礎的なことを習ったな〜ということで

思い出す人もいらっしゃると思います。

 

 

逆に、中学校の英語の授業で英語がちんぷんかんぷんになり

すでに英語が嫌いでした!

という方もいらっしゃるはずです。

 

 

今日はそんな方達のために、中学校で習った英語って

どういうものだっけ?

中学校英語ってどれぐらい使えるの?

 

 

ということをブログで書いていきます。

ぜひ読んでみてください!

 

 

日常会話のほとんどは中学校で習う英語

 

これってほとんどの人が知らない事実ですよね?

実はネイティブの日常会話の70%以上は日本の中学校で習う

英文法、または単語で成り立っています。

 

 

中学校の英語なんて今更やっても意味がないよ・・・

今更勉強しても遅い・・・

 

と思っている方はぜひ今からでも取り組んでみてください。

全然英語を勉強するには遅くありません。

 

 

まずは、中学校英語をできるようにしていきましょう。

 

 

英語で必ず必要になる文法を学べる

 

実は中学校の英語の文法には英語を話すために

必須な文法が詰まっています。

 

 

例えば、時制、疑問詞、動詞の種類(一般動詞など)、否定詞、受け身など

これを知っておくととても便利!

という文法がたくさんあります。

 

 

逆にこの基礎がわかっていないと、それよりも上級の英語を学んだとしても

身につきません。

まずは、基礎、中学校英語を丁寧にやりましょう。

 

 

旅行のためには中学英語

 

 

よく生徒さんからいただく質問の中に

「今から英語を勉強したら遅いですか?」

という質問があります。

 

 

全然遅くありません!

英語を勉強するには今が一番若いです。

 

 

また、旅行をするために必要な英語のレベル感は

中学校で学ぶ英語のレベル感と同じです。

 

 

文法や単語のレベルは本当に中学レベルで足ります。

ここまで覚えることができればあとはアウトプットのみ。

 

 

日本人が英語を話せない理由の1つにアウトプットが全然足りていないということが

挙げられます。

 

 

まずは、中学校英語の基礎、そのあとはアウトプットという形で

自分の英語力を伸ばしていってください!