喉から手が出るほど…

これが欲しかった…!!

こんばんは!

 

喉から手が出るほど…

何かが欲しい!って言いますよね。

 

なんか面白そうなタイトルないものかと考えていたら

なぜか「喉」というワードが頭を過ぎったため

 

 

このタイトルにしました。

 

 

ってことで

 

欲しいもの、ありますか?

 

 

最近僕、物欲に関しては一周回って無いです。

 

欲しいものって自覚した瞬間に

猛烈に欲しくなります。

 

それが人間らしくて好きです。

 

 

この感覚、分かる人は多いのでは無いでしょうか?

特に子供の頃なんかは。

 

何気なく目に入っていたもの

TVで見た好きなヒーローグッズ

お菓子や飲み物

 

泣きじゃくってでも欲しかったですよね。

 

何回も何回もせがんで

何回もダメと言われ

サンタさんにお願いしなと言われ

 

僕の幼少期はとても可愛かったので(小声)、

当時はこれでもかと言うほど毎晩お願いしていました。笑

 

 

そうしてやっと手に入ったものもあります。

 

 

 

欲しいものに対してこんなに必死にならなくなったのはいつからだろう。

 

 

今考えていますが思い出せません。

 

お菓子はお小遣いで

おもちゃなどもお小遣いを貯めるか、

何かと引き換えに交渉してみる

 

手に入れるまでの過程が変わりました。

 

 

成長するにつれてお小遣いの量も増えます

スマホ、当時はガラケーも持たせてもらえました

 

すると遊び方、関心の分野も変わってきます

 

 

 

当時は自由になんでもできる感じが楽しくて仕方なかったです。

 

今までは何も手に入れることに必死になっていました

 

しかし、

中学高校あたりにはそこに対しての不自由がなくなりました。

 

 

その大きな要因の1つは

間違いなくテクノロジーの発達だと思っています。

 

スマホ1つで当時から自由度の増し方が尋常ではなかったと感じています。

 

こんなに色々な人と繋がれて

こんなに自由に物を買えて

SNSにより承認欲求も満たせてしまう

 

ガラケー時代を知っている僕でも今の小中学生は

本当にすごいと思います。

大人は余計に感じるのではないでしょうか?

 

 

だからこそ、

つい見逃しがちですよね、

 

 

「本当に欲しいものって?」

 

 

今は目の前のことばっかりで、

あまりにも世の中がキラキラしているから

あまりにも魅力的だから

 

そればかり。

でもそれって実は簡単にお金など手段次第で手に入ってしまうものばかり。

 

ではないでしょうか?

 

 

今、手に入りにくいもの、

なんでしょう。

 

 

 

こうやって書きながら

実はもうみんな心の中では分かっているんじゃない?

そう思います。

 

欲しいもの、

大切にしたいこと、とも言えるかもしれません。

 

 

もちろんそれは人によって違うかもしれないですし、

同じかもしれません。

 

 

 

本当に欲しいものは?

 

 

意識してみて欲しいです!