「海外の人との会話で便利なこと!」シリーズ第二弾

こんにちは!

Aitemスタッフの加藤です!

 

 

「海外の人との会話で便利なこと!」

 

シリーズ第二弾ということで

やっていきたいと思います!

 

 

 

結論

から言わせていただきますと

 

 

「役立つ単語を覚えよう!!」

 

ということです!!

 

 

 

前回の自分のブログでは

 

「馴染みのあるフレーズ」

 

を増やそうというお話をしました。

 (もしまだ見られていない方がいる場合は
こちらをクリック)

 

 

今回のお話はそのフレーズを自分で作ってしまおう!!

 

という主旨のお話です。

 

 

みなさん小学生くらいから漢字などを覚えるために、

たくさん同じ単語を書きまくったあの嫌な思い出は

ありますか?

katou5

 

自分はとっても漢字が苦手で、
テストで良い点を取るときは決まって
ライバルの友達と張り合おうと頑張ったときだけでした笑

 

まぁ、極論死ぬほど頑張ればなんでもできるのが
この世界ですが、死ぬほど頑張るくらいなら他のことをしたいのが… 

 

そう、

 

私達人間です!!

 

ですから、両立を目指しましょう!! 

 

 

絶対的ピンチでも変顔できるくらいの余力を保ちつつ、

栄光を手にしてやりましょう!!

 

 

そのためには、生産性の高い作業を行う必要があります!!

生産性が高い作業は、行うことで得られる効果が高い作業のことです!!

 

ここで言うならば、やたらめったら単語を殴り書きにするのではなく、

 

日常英会話で

 

「使う可能性が高い役立つ単語」

 

に特化させて、正しい方法で記憶を試みる!!

 

 

 

定着しやすく、勉強する意味のある内容を選ぶのです!!笑

 

 

 

まず始めに、「使う可能性が高い役立つ単語」についてですが、

 

極端な例で言えば

 

 

What’s up bro!?(よーっ!)

(ちなみにアメリカの人はこれを使いまくってます笑)

 

とか

 

I’m lazy to go(行くのだるい笑)

 

とかShit I might fail to the exam in this term

(クソ、今期のテスト落ちたかも…)とかですね笑

 

 

What とかは習ったことはあっても、

 

What’s upなんてのは学校では教わらないでしょう!

 

Pity us(おれらどんまいだな笑)みたいなのも!

 

 

 

日本語の日常会話でよく使う言葉の英語版を

自分の脳の中にストックさせて置くのです!!

 

 

すると今まで習わなかったけど、

よく使える単語に出会えるようになります!

 

katou6

 

そして使いたくなったら、使ってください!!

 

これが最強の記憶方法です。

 

使うことが最強の記憶法なのではなく、

 

「記憶された情報を引き出す作業」が最強なのです!!

 

 

 

ちょっとむずかしい単語も聞けば意味がわかること、多々ありますよね??

記憶はしているということですよ!

 

 あと必要なのは、記憶を引き出すための訓練だけです。

 

本当にこれが一番重要です。

アウトプットの量は何にも負けません。

 

 

The time elapses very fast with you///

(あなたといると時間が早くすぎるわ///)

 

 

 

やかましいですね。

 

ただこのElapseはいいですよ、響きはかっこいいですし、使いたくな

ります笑 

 

使いたくなる表現を見つけて、ストックして、使ってください!!

 

 

Aitemは「見つけた表現」を使うための時間が嫌という程

あります。笑

 

 

 

Aitemは

 

「話すこと」

 

に特化したスクールなので、

新しい役に立つ単語を使って覚えていきましょう!

 

 

その試みが、必ずあなたの表現で話すための糧となりますよ!

 

 

 

また他にも色々聞きたいことありましたら、
下のコメントからどうぞ!