全然できてない?!コミュニケーションと僕の現実

こんにちは!

Aitemスタッフの村田です!

 

 

 

 

もう11月になってしまいましたね!

今年が終わってしまう。

 

 

 

 

 

最近は、もうこればかりが

僕の頭の中でチラついてしまいます。涙

 

 

 

 

 

今までコミュニケーションに関して

お話ししてきました。

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

 

もちろん今までの話が

全てではありません。

 

 

 

 

そして、そんな簡単なものでは

ありません。

 

 

 

 

もちろん、

あんなに偉そうに書き綴っていた

僕自身も全然できていないです。

 

 

 

 

 

でも、

ちゃんと相手を思いやって、

感謝して、

思いを伝えることが出来たら、

絶対に人間関係良くなります。

 

 

 

 

 

しかし、思いやること、

感謝などはスキルになりがちです。

(実際に僕もそうだと思います。)

 

 

 

 

 

心から、思うことが本当に大切です。

…一緒に頑張りましょう!

皆さん!!涙

 

 

 

だから今回は、

僕自身、このようにズラズラと

ブログを更新しているのにも関わらず、

どうしてコミュニケーションが

全然出来ないのか。

 

 

 

 

どの部分で指摘を受け、

どの部分が出来ていないのか、

また、改善しようとしているのかを

実体験を含めて書いていけたらな、

と思います。

 

 

 

 

 

ちなみに、

絶対に僕と似たような方も

少なからずいると思います。

 

 

 

 

バッチリ読んで、

バッチリ分かって頂けたら

嬉しく思います。

 

 

 

 

 

コミュニケーション、何が出来てないの?

 

 

 

コミュニケーションで

何が出来ていないのか、

ということですが、

 

 

 

 

僕は今まで、

 

 

 

・思いやりが大切

・感謝することが大切

これが出来れば、

 

 

 

自然と本音が言える、

思いを素直に伝えることが出来る。

ということを伝えてきましたが、

 

 

 

 

僕こそが

まさに思いやり、感謝を

スキルでやってしまっていた。

 

 

 

スキルでコミュニケーションを

取ってしまっていた、

の典型だと思います。

 

 

 

 

頭では理解できている風、

だから、この様にして文字にも

起こせているのかなって感じています。

 

 

 

 

 

何が出来ていないか、というと

 

 

 

「相手の立場に自分を置き換えて

 コミュニケーションをとること」

 

 

 

要は「想像力」が足りていない

 

 

 

そこがあまりにも出来ていないのだと

周りの方から指摘を頂き、

気づくことが出来ました。

 

 

そもそも、そんなことを

指摘してくれる人なんて

どこを探してもいないですよね。

 

 

 

 

普通は何事もなく

接せられていたと思います。

今までもそうでした。

 

 

 

Aitemに出会わなければ

これからもそうだったと思います。

 

 

「想像力」

 

 

と言われた時に正直僕は、

 

 

「普段していることと

 何が違うのか」

と思いました。

 

 

 

というのも

昔から人間観察

(というと怖がられるのですが。笑)

は好きで

何を考えているのか、

などを想像することは好きでした。

 

 

 

 

 

だから沈黙の時間でも

何を考えているのかな、

この人話し出しそうだな、

気まずそうにしているな、

 

 

 

 

と、表情や目線、

雰囲気から様々な想像ができるため、

意外と楽しめたりするタイプでした。

 

 

 

 

 

 

想像ってこういうことなのだろうと

思い続けていましたが、

違いました。

 

 

 

 

 

何が違うのか分かった方も

いるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

僕が今まで想像として考えていた、

想像だと思い込んでいたことは

全て自分軸だったのです。

 

 

想像に必要な判断材料を集め、

 

 

 

自分の中で

「この人は今〇〇だろうな〜、

 △△なんだろうな〜」

と判断していただけでしかなく、

そこに相手の背景も立場もありませんでした。

 

 

 

 

今まではこのズレた感覚、

想像するということに関して

合っていると理解していたのです。

 

 

 

 

確かにこれでは心から

相手の立場になって

考えることなんて

永遠に出来そうにもないですよね。

 

 

これからどうしていけばいいのか?

 

 

 

ということですよね、

そこが一番大切なことですよね。

絶対に変えられるわけがない!

とは全く思いません。

 

 

 

 

今までを振り替えた際に、

あの時、もう少しだけでも

相手の気持ちを考え、

理解した言動がとれたらな、

と思いあたる節はたくさんあります。

 

 

 

 

 

おそらく、

僕は今まで相手の気持ち、というものを

ほとんど考えずに生きてきたのかも

しれません。

 

 

 

 

そんなはずはない。

と信じたい自分も

非常に強かったです。

 

 

 

 

しかし、出来ていない。

現状、周りの人から

このように

ジャッジされてしまっている以上、

認めざるを得ません。

 

 

 

 

 

そこで、僕の中で生まれた

疑問があります。

 

 

 

 

「いや、相手の気持ち、

 立場になって考えるってどんな感覚だ…」

僕の主張として

(出来てない者の意見なので

軽く流してください。笑)

 

 

 

 

 

 

僕と相手、お互い違うなかで

どれだけコミュニケーションをとっても、

120%その気持ちに共感することなんて

無理じゃないのか。

 

 

こんなことばかり思っていました。

しかし、違うぞ、と。

 

 

 

とにかく相手の背景、

ルーツを想像すること。

 

 

 

 

 

その時に自分が同じ境遇ならどうか。

 

 

 

 

 

そこで初めて、

「もしかしてこんな気持ちではないかな…」

と、相手に質問して確認することができる。

 

 

 

 

もし仮に、そこで違ったとしても

「自分だったら〇〇って思うんだけど、

 どう思うのかな」

とまた聞きたくなるはずです。

 

 

 

 

僕の場合は、想像力、が足りてない以前に

想像しよう、という姿勢が

全くもって足りていませんでした。

 

 

 

 

 

だからこそ、最近は

自分の想像で終わらせない。

 

 

 

 

実際に相手はどうなのか、

自分が同じ境遇ならどうか。

これをひたすら考えるようにしています。

 

 

 

 

これをやり続けてどうなるかは

僕にはまだ分かりません。

 

 

 

 

 

しかしながら、

これで出来るようになっている人が

いることも確かです。

 

 

 

 

だからまずは

普段のコミュニケーションから

相手の境遇を

自分に置き換えたらどう思うか。

 

 

 

 

自分なりに考えたことを

提示して聞いてみる。

ということを一連の行動として

意識します。

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひこれを書いた僕のことを

想像しながら

読んで頂けると嬉しいです(小声)

 

 

 

 

 

そして、また

考え直してみてほしいです。

 

 

 

 

皆さんの周りにも

思いやりがないな、

もっとこうすれば

うまくコミュニケーションとれるのに、、、

 

 

 

という方も少なくないはずです。

 

 

 

僕もこのように友人に対して

思うことは多々ありました。

 

 

 

 

しかし、それは

僕自身も思われていたこと

だったのです。

 

 

 

 

 

自分は出来ているだろうと

思っている方がいましたら、

改めて自身が日常的にしてきた

コミュニケーションを振り返って下さい。

 

 

 

「やばい。

 自分も全然出来ていなかった…」

という方がいましたら、

ぜひ一緒に頑張りましょう!!

少しでも良くなった、

変化が見られてら報告いたしますっ!!

 

 

 

 

僕自身のことばかりに

なってしまいましたが、

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。