代表ツイート 1.

 

 

 

佐藤ゆきこ

株式会社R

代表取締役/豊島区国際アート・カルチャー特命大使

 

 

【20代に仕事の面白さを】

【スラムの子供に未来を】

【一歩を踏み出す勇気を】

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

組織において一番理解され辛いのは
No.2だよなと常々思う。
経営者は経営者同士の
暗黙の労いがある気がするけど
No.2は誰に労って
貰えるんだろうかと思うと
どれだけ大切にしても
全然足りてない気がしちゃうのは
自分がNo.2歴の方が
長いせいなんだろか。
No.2が誰より報われる組織にするのが
常々目標。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

社長が理念を貫けるのも
理想を語れるのも
全てはNo.2がいてこそ。
経営者はNo.2ってマジで凄いってことを
もっと広めるべきだと思う。
強い男の裏には
賢い女がいるとか言うけど
強い社長の裏には
圧倒的なNo.2がいる。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

HPインタビュー時、
ゆきさんの人生はハード過ぎて
スクールHPに載せるにはヘビー過ぎると
削られた事が多いのだけれど
そもそもソフトとハードの
境目ってなんだろうか?
とずっと考えていて
そんなのはどちらでも良くて
どれだけリアルを伝えられるかの方が
大事なんじゃないかという
気がしてきてる。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

仕事ほど面白い娯楽ってない。
一番エクスタシィを
感じさせてくれるのは仕事。
それを再確認した一日。
ワークライフバランスとか
何それって思う。
ワークイコールライフだ。
働くことはアイデンティティ。
働くことを奪われたら
死んでしまうと思えるくらい
仕事より面白いことなんてない。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

嫌われるのが怖い、
どうしたら怖くなくなりますか?
という質問をされるたび、
そもそも好かれる前提で生きるのが
違うと思ってるから
わ!好かれたよ!ラッキー!
くらいのハードルにしとくと
信じられないくらい幸せが増えるよ。
と答えてる。
ポカンとされるけど
めげずに答え続けてる。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー