当たり前ってなんだろう

当たり前じゃない!何でもまずは自分から

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

皆さん生きていれば、

 

こうして欲しいな、ああして欲しいな、こうだったらいいな、

はたまた、愛情が欲しい、真剣になって欲しい、

 

そんな悩みもあるかと思います。

 

そういった願望はどうしても持ってしまいますよね。

 

むしろ、持っていて自然なことだと思いますし、

 

もちろん悪いことなんかではありません。

 

しかし、受け取り方やもらい方って物凄く大切だと僕は思っています。

 

割とここ、勘違いしてしまう人多いんですよね。

 

これ、学生と社会人というだけでも随分と変わるのかなと思っています。

 

 

 

 

どうしてもお客様?

 

 

 

学生はどうしてもお客様になってしまいがちです。

 

どういうことかというと、お金を払って学校に来ています。

 

だから学校もお金をもらってる以上、

手取り足取り願望を叶えてくれたり、より良い生活が送れるようにと手助けをしてくれています。

 

学生は圧倒的に受動的になってしまうんですよね。

 

なぜ、ここでこんなにも細かくお話しているのかというと、

 

社会人であったり、本来は逆だからです。

 

能動的に働きかけなければ何も解決していかないのです。

 

 

 

 

まずは自分から

 

 

 

なんでもそうです。

 

それこそ冒頭でも書いたようにこうして欲しいな、

 

ああして欲しいな、こうだったらいいな、

愛情が欲しい、真剣になって欲しい…

 

そういった相手に求めていることありますよね?

 

何故当たり前に相手からそれがもらえる前提なのでしょうか?

 

これが当たり前になってしまうのは本当に怖いことです。

 

まずは自分です。

 

恋愛で例えても、

 

ある人に振り向いて欲しい。

好きと言って欲しい。

 

それなら自分から思いを伝える、

アクションを取り続けることで相手にも

 

「あ、この人本気なんだ」

 

そう思って初めて相手も行動に起こしてくるはずです。

 

愛情が欲しいなら、まずは自分からその人を愛することです。

そうでなければ何も始まりません。

 

しかし、学校はもちろんですが、生きてきた中で、

そういったものは何故か当たり前にもらってきました。

 

だから、無意識のうちに相手から当たり前に貰えるものだと思ってしまうんですよね。

 

そんなのは傲慢すぎます。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

いかかでしたでしょうか?

 

今回お伝えしたいのは、

 

なんでも自分からアクションを取ることが大切

 

ということです。

 

何でもかんでも、してもらえることが普通に

、当たり前になってしまっているのは非常に怖いことだと思います。

 

それに気付かずに社会人になってしまったり、年を重ねると…。

 

大人になっても何でも他人任せ、かなりかっこ悪いですよね?

 

知らず知らずのうちに人は傲慢になっていきます。

 

まずは自分から。

 

これを意識してみるだけで、きっと見える世界は変わっていくと思います。