些細なことなのに

些細なことの積み重ねの大切さ

こんにちは!

Aitemなかのひとです!

 

 

 

 

 

タイトルにもありますが、

些細なこと、とはなんでしょうか?

 

今回お話しするのは主にコミュニケーションに対することです。

 

友達は多い気がするんだけど…あれ?

なんかイマイチ距離感が縮まらない…

 

そんな経験のある人は必見です。

 

 

 

 

ほんの、ほんの少しのズレ

 

 

 

普段、私たちはあらゆるコミュニケーションツールに

囲まれて生活しています。

 

LINEを始めとした、TwitterやInstagramなどのSNS

紙やペンなどを使ったメモ書きや手紙

 

そして、もちろん、私たちには口や耳がついています。

手や足もあります。

 

ありとあらゆるものを使って私たちはコミュニケーションをとっています。

 

本当に便利ですよね。

 

そのせいですかね、

 

雑になりがちなのかな、とも思ったりします。

 

その雑さ、というのが、

ほんの少しのズレなんだと思います。

 

例えば、

 

LINEなんかは分かりやすかいと思います。

返信する優先順位があったり、あえて溜めておく、なんて人もいますよね。

 

溜めることが悪いってことではありません。

 

文脈によっては早急に返信すべきものもありますよね?

 

 

あるあるなのが、

みんなで遊ぶ約束をする時。

 

「何日にする?」と会話が進んでいる中、

さくさく進む人と、なかなか返信が来ない人、いますよね?

 

これでは一向に話が前に進みません。

 

 

 

 

塵も積もれば山となる

 

 

 

上記のようなことをされたら…

どうですか?

 

もちろん、本人には悪気はないんです。

 

でも…

 

他のみんなにも他の予定があるんです。

この予定が決まらない、ただこれだけで他の人にまで迷惑をかけてしまう可能性は大いにあります。

 

それを考えれば、今、放置するべきではないと分かりますよね?

 

 

かと言って、いちいち怒るほどのものじゃない気もします。

 

割とここが肝に感じます。

 

”怒るほどのものじゃない。けども…”

 

 

これの積み重ねが非常に大きな溝になり得ます。

 

たまに、あれ?ってことはないですか?

 

「あれ、仲良いと思っていたんだけどな…」

「友達多いと思ってたけど…親友となると…」

 

こういった人は日々無意識にやっているコミュニケーションのとり方が

雑すぎたりしてしまっているのではないでしょうか?

 

この溝を取り除くのはものすごく大変なことです。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ほんの些細なこと

少し思いやりに欠ける

 

たったこれだけです。

 

数回程度なら全然支障はもしかしたら出ないかもしれません。

 

 

しかし、これが何ヶ月、何年と続くと大変な溝が出来上がってしまう、

そういう話です。

 

しかし、こういうのは、

 

「これくらいいいだろう、、」

 

そんな軽い気持ちから始まります。

全ての関係を重く受け止めろ、ということでは全然ないです。

 

感謝と思いやりを持って接しよう。

 

ただそれだけなんです。