ながら作業で24時間を48時間に!時間の効率的な使い方

 

 

こんにちは!

Aitemです!

 

 

1日ってすぐに終わるな〜、

えっ、、!もうこんな時間?

今日1日何もしてない!

 

 

と、言う思いをしたことがある人は

多いと思います。

 

 

僕もそうでした。

 

 

やってる感にとらわれて時間だけが

どんどん進んでいく・・・・

 

 

朝活をしようと思っていたのに

気がついたらお昼を過ぎている・・・

 

 

そんな毎日の繰り返しで何も

出来ない日々が続いていました。

 

 

そんな時に上司から教えてもらった

時間を倍にする方法をあなたにも

知ってもらいたいと思いこのブログを書きました。

 

 

このブログを読んで是非1日の時間を

倍にしてみませんか?

 

 

 

時間を倍にする!?

 

 

 

 

時間を倍にするって不可能でしょ?

って思っていませんか?

 

 

その通りです。

物理的には時間は倍に出来ません。

なんやねん!

と言うツッコミはさておき

 

 

どうすれば時間を倍にできるのか?

 

 

それは

 

『ながら作業をする』

 

ことです。

 

 

ながら作業ってご存知ですか?

意外とあなたも毎日やってることだと思います。

 

 

日常的なものだとしたら

・歯磨きをしながらテレビを見る

・洗濯物を畳みながらテレビをみる

・ご飯を食べながらテレビをミル

 

 

こんな当たり前なことも全部ながら作業の

一貫なんです。(ツッコミお待ちしてます。笑)

 

 

ただ、自分の楽しいことだと無意識的に

ながら作業ができる人は多いのですが

仕事や、勉強など

常に『ながら』を意識できる人は

なかなかいないのではないでしょうか。

 

 

では、次に常に『ながら』を意識するためには

どうすべきか、について書いていきたいと思います。

 

 

 

『ながら』をするために必要なこと

 

 

 

 

導線の数を意識する

 

 

少しだけ難しいことを書きます。

ながらを作るためには導線の数を

意識してみて下さい。

 

 

例えばどう言うことなのか?

とても簡単な例をご紹介します。

 

 

家に1人でいる時にゴミを捨てたいな、と

思い、ゴミ箱にゴミを捨てたとします。(導線①)

 

 

その後にゴミ箱の近くにあるテレビのチャンネルを

取りに行きたい、とします。(導線②)

 

 

簡単に言うと、導線①と導線②を別々にしてしまうと

家の中を2往復してしまうことになります。

 

 

ここでゴミを捨てにいくついでに

テレビのチャンネルを取ると

導線が1回で終わります。

 

 

これで今までかかっていた時間を短縮できるため

時間が倍になります。

 

 

これはとても簡単な例ですが

基本はすべてここにあります。

 

 

他にも、洗濯を回しながらその間に

洗い物をしても良し、

 

 

料理を作っている時に煮る時間が必要であれば

その間に食器を洗ってもいい。

 

 

ながらにできるところは意外とたくさんあります。

 

 

電車の時間に英語の単語帳を開いてみるのも

時間の使い方がうまい証拠ですよね!

 

 

 

最初は実行までに時間がかかってもいい

 

 

ここまで『ながら』について書きましたが

どうしても最初は難しいものです。

 

 

なので、最初は時間がかかってもいいので

どうすれば導線を1回にして色んなことができるか?

を考えてみて下さい。

 

 

最初は導線が2回だとしても動いたら速いやん!

と、思う方もいるでしょう。

ただ、このながらを意識しての行動が慣れてくると

自然と2つ、3つのことが出来るようになってきます。

 

 

(※ここで重要なのが時間は2倍になるだけでなく

ながらを意識することで3倍、4倍にも時間を増やす

ことが可能です。)

 

 

これが出来るようになってくると

自然とタスクを処理する時間も早くなり

自分のキャパシティーが上がっていきます。

 

 

出来る人と、出来ない人にそんな大差はない

 

 

よく、巷で言われる、あいつデキるよね、って人。

 

 

どうしてデキるって思われるのかと言うと

このながらを意識して時間を普通の人よりも

2倍、3倍、・・・10倍にし

圧倒的に自分のやりたいことや、仕事に取り組んでいる

だけなのです。

 

 

あなたと、デキる人に元々の能力に差が

あるわけではないのです。

 

 

今日からあなたも

『ながら』

を意識して自分の時間をどんどん増やしてみて下さい。